高橋源一郎 ニュース&Wiki etc.

高橋 源一郎(たかはし げんいちろう、1951年1月1日 - )は、日本の小説家、文学者、文芸評論家。明治学院大学教授。出身は広島県尾道市。日本テレビ放送番組審議会委員。 (出典:Wikipedia)

「高橋源一郎」Q&A

  • Q&A

    「恋する原発」/ 高橋源一郎 にでてくる 「ぼくはこの日をずっと待っていたんだ」 の…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2017年2月5日 23:00

  • Q&A

    昨夜の『カルテット』、すずめの父親を作家の高橋源一郎氏が演じていました(驚)。 ドラ…

    [続きを読む]

    回答数:6質問日時 - 2017年2月1日 14:02

  • Q&A

    私は現在、3月に投稿するための小説を書いています。ど素人なので、小説「もどき」ですが…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2017年1月28日 12:27

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「高橋源一郎」のつながり調べ

  • 六本木詩人会

    六本木詩人会から見た高橋源一郎

    高橋源一郎と関係が深いとされる。(六本木詩人会 フレッシュアイペディアより)

  • さようなら、ギャングたち

    さようなら、ギャングたちから見た高橋源一郎

    『さようなら、ギャングたち』は、高橋源一郎の長編小説。1981年に第4回群像新人長編小説賞を受賞、同年『群像』12月号に掲載。1982年に講談社より刊行された。著者のデビュー作。人々が名前を失った世界を舞台にした語り手の物語を、古典文学から現代の大衆文化まで様々な引用を散りばめながら断章形式で描いた作品であり、吉本隆明などによりポップ文学の傑作として評価された。高橋はこの作品と『虹の彼方に』『ジョン・レノン対火星人』の三作で自分の個人的な1960年代を書きたかったとしている。(さようなら、ギャングたち フレッシュアイペディアより)

「高橋源一郎」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「高橋源一郎」のニューストピックワード