127件中 61 - 70件表示
  • 高橋源一郎

    高橋源一郎から見た灘中学校・高等学校

    広島県尾道市の母の実家に生まれる。1歳まで大阪の帝塚山の父の実家にておもに祖母の手で育てられた。尾道市立土堂小学校在学時に自転車屋が廃業。また父の経営していた鉄工所が倒産。1959年、東京の大泉学園に移り住む。練馬区立大泉東小学校に入学するも、尾道に戻り土堂小学校に転校し直す。1960年、東京の千歳船橋に移り住む。世田谷区立船橋小学校に転校。1963年4月、麻布中学校に入学。1964年1月、灘中学校に転入。このころ鮎川信夫、谷川雁、鈴木志郎康等の現代詩を読み、感銘を受ける。同級生の竹信悦夫から多大な影響を受けた。1966年4月、灘高校に入学。高校時代より無党派のデモに参加。高橋源一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋源一郎

    高橋源一郎から見たさようなら、ギャングたち

    1979年1月8日放送の「松山千春のオールナイトニッポン」(ゲスト:中島みゆき、さだまさし)に触発され、文章を書くことを再開する。1980年、『すばらしい日本の戦争』を第24回群像新人文学賞に応募。翌年1981年、最終候補作3編のうちの1作に選ばれるが落選。『群像』6月号に掲載された選評では、瀬戸内寂聴を除く全選考委員から酷評される。このときに担当した編集者に勧められて長編小説の執筆を開始し、『さようなら、ギャングたち』を第4回群像新人長編小説賞へ応募。この年、本賞受賞作はなく、優秀作に選ばれて1981年12月号に掲載され、『海燕』1982年3月号において吉本隆明から高評価を受け、1982年10月に講談社より刊行された。高橋源一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋源一郎

    高橋源一郎から見た教授

    高橋 源一郎(たかはし げんいちろう、1951年1月1日 - )は、日本の小説家、文学者、文芸評論家。明治学院大学教授高橋源一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋源一郎

    高橋源一郎から見たミヤザワケンジ・グレーテストヒッツ

    1997年より『群像』に『日本文学盛衰史』の連載を開始し、2001年に刊行。翌年伊藤整文学賞を受賞した。『日本文学盛衰史』以降は『官能小説家』『ミヤザワケンジ・グレーテストヒッツ』など文学者を題材にした小説を多く発表。2005年、明治学院大学国際学部教授に就任。親交のある批評家、加藤典洋から「言語表現法」講義の担当を受け渡された。高橋源一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋源一郎

    高橋源一郎から見た明治学院大学

    高橋 源一郎(たかはし げんいちろう、1951年1月1日 - )は、日本の小説家、文学者、文芸評論家。明治学院大学教授。高橋源一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋源一郎

    高橋源一郎から見たジョン・レノン対火星人

    1984年8月、『虹の彼方に(オーヴァー・ザ・レインボウ)』を中央公論社より刊行。1985年1月、『すばらしい日本の戦争』に手を加えた『ジョン・レノン対火星人』を角川書店より刊行し、『さようなら、ギャングたち』と合わせて初期三部作とする。1986年、山川直人監督の映画『ビリィ★ザ★キッドの新しい夜明け』の原案を担当。1987年、ジェイ・マキナニーの『ブライト・ライツ、ビッグ・シティ』を翻訳、ベストセラーとなった。1988年、『優雅で感傷的な日本野球』により第1回三島由紀夫賞を受賞高橋源一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋源一郎

    高橋源一郎から見たDREAM競馬

    1990年代よりテレビの競馬関連の番組にも進出。『スポーツうるぐす』(日本テレビ)では、司会の江川卓と予想対決を繰り広げたほか、『ドリーム競馬 KOKURA』(テレビ西日本制作分)ではゲストとして度々出演。盟友だった佐藤征一アナウンサーが定年の関係もあって番組の表から遠ざかった後は、コメンテーター的司会として毎回出演するようになったが、2007年2月11日の放送を最後に藤城真木子ともども降板した。高橋源一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋源一郎

    高橋源一郎から見た群像

    1979年1月8日放送の「松山千春のオールナイトニッポン」(ゲスト:中島みゆき、さだまさし)に触発され、文章を書くことを再開する。1980年、『すばらしい日本の戦争』を第24回群像新人文学賞に応募。翌年1981年、最終候補作3編のうちの1作に選ばれるが落選。『群像』6月号に掲載された選評では、瀬戸内寂聴を除く全選考委員から酷評される。このときに担当した編集者に勧められて長編小説の執筆を開始し、『さようなら、ギャングたち』を第4回群像新人長編小説賞へ応募。この年、本賞受賞作はなく、優秀作に選ばれて1981年12月号に掲載され、『海燕』1982年3月号において吉本隆明から高評価を受け、1982年10月に講談社より刊行された。高橋源一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋源一郎

    高橋源一郎から見た弥生賞

    1972年夏、土木作業のアルバイトを始め、鉄工所や化学工場、土建会社などの肉体労働に10年ほど従事する日々を送る。1977年3月、大学を除籍になる。除籍になった頃にハイセイコーの弥生賞を偶然テレビで見たことで競馬にハマる。高橋源一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋源一郎

    高橋源一郎から見た群像新人文学賞

    1979年1月8日放送の「松山千春のオールナイトニッポン」(ゲスト:中島みゆき、さだまさし)に触発され、文章を書くことを再開する。1980年、『すばらしい日本の戦争』を第24回群像新人文学賞に応募。翌年1981年、最終候補作3編のうちの1作に選ばれるが落選。『群像』6月号に掲載された選評では、瀬戸内寂聴を除く全選考委員から酷評される。このときに担当した編集者に勧められて長編小説の執筆を開始し、『さようなら、ギャングたち』を第4回群像新人長編小説賞へ応募。この年、本賞受賞作はなく、優秀作に選ばれて1981年12月号に掲載され、『海燕』1982年3月号において吉本隆明から高評価を受け、1982年10月に講談社より刊行された。高橋源一郎 フレッシュアイペディアより)

127件中 61 - 70件表示

「高橋源一郎」のニューストピックワード

  • 60年安保闘争

  • 安保闘争60周年記念講演会

  • トミカ50周年コラボプロジェクト(https://t.co/bQbAY1aaeB)