113件中 31 - 40件表示
  • 朝日新人文学賞

    朝日新人文学賞から見た高橋源一郎高橋源一郎

    第12回から第15回 奥泉光、高樹のぶ子、高橋源一郎、三浦雅士、山田太一朝日新人文学賞 フレッシュアイペディアより)

  • 優雅で感傷的な日本野球

    優雅で感傷的な日本野球から見た高橋源一郎高橋源一郎

    『優雅で感傷的な日本野球』(ゆうがでかんしょうてきなにほんやきゅう)は、高橋源一郎が著した長編小説。雑誌『文藝』に連載され、「新しい構想のもと」大きく書き改められて1988年に出版された。同年に第1回三島由紀夫賞を受賞している。断片的な7つの章で構成されており、野球における言語論的転回がパロディやパスティーシュを駆使して軽やかに描かれている。タイトルはフィリップ・ロスの『素晴らしいアメリカ野球』に由来する。優雅で感傷的な日本野球 フレッシュアイペディアより)

  • 金井美恵子

    金井美恵子から見た高橋源一郎高橋源一郎

    教養主義!(フリースタイル/2003年)※「児童書・絵本」のセクションを執筆。他に映画(山田宏一)、まんが(村上知彦)、文学(中条省平)、エンタテインメント小説(石上三登志)、児童書・絵本(金井)、音楽(萩原健太)、詩歌(高橋源一郎)、写真(飯沢耕太郎)、グラフィック・デザイン(和田誠)、ノンフィクション(井家上隆幸)、思想(鷲田清一)、洋書(片岡義男)。金井美恵子 フレッシュアイペディアより)

  • 山田宏一

    山田宏一から見た高橋源一郎高橋源一郎

    他の執筆者は、村上知彦・中条省平・石上三登志・金井美恵子・萩原健太・高橋源一郎・飯沢耕太郎・和田誠・井家上隆幸・鷲田清一・片岡義男山田宏一 フレッシュアイペディアより)

  • 竹信悦夫

    竹信悦夫から見た高橋源一郎高橋源一郎

    兵庫県生まれ。小学生時代から神童と呼ばれ、灘中時代に卓抜な「小林秀雄論」を書き、ブレイク前の吉本隆明が発行していた雑誌『試行』も講読していた。竹信の教えに同級生の作家でもある高橋源一郎は大きな影響を受けたという。灘高から東大に進み、文学部西洋史学科在学中、「現代詩手帖」新人作品欄に入選、寺山修司に絶賛された。また、友人の内田樹をレヴィナス研究に導いた。大学院入試に失敗して朝日新聞社に入り、東京本社社会部から外報部、シンガポール支局長、翻訳センター編集長などを経て編集局速報センター次長。2004年9月1日、休暇で家族とともに滞在していたマレーシア・ランカウィ島で遊泳中、心臓麻痺を起こし死亡。竹信悦夫 フレッシュアイペディアより)

  • 根本康広

    根本康広から見た高橋源一郎高橋源一郎

    いわゆる穴騎手であり、作家・競馬評論家高橋源一郎と直子夫妻(当時)の周辺で「根本を軽んずる者は根本に泣く」「根本を重んずる者は根本に泣く」という格言が作られたという。根本康広 フレッシュアイペディアより)

  • 再会の街/ブライトライツ・ビッグシティ

    再会の街/ブライトライツ・ビッグシティから見た高橋源一郎高橋源一郎

    製作の過程には、原作者であるジェイ・マキナニーも加わっており、脚本の執筆を担当している。日本では映画公開前に新潮社から高橋源一郎訳で原作小説が出版されており、こちらの日本語表記は「ブライト・ライツ、ビッグ・シティ」だが、映画での日本語表記は「ブライトライツ・ビッグシティ」である。再会の街/ブライトライツ・ビッグシティ フレッシュアイペディアより)

  • うわさのベーコン

    うわさのベーコンから見た高橋源一郎高橋源一郎

    うわさのベーコンは猫田道子の短編小説。1999年にクイック・ジャパン誌に掲載され、誤字、脱字の多さや敬語表現の間違いをはじめとする「パースペクティヴの狂った語り」が話題となった。小説家の高橋源一郎が自身の文学論において繰り返し言及しただけでなく、「九〇年代で一番感心した小説」と評したことで知られる。うわさのベーコン フレッシュアイペディアより)

  • 柴田元幸

    柴田元幸から見た高橋源一郎高橋源一郎

    柴田さんと高橋さんの小説の読み方、書き方、訳し方、高橋源一郎、河出書房新社、2009柴田元幸 フレッシュアイペディアより)

  • 藤本和子

    藤本和子から見た高橋源一郎高橋源一郎

    リチャード・ブローティガンの著作のほとんどを翻訳し、時として原文以上とも評されたその清新な訳文は、日本における翻訳文学の系譜の上で重要なものである。村上春樹、小川洋子、高橋源一郎、柴田元幸、岸本佐知子といった数多くの作家・翻訳家に影響を与えた。藤本和子 フレッシュアイペディアより)

113件中 31 - 40件表示

「高橋源一郎」のニューストピックワード