167件中 41 - 50件表示
  • 若者たちの神々

    若者たちの神々から見た高橋源一郎高橋源一郎

    高橋源一郎【作家】1951年広島県生まれ。若者たちの神々 フレッシュアイペディアより)

  • 文藝

    文藝から見た高橋源一郎高橋源一郎

    星野智幸 - 2006年春季号/高橋源一郎 - 2006年夏季号/いしいしんじ - 2006年秋季号/伊藤たかみ - 2006年冬季号文藝 フレッシュアイペディアより)

  • 谷川直子

    谷川直子から見た高橋源一郎高橋源一郎

    1985年に作家高橋源一郎と結婚し、90年代に高橋直子名義で『競馬の国のアリス』などの主として競馬やファッションに関するエッセーを発表。1999年に離婚、「夫に離婚を言い渡されたタカハシさんの奥さん」を主人公とする小説『アイ・ラヴ・エース!』を発表する。谷川直子 フレッシュアイペディアより)

  • 朝日新人文学賞

    朝日新人文学賞から見た高橋源一郎高橋源一郎

    第12回から第15回 奥泉光、高樹のぶ子、高橋源一郎、三浦雅士、山田太一朝日新人文学賞 フレッシュアイペディアより)

  • 今村友紀

    今村友紀から見た高橋源一郎高橋源一郎

    今村は文藝賞の受賞の言葉で、「文学の歴史は、人類の歴史に等しい。人間が生まれ、育ち、老いて、死ぬ、その営みを、我々自身につなぎとめておくために、我々は文学を必要とする。文学は、ただ、我々と共にここにある。/だから私は言葉を紡ぐ。他にどんな理由が必要だろう?」と語り、贈呈式では「選ばれた責任」を果たすべく「ポストモダンの「先」」を描くことを表明している。その一方で、選考委員を務めた高橋源一郎との対談では、小説家になろうと医学部から文学部への転部を決意するまで、ほとんど文学作品に触れてきていないことを告白しているが、最近になって三島由紀夫を読み始めることを宣言した。今村友紀 フレッシュアイペディアより)

  • 野間文芸賞

    野間文芸賞から見た高橋源一郎高橋源一郎

    第59回から第60回 - 秋山、川村、坂上、高樹のぶ子(第59回欠席)、高橋源一郎、津島、三浦(第59回欠席)野間文芸賞 フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤整文学賞

    伊藤整文学賞から見た高橋源一郎高橋源一郎

    小説:高橋源一郎『日本文学盛衰史』伊藤整文学賞 フレッシュアイペディアより)

  • 廣井良典

    廣井良典から見た高橋源一郎高橋源一郎

    『知の現在と未来 岩波書店創業百年記念シンポジウム』管啓次郎,高橋源一郎,長谷川一,柄谷行人,金子勝,國分功一郎,堤未果,丸川哲史共著 岩波書店 2014廣井良典 フレッシュアイペディアより)

  • さようなら、ギャングたち

    さようなら、ギャングたちから見た高橋源一郎高橋源一郎

    『さようなら、ギャングたち』は、高橋源一郎の長編小説。1981年に第4回群像新人長編小説賞の優秀作に選ばれた。同年『群像』12月号に掲載され、翌1982年10月に講談社より刊行された。著者のデビュー作である。さようなら、ギャングたち フレッシュアイペディアより)

  • 再会の街/ブライトライツ・ビッグシティ

    再会の街/ブライトライツ・ビッグシティから見た高橋源一郎高橋源一郎

    製作の過程には、原作者であるジェイ・マキナニーも加わっており、脚本の執筆を担当している。原作は、主人公が「きみ」と呼称される2人称小説だが、本作では主人公は「ジェイミー・コンウェイ」という名前となっている。日本では映画公開前に新潮社から高橋源一郎訳で原作小説が出版されており、こちらの日本語表記は「ブライト・ライツ、ビッグ・シティ」だが、映画での日本語表記は「ブライトライツ・ビッグシティ」である。再会の街/ブライトライツ・ビッグシティ フレッシュアイペディアより)

167件中 41 - 50件表示

「高橋源一郎」のニューストピックワード