127件中 21 - 30件表示
  • 高橋源一郎

    高橋源一郎から見た網浜直子

    網浜直子写真集 ラヴレター(山岸伸撮影、1994年、風雅書房)高橋源一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋源一郎

    高橋源一郎から見たテレビ西日本

    1990年代よりテレビの競馬関連の番組にも進出。『スポーツうるぐす』(日本テレビ)では、司会の江川卓と予想対決を繰り広げたほか、『ドリーム競馬 KOKURA』(テレビ西日本制作分)ではゲストとして度々出演。盟友だった佐藤征一アナウンサーが定年の関係もあって番組の表から遠ざかった後は、コメンテーター的司会として毎回出演するようになったが、2007年2月11日の放送を最後に藤城真木子ともども降板した。高橋源一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋源一郎

    高橋源一郎から見た鮎川信夫

    広島県尾道市の母の実家に生まれる。1歳まで大阪の帝塚山の父の実家にておもに祖母の手で育てられた。尾道市立土堂小学校在学時に自転車屋が廃業。また父の経営していた鉄工所が倒産。1959年、東京の大泉学園に移り住む。練馬区立大泉東小学校に入学するも、尾道に戻り土堂小学校に転校し直す。1960年、東京の千歳船橋に移り住む。世田谷区立船橋小学校に転校。1963年4月、麻布中学校に入学。1964年1月、灘中学校に転入。このころ鮎川信夫、谷川雁、鈴木志郎康等の現代詩を読み、感銘を受ける。同級生の竹信悦夫から多大な影響を受けた。1966年4月、灘高校に入学。高校時代より無党派のデモに参加。高橋源一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋源一郎

    高橋源一郎から見た佐藤征一

    1990年代よりテレビの競馬関連の番組にも進出。『スポーツうるぐす』(日本テレビ)では、司会の江川卓と予想対決を繰り広げたほか、『ドリーム競馬 KOKURA』(テレビ西日本制作分)ではゲストとして度々出演。盟友だった佐藤征一アナウンサーが定年の関係もあって番組の表から遠ざかった後は、コメンテーター的司会として毎回出演するようになったが、2007年2月11日の放送を最後に藤城真木子ともども降板した。高橋源一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋源一郎

    高橋源一郎から見た辻信一

    『弱さの思想: たそがれを抱きしめる』(辻 信一との対談、2014/2/20、大月書店)高橋源一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋源一郎

    高橋源一郎から見た橋本麻里

    4度の離婚歴と5度の結婚歴がある。子どもは5人。1人目の妻との間に儲けた長女はフリーライターの橋本麻里(1972年誕生)。2人目の妻との間に長男(1973年誕生)がいる。3人目の妻 (1985-1999) は谷川直子。しかし女性作家の室井佑月と不倫関係になって谷川とは離婚。その直後に再婚して4人目の妻(1999?2001)となった室井佑月との間には男児(2000年誕生)をもうけたが、高橋の不倫を機に離婚。2015年現在、5人目の妻 (2003- ) との間には男児2人(2004年、2006年誕生)がいる。高橋源一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋源一郎

    高橋源一郎から見た荒川洋治

    『言葉の見本帖』(荒川洋治・加藤典洋・関川夏央・平田オリザ共編著、2009年、岩波書店)高橋源一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋源一郎

    高橋源一郎から見た谷川雁

    広島県尾道市の母の実家に生まれる。1歳まで大阪の帝塚山の父の実家にておもに祖母の手で育てられた。尾道市立土堂小学校在学時に自転車屋が廃業。また父の経営していた鉄工所が倒産。1959年、東京の大泉学園に移り住む。練馬区立大泉東小学校に入学するも、尾道に戻り土堂小学校に転校し直す。1960年、東京の千歳船橋に移り住む。世田谷区立船橋小学校に転校。1963年4月、麻布中学校に入学。1964年1月、灘中学校に転入。このころ鮎川信夫、谷川雁、鈴木志郎康等の現代詩を読み、感銘を受ける。同級生の竹信悦夫から多大な影響を受けた。1966年4月、灘高校に入学。高校時代より無党派のデモに参加。高橋源一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋源一郎

    高橋源一郎から見た英隆

    『朝、起きて、君には言うことが何もないなら Tokio feminites』(英隆写真、1986年、講談社)高橋源一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋源一郎

    高橋源一郎から見た山岸伸

    網浜直子写真集 ラヴレター(山岸伸撮影、1994年、風雅書房)高橋源一郎 フレッシュアイペディアより)

127件中 21 - 30件表示

「高橋源一郎」のニューストピックワード

  • 60年安保闘争

  • 安保闘争60周年記念講演会

  • トミカ50周年コラボプロジェクト(https://t.co/bQbAY1aaeB)