113件中 91 - 100件表示
  • ギャル文字

    ギャル文字から見た高橋源一郎高橋源一郎

    松永真理・藤井青銅・高橋源一郎・稲増龍夫「変体少女文字から携帯ギャル文字へ」『書きたい、書けない、「書く」の壁』 ゆまに書房、2005年。ISBN 978-4843318867。ギャル文字 フレッシュアイペディアより)

  • すばる文学賞

    すばる文学賞から見た高橋源一郎高橋源一郎

    第13回から第15回 - 青野聰、井上ひさし、高橋源一郎、日野啓三、水上勉すばる文学賞 フレッシュアイペディアより)

  • 笙野頼子

    笙野頼子から見た高橋源一郎高橋源一郎

    初期の作品は緊密な文体で鬱屈した観念・心理表現と澄明な幻想描写の融和を試行した難解なものが多く、発表できても反応はほとんどなかったが、1990年代に賞を立て続けに獲得したことで一気に評価が高まった。デビュー自体は村上春樹や高橋源一郎などのポップ文学の書き手と近い時期であるが、あまりに対蹠的な作風とその転換・再評価の時期に鑑みて、阿部和重らのように理論性と娯楽性を併せ持った、いわゆるJ文学作家の一人と言われることもある(本人はエッセイにおいてこのカテゴライズに疑念を表明している)。笙野頼子 フレッシュアイペディアより)

  • 谷崎潤一郎賞

    谷崎潤一郎賞から見た高橋源一郎高橋源一郎

    第48回(2012年) - 高橋源一郎『さよならクリストファー・ロビン』谷崎潤一郎賞 フレッシュアイペディアより)

  • 川村湊

    川村湊から見た高橋源一郎高橋源一郎

    (成田龍一・上野千鶴子・奥泉光・イ・ヨンスク・井上ひさし・高橋源一郎)『戦争はどのように語られてきたか』(朝日新聞社, 1999年)川村湊 フレッシュアイペディアより)

  • 安野光雅

    安野光雅から見た高橋源一郎高橋源一郎

    『サヨナラだけが人生だ』 高橋源一郎、高山文彦共著、恒文社21、2002年安野光雅 フレッシュアイペディアより)

  • ゾフィー (ウルトラシリーズ)

    ゾフィー (ウルトラシリーズ)から見た高橋源一郎高橋源一郎

    高橋源一郎のパロディ小説『ペンギン村に日は落ちて』では、女性として登場している。ゾフィー (ウルトラシリーズ) フレッシュアイペディアより)

  • 大塚英志

    大塚英志から見た高橋源一郎高橋源一郎

    『文学なんかこわくない』(高橋源一郎、朝日文庫、2001年6月1日、ISBN 978-4022642707、副題:タカハシさんにおける義務と責任について)大塚英志 フレッシュアイペディアより)

  • 怪盗セイント・テール

    怪盗セイント・テールから見た高橋源一郎高橋源一郎

    芽美の父親で、今をときめく一流マジシャン。マジックのみできちんと生計を立て、家も建てている。修行時代に映美と出会い、結婚して芽美が産まれた。とても温厚で優しく、妻子を溺愛する。ちなみに、マジックのタネや仕掛けの一部をセイント・テールが「仕事」に流用している場合がある。誕生日は3月1日。血液型はA型。名前の由来は高橋源一郎からきている(コミックスより、立川談)。怪盗セイント・テール フレッシュアイペディアより)

  • 上野千鶴子

    上野千鶴子から見た高橋源一郎高橋源一郎

    (川村湊・成田龍一・奥泉光・イ・ヨンスク・井上ひさし・高橋源一郎)『戦争はどのように語られてきたか』(朝日新聞社、1999年)上野千鶴子 フレッシュアイペディアより)

113件中 91 - 100件表示

「高橋源一郎」のニューストピックワード