167件中 51 - 60件表示
  • 藤波心

    藤波心から見た高橋源一郎高橋源一郎

    2011年3月23日には自身のブログに東北地方太平洋沖地震への気遣いと、原子力撤廃を訴え、話題となった(賛否両論相次ぎ、2011年現在も炎上状態になっている。賛同しているのは主に“中学生なのにしっかり自己を持っている”とする意見で、否定的なのは「もっと社会を知れ」という意見)。このブログは2ちゃんねるやツイッターで拡散され、孫正義の「同意!」他、坂本龍一、小川和久らもリツイート(RT)し、高橋源一郎、池田香代子等は絶賛した。なお、RTは数万件に及んでいる。同年5月7日には、代々木公園で行われた反原発デモ「原発やめろ渋谷・超巨大サウンドデモ」に参加した。その後、6月11日には、新宿中央公園及び周辺で行われた反原発デモ「原発やめろ新宿デモ」に参加、新宿東口アルタ前で演説と童謡「ふるさと」を歌唱した。藤波心 フレッシュアイペディアより)

  • 本間洋平

    本間洋平から見た高橋源一郎高橋源一郎

    「家族ゲーム」(1984年、集英社文庫) → のち2013年に新装版(解説・高橋源一郎本間洋平 フレッシュアイペディアより)

  • 辻信一

    辻信一から見た高橋源一郎高橋源一郎

    『弱さの思想 たそがれを抱きしめる』 高橋源一郎 (大月書店 2014.2)辻信一 フレッシュアイペディアより)

  • ランダムハウス講談社新人賞

    ランダムハウス講談社新人賞から見た高橋源一郎高橋源一郎

    優秀賞 葉村亮介『三色パンダは今日も不機嫌』(2008年3月、ISBN 978-4-270-00320-6) - 高橋源一郎・大森望推薦ランダムハウス講談社新人賞 フレッシュアイペディアより)

  • 松本小雪

    松本小雪から見た高橋源一郎高橋源一郎

    1980年代中盤一杯、バラエティ番組にアート系若手女性タレントの役どころで出演した後は、紙媒体のエッセイやイラストに活動の比重を移し、2000年からは朝日新聞の連載小説『官能小説家』(高橋源一郎)の挿絵を担当していたが、戦前の資生堂ポスター図案の剽窃を疑われ、しりあがり寿と途中交代した。その後主婦。松本小雪 フレッシュアイペディアより)

  • 桐りんご

    桐りんごから見た高橋源一郎高橋源一郎

    沖縄県糸満市出身。横浜国立大学教育人間科学部を卒業する。大学卒業後、高校で国語教師として5年間勤務する。2013年、小説を執筆するようになる。同年、「キラキラハシル」で愛媛県松山市が主催する第13回坊っちゃん文学賞の大賞を受賞する(審査員:椎名誠、早坂暁、中沢新一、高橋源一郎)。審査員の早坂暁は、同作について「突出して良かった」「仲間の背中を、未来を見ることの大切さを教えているのが良かった」と評している。好きな作家として、村上春樹、瀬尾まいこ、益田ミリ、夏目漱石を挙げている。好きなアーティストとして、小野リサを挙げている。趣味は読書、旅行など。桐りんご フレッシュアイペディアより)

  • 2011年の文学

    2011年の文学から見た高橋源一郎高橋源一郎

    高橋源一郎 『恋する原発』(講談社)2011年の文学 フレッシュアイペディアより)

  • 神聖喜劇

    神聖喜劇から見た高橋源一郎高橋源一郎

    ブック・アサヒ・コム書評 評者・高橋源一郎神聖喜劇 フレッシュアイペディアより)

  • 新井素子

    新井素子から見た高橋源一郎高橋源一郎

    同時代の口語表現を積極的に取り入れ、一段落を「が。」の2文字で終わらせて改行するなど規範を大きく逸脱した文体を高橋源一郎は『ラカンのぬいぐるみ』で「新口語文」と評価した。当時の口語表現を文体に反映した端的な例として、一人称「あたし」、二人称「おたく」という砕けた人称代名詞を多用したことなどが挙げられる。新井素子 フレッシュアイペディアより)

  • 日経小説大賞

    日経小説大賞から見た高橋源一郎高橋源一郎

    日経中編小説賞 高橋源一郎、茂木健一郎、唯川恵日経小説大賞 フレッシュアイペディアより)

167件中 51 - 60件表示

「高橋源一郎」のニューストピックワード