前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
167件中 1 - 10件表示
  • 佐藤友哉

    佐藤友哉から見た高橋源一郎高橋源一郎

    純文学・大衆文学を問わない様々な小説、ロック音楽や漫画・アニメ・ゲームといったサブカルチャーなどさまざまな意匠を戯画・パロディ的に用いる。また、先行作品を参考・下敷きにしてオマージュ的に作品を執筆することが多く、『鏡家サーガ』はJ・D・サリンジャーの『グラース・サーガ』へのオマージュ、『1000の小説とバックベアード』は高橋源一郎の『日本文学盛衰史』へのオマージュとして執筆された。佐藤友哉 フレッシュアイペディアより)

  • 1988年の文学

    1988年の文学から見た高橋源一郎高橋源一郎

    5月20日 - 第1回山本周五郎賞の決定発表。山田太一が受賞。また、第1回三島由紀夫賞も発表される。高橋源一郎が受賞。1988年の文学 フレッシュアイペディアより)

  • 穂村弘

    穂村弘から見た高橋源一郎高橋源一郎

    1987年、上智大学文学部英文学科を卒業。卒業論文はヘミングウェイ。システムエンジニアとして就職し、その後総務課へ移る。荻原裕幸が企画・運営したシンポジウムに参加、同世代の歌人たちと知り合う。1988年、歌誌「かばん」に入会。1990年、第1歌集『シンジケート』を刊行。石田比呂志に「同じ人間の作ったものがわからんはずがないと心を奮いたたせるのだが、力めば力むほどチンプンカンプンで歯が立たぬ」、高橋源一郎に「俵万智が三百万部売れたのなら、この歌集は三億冊売れてもおかしくないのに」と評された。1992年、第2歌集『ドライ ドライ アイス』を刊行。「夏休みの自由研究みたいな感じ」を目指した作品であった。穂村弘 フレッシュアイペディアより)

  • ジェイ・マキナニー

    ジェイ・マキナニーから見た高橋源一郎高橋源一郎

    日本では、『ブライト・ライツ、ビッグ・シティ』が高橋源一郎の翻訳で出版されベストセラーとなった。ジェイ・マキナニー フレッシュアイペディアより)

  • 藤城真木子

    藤城真木子から見た高橋源一郎高橋源一郎

    2007年 - 当時開設していた自身のホームページ(下記外部リンク参照)で、3月に結婚することと、その関係もあり同年の小倉冬開催を最後に『DREAM競馬』を降板することを明らかにした。2月11日の放送を最後に、相方の高橋源一郎ともども降板した。藤城真木子 フレッシュアイペディアより)

  • 朴裕河

    朴裕河から見た高橋源一郎高橋源一郎

    高橋源一郎は「朴が試みたのは、真実を単純化させないために、、両者の意見に徹底的に耳をかたむけること」であり、「被害と加害は単純に分類でき」ず、「時に、被害者は加害者でもあった」点を指摘しているとしている。朴裕河 フレッシュアイペディアより)

  • 萩原朔太郎賞

    萩原朔太郎賞から見た高橋源一郎高橋源一郎

    第13回から第14回 - 入沢康夫、清水哲男、白石かずこ、高橋源一郎、司修萩原朔太郎賞 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤典洋

    加藤典洋から見た高橋源一郎高橋源一郎

    小説家の高橋源一郎や文芸評論家の神山睦美と親交が深い。加藤典洋 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の近現代文学史

    日本の近現代文学史から見た高橋源一郎高橋源一郎

    1983年、『優しいサヨクのための嬉遊曲』で島田雅彦がデビューし、新しい世代の旗手として注目された。翌年、『光抱く友よ』で高樹のぶ子が芥川賞を受賞し、以後恋愛小説の佳作を多く発表した。デビュー作『ベッドタイムアイズ』(1985年)などで芥川賞にノミネートされた山田詠美は、『ソウル・ミュージック・ラバーズ・オンリー』(1987年)で直木賞を受賞した。1987年、『キッチン』で評論家吉本隆明の次女、吉本ばなながデビューして“ばなな現象”を起こした。『うたかた/サンクチュアリ』(1988年)、『TUGUMI』(1989年)等により孤独で現代的な登場人物をみずみずしい感性で描いた。1988年、芥川賞に対抗する賞として三島由紀夫賞が設けられ、第1回受賞作に日本のポストモダン文学を代表する高橋源一郎の『優雅で感傷的な日本野球』が選ばれた。日本の近現代文学史 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の文学

    2010年の文学から見た高橋源一郎高橋源一郎

    高橋源一郎 『「悪」と戦う』(河出書房新社)2010年の文学 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
167件中 1 - 10件表示

「高橋源一郎」のニューストピックワード