105件中 41 - 50件表示
  • 高橋源一郎

    高橋源一郎から見た佐伯一麦

    1984年に『虹の彼方へ(オーヴァー・ザ・レインボウ)』を、1985年に『すばらしい日本の戦争』に手を加えた『ジョン・レノン対火星人』を発表。『さようなら、ギャングたち』と合わせて3部作とした。1987年、ジェイ・マキナニーの『ブライト・ライツ、ビッグ・シティ』を翻訳、ベストセラーとなった。1988年、『優雅で感傷的な日本野球』により第1回三島由紀夫賞を受賞。高橋、小林恭二、佐伯一麦、島田雅彦、松浦理英子、山田詠美、吉本ばなな、井口時男、中沢新一、朝吹亮二、岩森道子、高瀬千図という候補総勢12人、小説・評論・詩歌の三方にわたる大混戦となったなか、選考委員の大江健三郎と江藤淳の2票を獲得して受賞した。この時の賞金100万円は全額、日本ダービーにつぎ込み、一瞬にして使い果たした。高橋源一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋源一郎

    高橋源一郎から見た鈴木志郎康

    広島県尾道市の母の実家に生まれる。1歳まで大阪の帝塚山の父の実家にておもに祖母の手で育てられた。尾道市立土堂小学校から世田谷区立船橋小学校を経て麻布中学校に入学。1964年、灘校に転入。このころ鮎川信夫、谷川雁、鈴木志郎康等の現代詩を読み、感銘を受ける。また灘中の同級生、竹信悦夫から多大な文学的影響を受けた。高校時代より無党派のデモに参加。1969年、東京大学を受験する予定だったが、東大入試の中止により京都大学を受験して失敗、横浜国立大学経済学部に入学、しかし大学紛争中のストライキでほとんど授業が行われず、活動家として街頭デモなどに参加する日々を送る。同年11月、学生運動に加わって凶器準備集合罪で逮捕・起訴され、東京拘置所で半年を過ごす。その体験が原因で一種の失語症となり、書くことや読むことが思うようにいかなくなる。横浜国立大学は除籍となった。高橋源一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋源一郎

    高橋源一郎から見た田中康夫

    1990年の『惑星P-13の秘密』以降は1997年の『ゴーストバスターズ』まで小説の発表がなく、エッセイ、時評などを中心に執筆した。1991年、湾岸戦争への自衛隊派遣に抗議し、柄谷行人、中上健次、津島佑子、田中康夫らとともに声明を発表した。高橋源一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋源一郎

    高橋源一郎から見たラドヤード・キプリング

    ラドヤード・キプリング文、ジョン・ロウ絵『アルマジロがアルマジロになったわけ』(1998年、講談社「世界の絵本」)高橋源一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋源一郎

    高橋源一郎から見た谷川直子

    競馬評論家としても活動している。長女はフリーライターの橋本麻里。4度の離婚歴があり、2人目の妻である谷川直子、3人目の妻である室井佑月はともに小説家。なお、室井との間に一子をもうけている。5人目の妻との間に男児2人。高橋源一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋源一郎

    高橋源一郎から見た小林多喜二

    小林多喜二の『蟹工船』が2008年に再脚光を浴びたのは、同年1月9日に毎日新聞東京本社版の朝刊文化面に掲載された、高橋と雨宮処凛との対談がきっかけになったといわれる。高橋源一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋源一郎

    高橋源一郎から見た島田雅彦

    1984年に『虹の彼方へ(オーヴァー・ザ・レインボウ)』を、1985年に『すばらしい日本の戦争』に手を加えた『ジョン・レノン対火星人』を発表。『さようなら、ギャングたち』と合わせて3部作とした。1987年、ジェイ・マキナニーの『ブライト・ライツ、ビッグ・シティ』を翻訳、ベストセラーとなった。1988年、『優雅で感傷的な日本野球』により第1回三島由紀夫賞を受賞。高橋、小林恭二、佐伯一麦、島田雅彦、松浦理英子、山田詠美、吉本ばなな、井口時男、中沢新一、朝吹亮二、岩森道子、高瀬千図という候補総勢12人、小説・評論・詩歌の三方にわたる大混戦となったなか、選考委員の大江健三郎と江藤淳の2票を獲得して受賞した。この時の賞金100万円は全額、日本ダービーにつぎ込み、一瞬にして使い果たした。高橋源一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋源一郎

    高橋源一郎から見た東京優駿

    1984年に『虹の彼方へ(オーヴァー・ザ・レインボウ)』を、1985年に『すばらしい日本の戦争』に手を加えた『ジョン・レノン対火星人』を発表。『さようなら、ギャングたち』と合わせて3部作とした。1987年、ジェイ・マキナニーの『ブライト・ライツ、ビッグ・シティ』を翻訳、ベストセラーとなった。1988年、『優雅で感傷的な日本野球』により第1回三島由紀夫賞を受賞。高橋、小林恭二、佐伯一麦、島田雅彦、松浦理英子、山田詠美、吉本ばなな、井口時男、中沢新一、朝吹亮二、岩森道子、高瀬千図という候補総勢12人、小説・評論・詩歌の三方にわたる大混戦となったなか、選考委員の大江健三郎と江藤淳の2票を獲得して受賞した。この時の賞金100万円は全額、日本ダービーにつぎ込み、一瞬にして使い果たした。高橋源一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋源一郎

    高橋源一郎から見たスタジオパークからこんにちは

    スタジオパークからこんにちは(2010年8月27日、NHK総合)高橋源一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋源一郎

    高橋源一郎から見た自衛隊

    1990年の『惑星P-13の秘密』以降は1997年の『ゴーストバスターズ』まで小説の発表がなく、エッセイ、時評などを中心に執筆した。1991年、湾岸戦争への自衛隊派遣に抗議し、柄谷行人、中上健次、津島佑子、田中康夫らとともに声明を発表した。高橋源一郎 フレッシュアイペディアより)

105件中 41 - 50件表示

「高橋源一郎」のニューストピックワード