113件中 11 - 20件表示
  • 日本の近現代文学史

    日本の近現代文学史から見た高橋源一郎高橋源一郎

    1983年、『優しいサヨクのための嬉遊曲』で島田雅彦がデビューし、新しい世代の旗手として注目された。翌年、『光抱く友よ』で高樹のぶ子が芥川賞を受賞し、以後恋愛小説の佳作を多く発表した。デビュー作『ベッドタイムアイズ』(1985年)などで芥川賞にノミネートされた山田詠美は、『ソウル・ミュージック・ラバーズ・オンリー』(1987年)で直木賞を受賞した。1987年、『キッチン』で評論家吉本隆明の次女、吉本ばなながデビューして“ばなな現象”を起こした。『うたかた/サンクチュアリ』(1987年)、『TUGUMI』(1989年)等により孤独で現代的な登場人物をみずみずしい感性で描いた。1988年、芥川賞に対抗する賞として三島由紀夫賞が設けられ、第1回受賞作に日本のポストモダン文学を代表する高橋源一郎の『優雅で感傷的な日本野球』が選ばれた。日本の近現代文学史 フレッシュアイペディアより)

  • 梁潤玉

    梁潤玉から見た高橋源一郎高橋源一郎

    高橋源一郎 『一億三千万人のための小説教室』 2008年3月15日梁潤玉 フレッシュアイペディアより)

  • 作家の値うち

    作家の値うちから見た高橋源一郎高橋源一郎

    小説に点数をつけるという前代未聞の手法から評価が分かれ、安原顯や浅田彰からは批判を受ける一方で、『文学賞メッタ斬り!シリーズ』では、大森望と豊崎由美がこの手法を取り入れ、その年度の代表的な文学賞受賞作を評価している。本作では村上春樹、矢作俊彦、小島信夫、石原慎太郎を高く評価する一方で、大江健三郎、渡辺淳一、日野啓三などの大家も厳しい言葉で批判している。また同じ作家の作品でも高橋源一郎は『さようなら、ギャングたち』を91点と非常に高く評価する一方で、『ゴーストバスターズ 冒険小説』を「恥知らず」の一言で斬り捨てている。作家の値うち フレッシュアイペディアより)

  • 若者たちの神々

    若者たちの神々から見た高橋源一郎高橋源一郎

    高橋源一郎【作家】1951年広島県生まれ。若者たちの神々 フレッシュアイペディアより)

  • 日本文学盛衰史

    日本文学盛衰史から見た高橋源一郎高橋源一郎

    『日本文学盛衰史』(にほんぶんがくせいすいし)は高橋源一郎の長編小説。『群像』に1997年から2001年にかけて連載され、同年5月に講談社から刊行された(598ページ、ISBN 4062105853)。2004年6月、講談社文庫として文庫化(660ページ、ISBN 4062747812)。日本文学盛衰史 フレッシュアイペディアより)

  • 華倫変

    華倫変から見た高橋源一郎高橋源一郎

    短編作品『張り込み』は、2001年に篠原哲雄によって映画化された。『高速回線は光うさぎの夢を見るか?』や『デッド・トリック!』は、小説家の高橋源一郎が帯で賞賛している。華倫変 フレッシュアイペディアより)

  • さようなら、ギャングたち

    さようなら、ギャングたちから見た高橋源一郎高橋源一郎

    『さようなら、ギャングたち』は、高橋源一郎の長編小説。1981年に第4回群像新人長編小説賞を受賞、同年『群像』12月号に掲載。1982年に講談社より刊行された。著者のデビュー作。人々が名前を失った世界を舞台にした語り手の物語を、古典文学から現代の大衆文化まで様々な引用を散りばめながら断章形式で描いた作品であり、吉本隆明などによりポップ文学の傑作として評価された。高橋はこの作品と『虹の彼方に』『ジョン・レノン対火星人』の三作で自分の個人的な1960年代を書きたかったとしている。さようなら、ギャングたち フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・エメリック

    マイケル・エメリックから見た高橋源一郎高橋源一郎

    アメリカ合衆国ニューヨーク州生まれ。プリンストン大学卒業後、立命館大学大学院文学研究科を修了、2007年コロンビア大学でPh.D.(東アジア言語と文化)を取得。よしもとばなな、川端康成、高橋源一郎ら日本の近現代文学の英語翻訳を多数手がける。2004年から、ザ・デイリー読売誌で連載されたよしもとばなな原作「海のふた」の翻訳を担当した。川上弘美「真鶴」の翻訳で2010年度日米友好基金文学翻訳賞受賞。マイケル・エメリック フレッシュアイペディアより)

  • すばらしい日本の戦争

    すばらしい日本の戦争から見た高橋源一郎高橋源一郎

    「すばらしい日本の戦争」(すばらしいにほんのせんそう)は、小説家・高橋源一郎が1980年の第24回群像新人文学賞に処女作として応募し、落選した作品である。すばらしい日本の戦争 フレッシュアイペディアより)

  • 牧村僚

    牧村僚から見た高橋源一郎高橋源一郎

    牧村僚(まきむら りょう、1956年- )は、官能小説作家。東京都生まれ、筑波大学卒業。芸能プロダクション勤務などを経てライターとなり、1991年フランス書院文庫より書き下ろしを刊行し官能小説家となる。当初は少年を主人公とした近親相姦ものを数多く手がけた。2000年から、竹書房文庫、双葉文庫、徳間文庫などにも執筆。「ふともも作家」の異名をとる。作家・高橋源一郎から高く評価されている。牧村僚 フレッシュアイペディアより)

113件中 11 - 20件表示

「高橋源一郎」のニューストピックワード