105件中 51 - 60件表示
  • 高橋源一郎

    高橋源一郎から見た京都大学

    広島県尾道市の母の実家に生まれる。1歳まで大阪の帝塚山の父の実家にておもに祖母の手で育てられた。尾道市立土堂小学校から世田谷区立船橋小学校を経て麻布中学校に入学。1964年、灘校に転入。このころ鮎川信夫、谷川雁、鈴木志郎康等の現代詩を読み、感銘を受ける。また灘中の同級生、竹信悦夫から多大な文学的影響を受けた。高校時代より無党派のデモに参加。1969年、東京大学を受験する予定だったが、東大入試の中止により京都大学を受験して失敗、横浜国立大学経済学部に入学、しかし大学紛争中のストライキでほとんど授業が行われず、活動家として街頭デモなどに参加する日々を送る。同年11月、学生運動に加わって凶器準備集合罪で逮捕・起訴され、東京拘置所で半年を過ごす。その体験が原因で一種の失語症となり、書くことや読むことが思うようにいかなくなる。横浜国立大学は除籍となった。高橋源一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋源一郎

    高橋源一郎から見た東京大学

    広島県尾道市の母の実家に生まれる。1歳まで大阪の帝塚山の父の実家にておもに祖母の手で育てられた。尾道市立土堂小学校から世田谷区立船橋小学校を経て麻布中学校に入学。1964年、灘校に転入。このころ鮎川信夫、谷川雁、鈴木志郎康等の現代詩を読み、感銘を受ける。また灘中の同級生、竹信悦夫から多大な文学的影響を受けた。高校時代より無党派のデモに参加。1969年、東京大学を受験する予定だったが、東大入試の中止により京都大学を受験して失敗、横浜国立大学経済学部に入学、しかし大学紛争中のストライキでほとんど授業が行われず、活動家として街頭デモなどに参加する日々を送る。同年11月、学生運動に加わって凶器準備集合罪で逮捕・起訴され、東京拘置所で半年を過ごす。その体験が原因で一種の失語症となり、書くことや読むことが思うようにいかなくなる。横浜国立大学は除籍となった。高橋源一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋源一郎

    高橋源一郎から見た竹信悦夫

    広島県尾道市の母の実家に生まれる。1歳まで大阪の帝塚山の父の実家にておもに祖母の手で育てられた。尾道市立土堂小学校から世田谷区立船橋小学校を経て麻布中学校に入学。1964年、灘校に転入。このころ鮎川信夫、谷川雁、鈴木志郎康等の現代詩を読み、感銘を受ける。また灘中の同級生、竹信悦夫から多大な文学的影響を受けた。高校時代より無党派のデモに参加。1969年、東京大学を受験する予定だったが、東大入試の中止により京都大学を受験して失敗、横浜国立大学経済学部に入学、しかし大学紛争中のストライキでほとんど授業が行われず、活動家として街頭デモなどに参加する日々を送る。同年11月、学生運動に加わって凶器準備集合罪で逮捕・起訴され、東京拘置所で半年を過ごす。その体験が原因で一種の失語症となり、書くことや読むことが思うようにいかなくなる。横浜国立大学は除籍となった。高橋源一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋源一郎

    高橋源一郎から見たBSフジ

    なお、レギュラーとして出演していた『DREAM競馬』については、2007年2月11日の放送を最後に藤城真木子ともども降板したが、それから半年後の8月12日の放送は、同年で唯一BSフジにおいて全国放送されることもあり、この日限りながら復活出演となった(降板時はTNCローカル放送だったため、TNC以外の視聴者には降板挨拶がなされなかった)。高橋源一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋源一郎

    高橋源一郎から見たNHKラジオ第1放送

    すっぴん!(2012年4月- NHKラジオ第1放送 金曜日パーソナリティ)高橋源一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋源一郎

    高橋源一郎から見た日本放送協会

    スタジオパークからこんにちは(2010年8月27日、NHK総合高橋源一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋源一郎

    高橋源一郎から見たロッキング・オン

    『沈む日本を愛せますか?』『どんどん沈む日本をそれでも愛せますか?』(内田樹共著、2010・12年、ロッキング・オン高橋源一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋源一郎

    高橋源一郎から見た競馬

    競馬評論家としても活動している。長女はフリーライターの橋本麻里。4度の離婚歴があり、2人目の妻である谷川直子、3人目の妻である室井佑月はともに小説家。なお、室井との間に一子をもうけている。5人目の妻との間に男児2人。高橋源一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋源一郎

    高橋源一郎から見た日本文学盛衰史

    1997年より『群像』に『日本文学盛衰史』の連載を開始し、2001年に刊行。近代文学が成立していく過程での明治期の文学者たちの苦悩を、テレクラやアダルトビデオといった現代風俗のなかに再現し、翌年伊藤整文学賞を受賞した。この作品は賛否がかまびすしく、同賞の受賞は津島佑子の強い推薦によるものである。『日本文学盛衰史』以降は『官能小説家』『君が代は千代に八千代に』『ミヤザワケンジ・グレーテスト・ヒッツ』と、それまでに比して小説の発表が増えている。2005年、明治学院大学国際学部教授に就任。高橋源一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋源一郎

    高橋源一郎から見たさようなら、ギャングたち

    1972年、土木作業のアルバイトを始め、鉄工所や化学工場、土建会社などを10年ほど転々とした。この頃に競馬に興味を持つようになる。1979年より失語症のリハビリテーションとして小説を書きはじめ、1980年に『すばらしい日本の戦争』で群像新人文学賞に応募、最終選考まで残るものの、瀬戸内寂聴を除く全選考委員から酷評され落選。このときに担当した編集者に勧められて長編小説の執筆を開始し、1981年に『さようなら、ギャングたち』で群像新人長編小説賞へ応募、優秀作と評価されデビューを飾る。この『さようなら、ギャングたち』は蓮實重彦や吉本隆明などからの絶賛を受けた。1982年、同作品でデビュー。高橋源一郎 フレッシュアイペディアより)

105件中 51 - 60件表示

「高橋源一郎」のニューストピックワード