113件中 81 - 90件表示
  • 平野啓一郎

    平野啓一郎から見た高橋源一郎高橋源一郎

    親交のある人物に江島健太郎、梅田望夫など。また関心のある現代の作家として高橋源一郎、島田雅彦、大江健三郎、古井由吉を挙げている。ジャズ、とりわけマイルス・デイヴィスを好み対談などでそのファンぶりを見せる事もしばしばである。平野啓一郎 フレッシュアイペディアより)

  • カート・ヴォネガット

    カート・ヴォネガットから見た高橋源一郎高橋源一郎

    ヴォネガットから影響を受けた日本人作家としては、第一作の『風の歌を聴け』でヴォネガットのスタイルを模写した村上春樹や高橋源一郎、橋本治等がいる。爆笑問題の太田光は熱心なファンとして知られ彼らが設立した所属事務所「タイタン」の名称は『タイタンの妖女』と「太田」の別読みをかけて付けられたものである。カート・ヴォネガット フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤整文学賞

    伊藤整文学賞から見た高橋源一郎高橋源一郎

    小説:高橋源一郎『日本文学盛衰史』伊藤整文学賞 フレッシュアイペディアより)

  • 中島みゆき

    中島みゆきから見た高橋源一郎高橋源一郎

    高橋源一郎 - 『さようなら、ギャングたち』にて、ヒロインが「中島みゆきソング・ブック」と名付けられる。中島みゆき フレッシュアイペディアより)

  • リチャード・ブローティガン

    リチャード・ブローティガンから見た高橋源一郎高橋源一郎

    日本では翻訳家の藤本和子がその著書のほとんどを翻訳し、時として原文以上とも評されたその清新な訳文は、日本における翻訳文学の系譜の上で重要なものである。作家でも村上春樹、高橋源一郎、小川洋子といった面々が影響を受けている。リチャード・ブローティガン フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤友哉

    佐藤友哉から見た高橋源一郎高橋源一郎

    文学への責務が残る (『新潮』2007年7月号) - 第20回三島由紀夫賞受賞記念対談。高橋源一郎との対談。佐藤友哉 フレッシュアイペディアより)

  • 手塚治虫文化賞

    手塚治虫文化賞から見た高橋源一郎高橋源一郎

    選考委員:荒俣宏、石上三登志、いしかわじゅん、大月隆寛、岡田斗司夫、印口崇、唐沢俊一、呉智英、小松左京、斉藤由貴、里中満智子、三代目魚武濱田成夫、鈴木光司、関川夏央、高橋源一郎、タケカワユキヒデ、鶴見済、長谷邦夫、荷宮和子、古川益蔵、フレデリック・ショット、村上知彦、夢枕獏、養老孟司、米澤嘉博手塚治虫文化賞 フレッシュアイペディアより)

  • 田中康夫

    田中康夫から見た高橋源一郎高橋源一郎

    1991年には、柄谷行人や中上健次らと共に、湾岸戦争への日本加担に反対する声明に参加している。こうした声明には、田中は元来否定的だったが、声明文を「我々は」や「私たちは」ではなく「私は」とし、個人の連帯とすることで参加した。なお、同声明に参加した作家は、他にいとうせいこう、島田雅彦、高橋源一郎などがいる。一方でこの声明を四方田犬彦は批判した。田中康夫 フレッシュアイペディアより)

  • 蓮實重彦

    蓮實重彦から見た高橋源一郎高橋源一郎

    一時期、中上健次、柄谷行人と「カレキナダ」という草野球チームを組んでいた事がある。(ちなみに過去在籍メンバーは、渡部直己、絓秀実、松本健一、立松和平、高橋源一郎、平石貴樹、尾辻克彦、赤瀬川隼、ねじめ正一、島田雅彦、など)東京堂書店セミナーで顔を合わせた時に結成。蓮實重彦 フレッシュアイペディアより)

  • ポストモダン文学

    ポストモダン文学から見た高橋源一郎高橋源一郎

    1981年には、高橋源一郎が現代詩のコンテクストを持つ『さようなら、ギャングたち』でデビュー、群像新人長編小説賞優秀賞を受賞。1983年にはロシア文学に造詣の深い島田雅彦が『優しいサヨクのための嬉遊曲』でデビューし、芥川賞候補になるが落選。翌1984年には歌舞伎に造詣の深い小林恭二が『電話男』でデビューし、海燕新人文学賞受賞。この高橋源一郎、島田雅彦、小林恭二らはその後も独自の作風で執筆を続けたことから、ポストモダン文学の三旗手と呼ばれた。ポストモダン文学 フレッシュアイペディアより)

113件中 81 - 90件表示

「高橋源一郎」のニューストピックワード