113件中 51 - 60件表示
  • フィリップ・ロス

    フィリップ・ロスから見た高橋源一郎高橋源一郎

    『素晴らしいアメリカ野球』の邦訳題を借りた作品が、小林信彦の短編『素晴らしい日本野球』及び、高橋源一郎の長編『優雅で感傷的な日本野球』である(内容は無関係)。フィリップ・ロス フレッシュアイペディアより)

  • ミヤザワケンジ・グレーテストヒッツ

    ミヤザワケンジ・グレーテストヒッツから見た高橋源一郎高橋源一郎

    『ミヤザワケンジ・グレーテストヒッツ』は、高橋源一郎の連作小説。童話作家 宮沢賢治の24の作品(うち2編は詩、1編は戯曲)を原題のまま用い、それらに多かれ少なかれちなんだ全く新しいストーリーを集めたものである。月刊誌『すばる』2002年1月号より2004年11月号まで『ミヤザワケンジ全集』として連載され、2005年5月の刊行に当たって改題された。(545ページ、ISBN 4087747573)。ミヤザワケンジ・グレーテストヒッツ フレッシュアイペディアより)

  • 高山文彦 (作家)

    高山文彦 (作家)から見た高橋源一郎高橋源一郎

    『サヨナラだけが人生だ 随想集「プロムナード」2』(2002年、恒文社21) 共著・安野光雅、高橋源一郎高山文彦 (作家) フレッシュアイペディアより)

  • クォンタム・ファミリーズ

    クォンタム・ファミリーズから見た高橋源一郎高橋源一郎

    東は近年はブログの更新を停止し、ネット上では主にTwitterを使用して発言しており、『クォンタム・ファミリーズ』刊行前後には各書店の入荷・在庫情報が東のアカウントに寄せられた。また発売日前に作られた公式アカウントからは、発売日当日に増刷が決まったことがアナウンスされている。Twitter上ではまた高橋源一郎、阿部和重、仲俣暁生などからの好意的な感想も寄せられている。クォンタム・ファミリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 谷川直子

    谷川直子から見た高橋源一郎高橋源一郎

    作家高橋源一郎と結婚し(その後、離婚)、高橋直子名義で『競馬の国のアリス』などの主として競馬やファッションに関するエッセーを発表。谷川直子 フレッシュアイペディアより)

  • すっぴん!

    すっぴん!から見た高橋源一郎高橋源一郎

    高橋源一郎(作家・エッセイスト 金曜日)すっぴん! フレッシュアイペディアより)

  • ラグランジュポイント (ゲーム)

    ラグランジュポイント (ゲーム)から見た高橋源一郎高橋源一郎

    ファミコン後期に発売したRPGではあるが、SFを題材にしたストーリー構成(シナリオスタッフとして高橋源一郎、ゲームデザインは神長豊、シナリオコンセプトで榎雄一郎が参加)や音楽などの人気は高く(実際、ファミマガのゲーム通信簿では音楽の評価が高かった)、1991年度ファミマガ大賞FC部門では1位に選出されている。ラグランジュポイント (ゲーム) フレッシュアイペディアより)

  • 室井佑月

    室井佑月から見た高橋源一郎高橋源一郎

    ミス栃木、ミス公園通り(渋谷区)、雑誌モデル、レースクイーン、女優、高級クラブホステスなど様々な経歴を持つ。1997年に小説新潮主催の読者公募「性の小説」コンテストに入選し文筆活動に入る。元夫の高橋源一郎とは2001年に離婚。高橋との間には2000年に生まれた長男がいる。室井佑月 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の学生運動

    日本の学生運動から見た高橋源一郎高橋源一郎

    高橋源一郎 - 小説家。横浜国立大学在学中の1969年に凶器準備集合罪で逮捕。翌年、半年間にわたって東京拘置所に留置される。この時期に高橋は一種の失語症に陥り、それが彼の文学活動に大きな影響を与えている。日本の学生運動 フレッシュアイペディアより)

  • 向井豊昭

    向井豊昭から見た高橋源一郎高橋源一郎

    批評意識の強い作風で知られる。デビュー作の「BARABARA」は蓮實重彦、絓秀実、小森陽一、高橋源一郎、荒川洋治らに激賞され、当時の『早稲田文学』掲載作品では異例なことに、新聞の文芸時評の対象となった。向井豊昭 フレッシュアイペディアより)

113件中 51 - 60件表示

「高橋源一郎」のニューストピックワード