167件中 61 - 70件表示
  • 2009年の文学

    2009年の文学から見た高橋源一郎高橋源一郎

    柴田元幸、高橋源一郎 『柴田さんと高橋さんの「小説の読み方、書き方、訳し方」』(河出書房新社)2009年の文学 フレッシュアイペディアより)

  • ビリィ★ザ★キッドの新しい夜明け

    ビリィ★ザ★キッドの新しい夜明けから見た高橋源一郎高橋源一郎

    山川直人監督の商業映画(35mm)デビュー作。「ワンセットだけで1本の映画を成立させたい」というアイデアを基に作られた。本作では "スローターハウス" という酒場での4日間を描いている(但し、冒頭および最後のモニュメントバレーのシーンだけは現地ロケである)。ワンセットで作られた為に、会話劇中心となり舞台装置などにも演劇的要素が多く見られる(演劇関係者のキャスティングも多い)。原案は小説家の高橋源一郎で、『さようなら、ギャングたち』『虹の彼方に』『ジョン・レノン対火星人』などの作品から引用されている。高橋の小説以外にも、様々な作品からの引用、オマージュ、パロディが全編に配されている。中でも『七人の侍』のパロディが多く、7人で店を守る設定や、キャラクター造形にも反映されている。本作品の "宮本武蔵" は『七人の侍』の久蔵がモデルとなっているが、その久蔵のモデルの一人は宮本武蔵である。酒場の名前は、カート・ヴォネガットの『スローターハウス5』から取られている。ビリィ★ザ★キッドの新しい夜明け フレッシュアイペディアより)

  • 二間瀬敏史

    二間瀬敏史から見た高橋源一郎高橋源一郎

    『時の本-a passport to time travel』(村上龍、川村浩、高橋源一郎との共著、光琳社出版、1998年)二間瀬敏史 フレッシュアイペディアより)

  • 丸川哲史

    丸川哲史から見た高橋源一郎高橋源一郎

    広井良典・管啓次郎・高橋源一郎・長谷川一・柄谷行人・金子勝・國分功一郎・堤未果『知の現在と未来――岩波書店創業百年記念シンポジウム』(岩波書店、2014年)丸川哲史 フレッシュアイペディアより)

  • 超光速航法

    超光速航法から見た高橋源一郎高橋源一郎

    超時間航法(『銀河鉄道の彼方に』/高橋源一郎超光速航法 フレッシュアイペディアより)

  • マカルーム

    マカルームから見た高橋源一郎高橋源一郎

    小説家の高橋源一郎から絶賛され、当時どのレーベルにも所属していないにも関わらずNHKラジオ第一放送『すっぴん!』で紹介される。マカルーム フレッシュアイペディアより)

  • シンセミア

    シンセミアから見た高橋源一郎高橋源一郎

    ガルシア・マルケスの『百年の孤独』や、ウィリアム・フォークナーのヨクナパトーファサーガの影響も指摘され、書評家によっては。評論家や作家からの評価も非常に高く、特に高橋源一郎や蓮實重彦などは「超がつくほどの傑作」と手放しで評価している。シンセミア フレッシュアイペディアより)

  • 笙野頼子

    笙野頼子から見た高橋源一郎高橋源一郎

    初期の作品は緊密な文体で鬱屈した観念・心理表現と澄明な幻想描写の融和を試行した難解なものが多く、発表できても反応はほとんどなかったが、1990年代に賞を立て続けに獲得したことで一気に評価が高まった。デビュー自体は村上春樹や高橋源一郎などのポップ文学の書き手と近い時期であるが、あまりに対蹠的な作風とその転換・再評価の時期に鑑みて、阿部和重らのように理論性と娯楽性を併せ持った、いわゆるJ文学作家の一人と言われることもある(本人はエッセイにおいてこのカテゴライズに疑念を表明している)。笙野頼子 フレッシュアイペディアより)

  • 海と夕焼

    海と夕焼から見た高橋源一郎高橋源一郎

    収録作品:いしいしんじ「ミケーネ」、芥川龍之介「ピアノ」、樋口一葉「わかれ道」、ガブリエル・ガルシア=マルケス「最近のある日」(桑名一博訳)、内田百「件」、 大江健三郎「怒りの大気に冷たい嬰児が立ちあがって」、津島佑子「指」、森鷗外「普請中」、稲垣足穂「七話集」、谷崎潤一郎「秘密」、高橋源一郎「さよならクリストファー・ロビン」、川端康成「弓浦市」、円地文子「歌のふるさと」、ジョージ・オーウェル「絞首刑」(小野寺健訳)、夏目漱石「それから」、堀江敏「ボトルシップを燃やす」、尾崎翠「歩行」、津村記久子「ブラックボックス」、太宰治「新釈諸国噺:裸川」、三島由紀夫「海と夕焼」、耕治人「どんなご縁で」、町田康「一言主の神」海と夕焼 フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・エメリック

    マイケル・エメリックから見た高橋源一郎高橋源一郎

    よしもとばなな、川端康成、高橋源一郎ら日本の近現代文学の英語翻訳を多数手がける。2004年から、ザ・デイリー読売誌で連載されたよしもとばなな原作「海のふた」の翻訳を担当した。マイケル・エメリック フレッシュアイペディアより)

167件中 61 - 70件表示

「高橋源一郎」のニューストピックワード