167件中 31 - 40件表示
  • ポストモダン文学

    ポストモダン文学から見た高橋源一郎高橋源一郎

    1981年には、高橋源一郎が現代詩のコンテクストを持つ『さようなら、ギャングたち』でデビュー、群像新人長編小説賞優秀賞を受賞。1983年にはロシア文学に造詣の深い島田雅彦が『優しいサヨクのための嬉遊曲』でデビューし、芥川賞候補になるが落選。この2人は長く日本の純文学を牽引していった。1984年には歌舞伎に造詣の深い小林恭二が『電話男』でデビューし、海燕新人文学賞を受賞した。1994年には笙野頼子が『タイムスリップ・コンビナート』で芥川賞を受賞し、以後フェミニズムを主題に日本のポストモダン文学の一翼を担った。ポストモダン文学 フレッシュアイペディアより)

  • 大畑勇貴

    大畑勇貴から見た高橋源一郎高橋源一郎

    好きな作家は石田衣良、高橋源一郎、村上春樹、筒井康隆、太宰治、綿矢りさ、リチャード・ブローティガン、ドストエフスキー。大畑勇貴 フレッシュアイペディアより)

  • パルプ (小説)

    パルプ (小説)から見た高橋源一郎高橋源一郎

    高橋源一郎は作品そのものを高く評価するとともに、柴田の邦訳に関してこうコメントしている。「僕は、柴田さんの、チャールズ・ブコウスキーの『パルプ』の翻訳は、日本翻訳史上の最高傑作と思います。あの作品の、柴田訳のブコウスキーは僕の文章の理想像です」パルプ (小説) フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・レノン対火星人

    ジョン・レノン対火星人から見た高橋源一郎高橋源一郎

    『ジョン・レノン対火星人』(ジョン・レノンたいかせいじん)は、高橋源一郎の小説。ジョン・レノン対火星人 フレッシュアイペディアより)

  • 赤坂真理

    赤坂真理から見た高橋源一郎高橋源一郎

    『日本の反知性主義』(2015年、内田樹・高橋源一郎ほか共著、晶文社)赤坂真理 フレッシュアイペディアより)

  • 梁潤玉

    梁潤玉から見た高橋源一郎高橋源一郎

    高橋源一郎 『一億三千万人のための小説教室』 2008年3月15日梁潤玉 フレッシュアイペディアより)

  • 六本木詩人会

    六本木詩人会から見た高橋源一郎高橋源一郎

    高橋源一郎と関係が深いとされる。六本木詩人会 フレッシュアイペディアより)

  • 根本康広

    根本康広から見た高橋源一郎高橋源一郎

    騎手としては、ときに人気薄の馬を上位に導いてくる、俗にいう「穴騎手」であった。作家・競馬評論家高橋源一郎と直子夫妻(当時)の周辺では「根本を軽んずる者は根本に泣く」「根本を重んずる者は根本に泣く」という格言が作られたという。根本康広 フレッシュアイペディアより)

  • 優雅で感傷的な日本野球

    優雅で感傷的な日本野球から見た高橋源一郎高橋源一郎

    『優雅で感傷的な日本野球』(ゆうがでかんしょうてきなにほんやきゅう)は、高橋源一郎が著した長編小説。雑誌『文藝』に連載された後、「新しい構想のもと」大きく書き改められて1988年に出版された。同年に第1回三島由紀夫賞を受賞している。断片的な7つの章で構成されており、野球における言語論的転回がパロディやパスティーシュを駆使して軽やかに描かれている。優雅で感傷的な日本野球 フレッシュアイペディアより)

  • 大聖堂 (短編集)

    大聖堂 (短編集)から見た高橋源一郎高橋源一郎

    翻訳は村上春樹。テス・ギャラガーの「夢の残骸―日本版レイモンド・カーヴァー全集のための序文」と、ジェイ・マキナニーの「レイモンド・カーヴァー、その静かな、小さな声」の二つの文章が収録されている。また付録には高橋源一郎と宮本美智子がエッセイを寄せている。大聖堂 (短編集) フレッシュアイペディアより)

167件中 31 - 40件表示

「高橋源一郎」のニューストピックワード