114件中 51 - 60件表示
  • 高橋幸宏

    高橋幸宏から見た小原礼

    1952年(昭和27年)、東京に生まれる。小学校5年生頃にはすでにドラムを叩いていたという。立教中学時代、同級生の東郷昌和と「ブッダズ・ナルシィーシィー」というバンドを結成。主にパーティー等で活動していた(後に東郷は高橋の兄・信之のプロデュースでフォークグループ「バズ」としてデビューする)。高校在学中からスタジオミュージシャンとして活動を開始。1969年にフォーク・グループ「ガロ」のバックバンドに加わる。しかし、『学生街の喫茶店』のヒット以後の歌謡曲路線に合わず、小原礼とともにガロを脱退。高橋幸宏 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋幸宏

    高橋幸宏から見たピエール・バルー

    桜田淳子、竹内まりや、田原俊彦、高岡早紀、浅香唯、小坂一也、藤真利子、堀ちえみ、ピエール・バルー、高井麻巳子、杉本彩、サンディー&サンセッツ、宮本典子(現mimi)、伊藤つかさ、ザ・ベンチャーズ、冨田ラボ、安田成美など提供作品多数。高橋幸宏 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋幸宏

    高橋幸宏から見た堀江博久

    2008年(平成20年)、新バンドpupaを、原田知世、高野寛、高田漣、権藤知彦、堀江博久と共に結成。同年7月2日にアルバム「floating pupa」リリースした。高橋幸宏 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋幸宏

    高橋幸宏から見た山下久美子

    竹中直人、安田成美、高野寛、山下久美子、中原理恵、シーナ&ザ・ロケッツ、立花ハジメ、ピンク・レディー、門あさ美、SMOOTH ACE、NOKKO、桐島かれん、TOKIO、EBIなど。高橋幸宏 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋幸宏

    高橋幸宏から見た高橋信之 (音楽プロデューサー)

    兄は、元ザ・フィンガーズで音楽プロデューサー高橋信之。姉は、日本のファッション界における広報の第一人者である伊藤美恵。ファッション・ブランド「soe」のデザイナー伊藤壮一郎は伊藤美恵の息子、高橋の甥にあたる。近代文学研究者の高橋世織は、従兄弟。高橋幸宏 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋幸宏

    高橋幸宏から見た立花ハジメ

    竹中直人、安田成美、高野寛、山下久美子、中原理恵、シーナ&ザ・ロケッツ、立花ハジメ、ピンク・レディー、門あさ美、SMOOTH ACE、NOKKO、桐島かれん、TOKIO、EBIなど。高橋幸宏 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋幸宏

    高橋幸宏から見たヒューマン・オーディオ・スポンジ

    2002年(平成14年)からは細野晴臣と共にYMO以来のユニット「スケッチ・ショウ」を結成、活動を開始する。2004年(平成16年)にはスケッチ・ショウ+坂本龍一のユニット「ヒューマン・オーディオ・スポンジ(HAS)」として、エレクトロニカイベント「sonar」に出演。高橋幸宏 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋幸宏

    高橋幸宏から見た門あさ美

    竹中直人、安田成美、高野寛、山下久美子、中原理恵、シーナ&ザ・ロケッツ、立花ハジメ、ピンク・レディー、門あさ美、SMOOTH ACE、NOKKO、桐島かれん、TOKIO、EBIなど。高橋幸宏 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋幸宏

    高橋幸宏から見た釣り

    趣味は釣り。神経症の治療のために始めたものだが、以来すっかり夢中になってしまい、ラジオ番組で中継を行ったことすらある。釣り同好会「東京鶴亀フィッシングクラブ」(旧・東京鶴亀磯釣り会)の会長である。高橋幸宏 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋幸宏

    高橋幸宏から見た作曲家

    シンガーソングライターであると同時に、ドラマー、作詞家、作曲家、編曲家、音楽プロデューサーとして活動している。また、ファッション・デザイナー、文筆家としての顔も持つ。立教中学校(現:立教池袋中学校)・立教高等学校(現:立教新座高等学校)卒業(高校の3年後輩に佐野元春がいる)。武蔵野美術大学中退。ソロ・デビューした1978年(昭和53年)から1980年(昭和55年)前半までは、「高橋ユキヒロ」とカタカナ表記の名前を名乗っていた。高橋幸宏 フレッシュアイペディアより)

114件中 51 - 60件表示

「高橋幸宏」のニューストピックワード