127件中 11 - 20件表示
  • 高橋源一郎

    高橋源一郎から見た谷川俊太郎

    『21世紀文学の創造別巻 日本語を生きる』(谷川俊太郎・平田俊子共著、2003年、岩波書店)高橋源一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋源一郎

    高橋源一郎から見たさだまさし

    1979年1月8日放送の「松山千春のオールナイトニッポン」(ゲスト:中島みゆき、さだまさし)に触発され、文章を書くことを再開する。1980年、『すばらしい日本の戦争』を第24回群像新人文学賞に応募。翌年1981年、最終候補作3編のうちの1作に選ばれるが落選。『群像』6月号に掲載された選評では、瀬戸内寂聴を除く全選考委員から酷評される。このときに担当した編集者に勧められて長編小説の執筆を開始し、『さようなら、ギャングたち』を第4回群像新人長編小説賞へ応募。この年、本賞受賞作はなく、優秀作に選ばれて1981年12月号に掲載され、『海燕』1982年3月号において吉本隆明から高評価を受け、1982年10月に講談社より刊行された。高橋源一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋源一郎

    高橋源一郎から見た山田詠美

    『顰蹙文学カフェ』(山田詠美共著、2008年、講談社)高橋源一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋源一郎

    高橋源一郎から見た平田オリザ

    『言葉の見本帖』(荒川洋治・加藤典洋・関川夏央・平田オリザ共編著、2009年、岩波書店)高橋源一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋源一郎

    高橋源一郎から見た津島佑子

    1991年、湾岸戦争への自衛隊派遣に抗議し、柄谷行人、中上健次、津島佑子、田中康夫らと共に『湾岸戦争に反対する文学者声明』を発表した。高橋源一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋源一郎

    高橋源一郎から見た角川書店

    1984年8月、『虹の彼方に(オーヴァー・ザ・レインボウ)』を中央公論社より刊行。1985年1月、『すばらしい日本の戦争』に手を加えた『ジョン・レノン対火星人』を角川書店より刊行し、『さようなら、ギャングたち』と合わせて初期三部作とする。1986年、山川直人監督の映画『ビリィ★ザ★キッドの新しい夜明け』の原案を担当。1987年、ジェイ・マキナニーの『ブライト・ライツ、ビッグ・シティ』を翻訳、ベストセラーとなった。1988年、『優雅で感傷的な日本野球』により第1回三島由紀夫賞を受賞高橋源一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋源一郎

    高橋源一郎から見た岩波書店

    『吉本隆明がぼくたちに遺したもの』(加藤典洋共著、2013/5/10、岩波書店)高橋源一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋源一郎

    高橋源一郎から見たテレビ朝日

    報道ステーション(2012年8月16日、テレビ朝日高橋源一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋源一郎

    高橋源一郎から見たソニー

    ソニー ワープロ PRODUCE(1988年)高橋源一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋源一郎

    高橋源一郎から見たジェイ・マキナニー

    1984年8月、『虹の彼方に(オーヴァー・ザ・レインボウ)』を中央公論社より刊行。1985年1月、『すばらしい日本の戦争』に手を加えた『ジョン・レノン対火星人』を角川書店より刊行し、『さようなら、ギャングたち』と合わせて初期三部作とする。1986年、山川直人監督の映画『ビリィ★ザ★キッドの新しい夜明け』の原案を担当。1987年、ジェイ・マキナニーの『ブライト・ライツ、ビッグ・シティ』を翻訳、ベストセラーとなった。1988年、『優雅で感傷的な日本野球』により第1回三島由紀夫賞を受賞高橋源一郎 フレッシュアイペディアより)

127件中 11 - 20件表示

「高橋源一郎」のニューストピックワード

  • 60年安保闘争

  • 安保闘争60周年記念講演会

  • トミカ50周年コラボプロジェクト(https://t.co/bQbAY1aaeB)