167件中 71 - 80件表示
  • 2013年の文学

    2013年の文学から見た高橋源一郎高橋源一郎

    高橋源一郎 『銀河鉄道の彼方に』(集英社)2013年の文学 フレッシュアイペディアより)

  • 平田俊子

    平田俊子から見た高橋源一郎高橋源一郎

    『日本語を生きる(21世紀文学の創造 別巻)』谷川俊太郎,高橋源一郎共著 岩波書店 2003平田俊子 フレッシュアイペディアより)

  • 谷崎潤一郎賞

    谷崎潤一郎賞から見た高橋源一郎高橋源一郎

    第48回(2012年) - 高橋源一郎 『さよならクリストファー・ロビン』谷崎潤一郎賞 フレッシュアイペディアより)

  • ザ・ワールド・イズ・マイン

    ザ・ワールド・イズ・マインから見た高橋源一郎高橋源一郎

    その過激な暴力描写とストーリー性から話題を呼び呉智英、岩井俊二、松尾スズキ、庵野秀明、宮崎哲弥、高橋源一郎、樋口真嗣、町山智浩といった著名人から絶賛された。ザ・ワールド・イズ・マイン フレッシュアイペディアより)

  • ラグランジュポイント (ゲーム)

    ラグランジュポイント (ゲーム)から見た高橋源一郎高橋源一郎

    ファミコン後期に発売したRPGではあるが、SFを題材にしたストーリー構成(シナリオスタッフとして高橋源一郎、ゲームデザインは神長豊、シナリオコンセプトで榎雄一郎が参加)や音楽などの人気は高く(実際、ファミマガのゲーム通信簿では音楽の評価が高かった)、1991年度ファミマガ大賞FC部門では1位に選出されている。ラグランジュポイント (ゲーム) フレッシュアイペディアより)

  • 2001年の文学

    2001年の文学から見た高橋源一郎高橋源一郎

    高橋源一郎 『日本文学盛衰史』(講談社)2001年の文学 フレッシュアイペディアより)

  • 橋本麻里

    橋本麻里から見た高橋源一郎高橋源一郎

    橋本 麻里(はしもと まり、1972年 - )は、日本のライター、編集者。神奈川県出身。国際基督教大学教養学部卒業。明治学院大学非常勤講師(日本美術史)。 2016年4月より永青文庫副館長。高等学校美術教科書(日本文教出版)の編集・執筆も手がける。父は小説家の高橋源一郎。4人の異母弟がいる。橋本麻里 フレッシュアイペディアより)

  • リチャード・ブローティガン

    リチャード・ブローティガンから見た高橋源一郎高橋源一郎

    日本では翻訳家の藤本和子がその著書のほとんどを翻訳し、時として原文以上とも評されたその清新な訳文は、日本における翻訳文学の系譜の上で重要なものである。作家でも村上春樹、高橋源一郎、小川洋子といった面々が影響を受けている。リチャード・ブローティガン フレッシュアイペディアより)

  • Bunkamuraドゥマゴ文学賞

    Bunkamuraドゥマゴ文学賞から見た高橋源一郎高橋源一郎

    第18回(2008年)高橋源一郎 : 中原昌也 『中原昌也作業日誌2004?2007』Bunkamuraドゥマゴ文学賞 フレッシュアイペディアより)

  • 岸川真

    岸川真から見た高橋源一郎高橋源一郎

    ていたという)。以後、岩波新書や岩波現代文庫、岩波ジュニア新書で編集を続け、「映画秘宝」でも執筆していた。主な彼の担当者は、佐藤忠男、おかだえみこ、滝本誠、青山南、筒井康隆、高橋源一郎という顔ぶれであった。他に雑誌編集者として「伝説マガジン」に関わった。岸川真 フレッシュアイペディアより)

167件中 71 - 80件表示

「高橋源一郎」のニューストピックワード