167件中 21 - 30件表示
  • おごってジャンケン隊

    おごってジャンケン隊から見た高橋源一郎高橋源一郎

    この作品のメインは、毎回最後にその日の飲食代をかけて現代・八巻らとゲスト及びその関係者がジャンケンを行い、最後まで負け残った一人がその飲食代を全て自腹で支払わなければならないという点。しかもその飲食代について領収書をもらうことは許されていないため(店側が気を遣って領収書を出してくれる場合もあるが、必ず八巻が燃やしてしまう)、経費として処理することもままならない。そのため作品には「領収書不可の自腹お食事コミック」というサブタイトルがついている。この「負けたら全て自腹」というスタイルは「ぐるぐるナインティナイン」(日本テレビ)の企画「グルメチキンレース・ゴチになります!」を初めとして、テレビ番組等で多くのフォロワーを生んだ(ただし「ゴチになります!」では敗者に領収書が渡されており経費としての処理が可能なため、過酷さでは当作品の方が上である)。連載史上最高額の自腹を支払ったのは第29回の高橋源一郎で、109,430円である。おごってジャンケン隊 フレッシュアイペディアより)

  • 老人力

    老人力から見た高橋源一郎高橋源一郎

    高橋源一郎は、自分も「『老人』の持つおそるべきパワーについてはそうとう以前から気づいていた。だが、その中心となる『老人』の本質を、『老人力』として取り出すとまでは考えなかった」と述べ、「思想上のコロンブスの卵ではないか」と評した。老人力 フレッシュアイペディアより)

  • 日本文学盛衰史

    日本文学盛衰史から見た高橋源一郎高橋源一郎

    『日本文学盛衰史』(にほんぶんがくせいすいし)は高橋源一郎の長編小説。『群像』に1997年から2001年にかけて連載され、同年5月に講談社から刊行された(598ページ、ISBN 4062105853)。2004年6月、講談社文庫として文庫化(660ページ、ISBN 4062747812)。日本文学盛衰史 フレッシュアイペディアより)

  • 大塚砂織

    大塚砂織から見た高橋源一郎高橋源一郎

    柴田さんと高橋さんの「小説の読み方、書き方、訳し方」(柴田元幸、高橋源一郎、2009年3月)大塚砂織 フレッシュアイペディアより)

  • 柴田さんと高橋さんの「小説の読み方、書き方、訳し方」

    柴田さんと高橋さんの「小説の読み方、書き方、訳し方」から見た高橋源一郎高橋源一郎

    『柴田さんと高橋さんの「小説の読み方、書き方、訳し方」』(しばたさんとたかはしさんのしょうせつのよみかた、かきかた、やくしかた)は、柴田元幸と高橋源一郎の対談形式による小説入門書。柴田さんと高橋さんの「小説の読み方、書き方、訳し方」 フレッシュアイペディアより)

  • 牧村僚

    牧村僚から見た高橋源一郎高橋源一郎

    牧村僚(まきむら りょう、1956年- )は、官能小説作家。東京都生まれ、筑波大学第一学群自然学類卒業。フォークミュージシャンを目指していたが叶わず、芸能プロダクション勤務などを経て音楽ライターとなる。1991年フランス書院文庫より書き下ろしを刊行し官能小説家に転向。当初は少年を主人公とした近親相姦ものを数多く手がけた。2000年から、竹書房文庫、双葉文庫、徳間文庫などにも執筆。「ふともも作家」の異名をとる。作家・高橋源一郎から高く評価されている。日本推理作家協会会員。牧村僚 フレッシュアイペディアより)

  • 竹信悦夫

    竹信悦夫から見た高橋源一郎高橋源一郎

    兵庫県生まれ。小学生時代から神童と呼ばれ、灘中時代に卓抜な「小林秀雄論」を書き、ブレイク前の吉本隆明が発行していた雑誌『試行』も購読していた。竹信の教えに同級生の作家でもある高橋源一郎は大きな影響を受けたという。灘高から東大に進み、文学部西洋史学科在学中、「現代詩手帖」新人作品欄に入選、寺山修司に絶賛された。また、友人の内田樹をレヴィナス研究に導いた。大学院入試に失敗して朝日新聞社に入り、東京本社社会部から外報部、シンガポール支局長、翻訳センター編集長などを経て編集局速報センター次長。2004年9月1日、休暇で家族とともに滞在していたマレーシア・ランカウィ島で遊泳中に心臓麻痺を起こし、死去した。竹信悦夫 フレッシュアイペディアより)

  • すばらしい日本の戦争

    すばらしい日本の戦争から見た高橋源一郎高橋源一郎

    『すばらしい日本の戦争』(すばらしいにほんのせんそう)は、高橋源一郎の小説。第24回群像新人文学賞(1981年4月発表)の最終候補作3編のうちの1作に選ばれるも落選した。すばらしい日本の戦争 フレッシュアイペディアより)

  • ミヤザワケンジ・グレーテストヒッツ

    ミヤザワケンジ・グレーテストヒッツから見た高橋源一郎高橋源一郎

    『ミヤザワケンジ・グレーテストヒッツ』は、高橋源一郎の連作小説。童話作家 宮沢賢治の24の作品(うち2編は詩、1編は戯曲)を原題のまま用い、それらに多かれ少なかれちなんだ全く新しいストーリーを集めたものである。ミヤザワケンジ・グレーテストヒッツ フレッシュアイペディアより)

  • 向井豊昭

    向井豊昭から見た高橋源一郎高橋源一郎

    批評意識の強い作風。デビュー作の「BARABARA」は蓮實重彦、絓秀実、小森陽一、高橋源一郎、荒川洋治らに評価され、当時の『早稲田文学』掲載作品では異例なことに、新聞の文芸時評の対象となった。向井豊昭 フレッシュアイペディアより)

167件中 21 - 30件表示

「高橋源一郎」のニューストピックワード