167件中 91 - 100件表示
  • ノベル大賞

    ノベル大賞から見た高橋源一郎高橋源一郎

    1991?1993年度 岩館真理子、菊地秀行、高橋源一郎、氷室冴子ノベル大賞 フレッシュアイペディアより)

  • 大日本地名辞書

    大日本地名辞書から見た高橋源一郎高橋源一郎

    高橋源一郎『故文学博士吉田東伍先生略伝』1919年大日本地名辞書 フレッシュアイペディアより)

  • 銀河鉄道の夜

    銀河鉄道の夜から見た高橋源一郎高橋源一郎

    銀河鉄道の彼方に(高橋源一郎の小説)銀河鉄道の夜 フレッシュアイペディアより)

  • ラドヤード・キップリング

    ラドヤード・キップリングから見た高橋源一郎高橋源一郎

    『アルマジロがアルマジロになったわけ』高橋源一郎訳、講談社、1998年ラドヤード・キップリング フレッシュアイペディアより)

  • 大原まり子

    大原まり子から見た高橋源一郎高橋源一郎

    デビュー以降、旺盛な執筆で女流のみならず日本のSF全体を牽引した。処女単行本は本格SFの背景を持った連作短編集であり、中島梓に賞賛された。その後同一の世界観を元にした作品がいくつか書かれた。本格SFの各シリーズを中心に、ジュブナイルや恋愛小説的な作品、ゲームやラジオドラマの原作、書評など幅広く活動。岡崎京子の漫画原作も担当した。英訳による日本文学のアンソロジー『Monkey Brain Sushi』には村上春樹、橋本治、高橋源一郎らの作品とともに短編『Girl(原題: 少女)』が収録された。代表作に『ハイブリッド・チャイルド』『戦争を演じた神々たち』などがある。大原まり子 フレッシュアイペディアより)

  • サンケイスポーツ

    サンケイスポーツから見た高橋源一郎高橋源一郎

    高橋源一郎 - 作家。1988年より競馬面で予想コラム「こんなにはずれちゃダメかしら」を連載(2016年現在も継続中)。サンケイスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 作家の値うち

    作家の値うちから見た高橋源一郎高橋源一郎

    小説に点数をつけるという前代未聞の手法から評価が分かれ、安原顯や浅田彰からは批判を受ける一方で、『文学賞メッタ斬り!シリーズ』では、大森望と豊崎由美が、その年度の代表的な文学賞受賞作を評価している。本作では村上春樹、矢作俊彦、小島信夫、石原慎太郎を高く評価する一方で、大江健三郎、渡辺淳一、日野啓三、五木寛之などの大家も厳しい言葉で批評している。また同じ作家の作品でも高橋源一郎は『さようなら、ギャングたち』を91点と非常に高く評価する一方で、『ゴーストバスターズ 冒険小説』を「恥知らず」の一言で斬り捨てている。作家の値うち フレッシュアイペディアより)

  • 安野光雅

    安野光雅から見た高橋源一郎高橋源一郎

    『サヨナラだけが人生だ』 高橋源一郎、高山文彦共著、恒文社21、2002年安野光雅 フレッシュアイペディアより)

  • 河出書房新社

    河出書房新社から見た高橋源一郎高橋源一郎

    2011年(平成23年)、社長が若森繁男から小野寺優に交代する。主なベストセラーに紫月香帆『やってはいけない風水』、中村文則『掏摸』、赤坂真理『東京プリズン』、伊藤計劃×円城塔『屍者の帝国』(第33回SF大賞特別賞受賞)、いとうせいこう『想像ラジオ』(第35回野間文芸新人賞受賞作)、木皿泉『昨夜のカレー、明日のパン』(後にドラマ化)、佐々木中『切りとれ、あの祈る手を』(紀伊國屋じんぶん大賞2010)、千葉雅也『動きすぎてはいけない』(紀伊國屋じんぶん大賞2013)、高橋源一郎・SEALDs『民主主義ってなんだ?』。河出書房新社 フレッシュアイペディアより)

  • 家族ゲーム

    家族ゲームから見た高橋源一郎高橋源一郎

    「家族ゲーム」(1984年3月、集英社文庫) → のち2013年に新装版文庫(解説・高橋源一郎家族ゲーム フレッシュアイペディアより)

167件中 91 - 100件表示

「高橋源一郎」のニューストピックワード