113件中 41 - 50件表示
  • 平田俊子

    平田俊子から見た高橋源一郎高橋源一郎

    『日本語を生きる(21世紀文学の創造 別巻)』谷川俊太郎,高橋源一郎共著 岩波書店 2003平田俊子 フレッシュアイペディアより)

  • つぐみ (映画)

    つぐみ (映画)から見た高橋源一郎高橋源一郎

    高橋源一郎 - ケーキ屋店長つぐみ (映画) フレッシュアイペディアより)

  • ザ・ワールド・イズ・マイン

    ザ・ワールド・イズ・マインから見た高橋源一郎高橋源一郎

    その過激な暴力描写とストーリー性から話題を呼び呉智英、岩井俊二、松尾スズキ、庵野秀明、宮崎哲弥、高橋源一郎、樋口真嗣、町山智浩といった著名人から絶賛された。ザ・ワールド・イズ・マイン フレッシュアイペディアより)

  • 二間瀬敏史

    二間瀬敏史から見た高橋源一郎高橋源一郎

    『時の本-a passport to time travel』(村上龍、川村浩、高橋源一郎との共著、光琳社出版、1998年)二間瀬敏史 フレッシュアイペディアより)

  • ケータイ小説

    ケータイ小説から見た高橋源一郎高橋源一郎

    高橋源一郎は、近代とは「自他の区別」を重視する世界であり、近代の小説がこの枠組みの中で書かれてきたのであるとした上で、その「自他の区別」の消滅への願望が特徴的に見られるのがケータイ小説であり、そこでは「『作者』を、他の存在から区別して見出すことができない」と評した。ケータイ小説 フレッシュアイペディアより)

  • 日蝕 (小説)

    日蝕 (小説)から見た高橋源一郎高橋源一郎

    2000年9月から2001年6月にかけて朝日新聞夕刊で連載された高橋源一郎の小説『官能小説家』には、本作に言及する場面がある。劇中の朝日新聞で連載されている設定の劇中小説上に登場する朝日新聞で、『官能小説家』という題の劇中小説の連載を手がけている設定の登場人物タカハシゲンイチロウは、見ず知らずの相手からかかってきた電話で「平野啓一郎の『日蝕』」の感想を求められるが、タカハシはこれを作家生命に関わる人生の罠であると考え動揺する。タカハシは読者に対して、この作品を褒めたり貶したりすることの危うさや愚かさを競馬に例えてひとしきり力説した後、電話の相手に対し、間違い電話を装ってその場を切り抜けようと試みる。日蝕 (小説) フレッシュアイペディアより)

  • ランダムハウス講談社新人賞

    ランダムハウス講談社新人賞から見た高橋源一郎高橋源一郎

    優秀賞 葉村亮介『三色パンダは今日も不機嫌』(2008年3月、ISBN 978-4-270-00320-6) - 高橋源一郎・大森望推薦ランダムハウス講談社新人賞 フレッシュアイペディアより)

  • 日経小説大賞

    日経小説大賞から見た高橋源一郎高橋源一郎

    日経中編小説賞 高橋源一郎、茂木健一郎、唯川恵日経小説大賞 フレッシュアイペディアより)

  • ラドヤード・キップリング

    ラドヤード・キップリングから見た高橋源一郎高橋源一郎

    『アルマジロがアルマジロになったわけ』高橋源一郎訳、講談社、1998年4月 ISBN 4062619725ラドヤード・キップリング フレッシュアイペディアより)

  • おごってジャンケン隊

    おごってジャンケン隊から見た高橋源一郎高橋源一郎

    この作品のメインは、毎回最後にその日の飲食代をかけて現代・八巻らとゲスト及びその関係者がジャンケンを行い、最後まで負け残った一人がその飲食代を全て自腹で支払わなければならないという点。しかもその飲食代について領収書をもらうことは許されていないため、経費として処理することもままならない。そのため作品には「領収書不可の自腹お食事コミック」というサブタイトルがついている。この「負けたら全て自腹」というスタイルは「ぐるぐるナインティナイン」(日本テレビ)の企画「グルメチキンレース・ゴチになります!」を初めとして、テレビ番組等で多くのフォロワーを生んだ(ただし「ゴチになります!」では敗者に領収書が渡されており経費としての処理が可能なため、過酷さでは当作品の方が上である)。連載史上最高額の自腹を支払ったのは第29回の高橋源一郎で、109,430円である。おごってジャンケン隊 フレッシュアイペディアより)

113件中 41 - 50件表示

「高橋源一郎」のニューストピックワード