105件中 21 - 30件表示
  • 高橋源一郎

    高橋源一郎から見た中上健次

    1990年の『惑星P-13の秘密』以降は1997年の『ゴーストバスターズ』まで小説の発表がなく、エッセイ、時評などを中心に執筆した。1991年、湾岸戦争への自衛隊派遣に抗議し、柄谷行人、中上健次、津島佑子、田中康夫らとともに声明を発表した。高橋源一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋源一郎

    高橋源一郎から見た小林恭二

    1984年に『虹の彼方へ(オーヴァー・ザ・レインボウ)』を、1985年に『すばらしい日本の戦争』に手を加えた『ジョン・レノン対火星人』を発表。『さようなら、ギャングたち』と合わせて3部作とした。1987年、ジェイ・マキナニーの『ブライト・ライツ、ビッグ・シティ』を翻訳、ベストセラーとなった。1988年、『優雅で感傷的な日本野球』により第1回三島由紀夫賞を受賞。高橋、小林恭二、佐伯一麦、島田雅彦、松浦理英子、山田詠美、吉本ばなな、井口時男、中沢新一、朝吹亮二、岩森道子、高瀬千図という候補総勢12人、小説・評論・詩歌の三方にわたる大混戦となったなか、選考委員の大江健三郎と江藤淳の2票を獲得して受賞した。この時の賞金100万円は全額、日本ダービーにつぎ込み、一瞬にして使い果たした。高橋源一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋源一郎

    高橋源一郎から見た江藤淳

    1984年に『虹の彼方へ(オーヴァー・ザ・レインボウ)』を、1985年に『すばらしい日本の戦争』に手を加えた『ジョン・レノン対火星人』を発表。『さようなら、ギャングたち』と合わせて3部作とした。1987年、ジェイ・マキナニーの『ブライト・ライツ、ビッグ・シティ』を翻訳、ベストセラーとなった。1988年、『優雅で感傷的な日本野球』により第1回三島由紀夫賞を受賞。高橋、小林恭二、佐伯一麦、島田雅彦、松浦理英子、山田詠美、吉本ばなな、井口時男、中沢新一、朝吹亮二、岩森道子、高瀬千図という候補総勢12人、小説・評論・詩歌の三方にわたる大混戦となったなか、選考委員の大江健三郎と江藤淳の2票を獲得して受賞した。この時の賞金100万円は全額、日本ダービーにつぎ込み、一瞬にして使い果たした。高橋源一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋源一郎

    高橋源一郎から見た雨宮処凛

    小林多喜二の『蟹工船』が2008年に再脚光を浴びたのは、同年1月9日に毎日新聞東京本社版の朝刊文化面に掲載された、高橋と雨宮処凛との対談がきっかけになったといわれる。高橋源一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋源一郎

    高橋源一郎から見た柄谷行人

    1990年の『惑星P-13の秘密』以降は1997年の『ゴーストバスターズ』まで小説の発表がなく、エッセイ、時評などを中心に執筆した。1991年、湾岸戦争への自衛隊派遣に抗議し、柄谷行人、中上健次、津島佑子、田中康夫らとともに声明を発表した。高橋源一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋源一郎

    高橋源一郎から見た蓮實重彦

    1972年、土木作業のアルバイトを始め、鉄工所や化学工場、土建会社などを10年ほど転々とした。この頃に競馬に興味を持つようになる。1979年より失語症のリハビリテーションとして小説を書きはじめ、1980年に『すばらしい日本の戦争』で群像新人文学賞に応募、最終選考まで残るものの、瀬戸内寂聴を除く全選考委員から酷評され落選。このときに担当した編集者に勧められて長編小説の執筆を開始し、1981年に『さようなら、ギャングたち』で群像新人長編小説賞へ応募、優秀作と評価されデビューを飾る。この『さようなら、ギャングたち』は蓮實重彦や吉本隆明などからの絶賛を受けた。1982年、同作品でデビュー。高橋源一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋源一郎

    高橋源一郎から見た井口時男

    1984年に『虹の彼方へ(オーヴァー・ザ・レインボウ)』を、1985年に『すばらしい日本の戦争』に手を加えた『ジョン・レノン対火星人』を発表。『さようなら、ギャングたち』と合わせて3部作とした。1987年、ジェイ・マキナニーの『ブライト・ライツ、ビッグ・シティ』を翻訳、ベストセラーとなった。1988年、『優雅で感傷的な日本野球』により第1回三島由紀夫賞を受賞。高橋、小林恭二、佐伯一麦、島田雅彦、松浦理英子、山田詠美、吉本ばなな、井口時男、中沢新一、朝吹亮二、岩森道子、高瀬千図という候補総勢12人、小説・評論・詩歌の三方にわたる大混戦となったなか、選考委員の大江健三郎と江藤淳の2票を獲得して受賞した。この時の賞金100万円は全額、日本ダービーにつぎ込み、一瞬にして使い果たした。高橋源一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋源一郎

    高橋源一郎から見た佐藤征一

    1990年代よりテレビの競馬関連の番組にも進出。『スポーツうるぐす』(日本テレビ)では、司会の江川卓と予想対決を繰り広げたほか、『ドリーム競馬 KOKURA』(テレビ西日本制作分)ではゲストとして度々出演。盟友だった佐藤征一アナウンサーが定年の関係もあって番組の表から遠ざかった後は、コメンテーター的司会として毎回出演するようになった。この2つの番組によって、高橋は「競馬好き作家」としてすっかり有名になった。高橋源一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋源一郎

    高橋源一郎から見た加藤典洋

    『言葉の見本帖』(荒川洋治・加藤典洋・関川夏央・平田オリザ共編著、2009年、岩波書店)高橋源一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋源一郎

    高橋源一郎から見た橋本麻里

    競馬評論家としても活動している。長女はフリーライターの橋本麻里。4度の離婚歴があり、2人目の妻である谷川直子、3人目の妻である室井佑月はともに小説家。なお、室井との間に一子をもうけている。5人目の妻との間に男児2人。高橋源一郎 フレッシュアイペディアより)

105件中 21 - 30件表示

「高橋源一郎」のニューストピックワード