前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
156件中 1 - 10件表示
  • 川上憲伸

    川上憲伸から見た高橋由伸高橋由伸

    大学でもエースになると、4年時には主将として活躍。大学3年時の(1996年)東京六大学野球秋季リーグ優勝(全勝優勝)に貢献した。慶應義塾大学の高橋由伸とは同期のライバルとして好勝負を繰り広げた。リーグ通算57試合登板、28勝15敗、防御率2.14、311奪三振。ベストナイン3回。川上憲伸 フレッシュアイペディアより)

  • 慶應義塾体育会野球部

    慶應義塾体育会野球部から見た高橋由伸高橋由伸

    この快挙で完全に息を吹き返した慶應は、前田の指導のもと選手たちがのびのびとプレーし、数々の偉業を打ち立ててきた。1987年には、24年ぶりに全日本大学野球選手権大会を制した。この年の主将・猿田和三、エース・鈴木哲は共に2年浪人して慶大に入学。「2浪組」が活躍する慶応らしい日本一だった。通算31勝を挙げた志村、リーグ屈指の右腕・鈴木哲、三冠王・大森剛らが神宮のみならず大学球界を代表する名選手として大暴れした。1990年春には慶早戦史上に残る12年ぶりの「早慶V決戦」を展開。優勝こそ逃したが、NHKが急遽全試合をテレビ中継し、3回戦はスタンドに入れなかった学生2万人が球場の外を囲み、急きょ設置されたテレビモニターで観戦する事態となった。1991年には小桧山雅仁・大久保秀昭のバッテリーで19年ぶりの春秋連覇を達成した。1994年に前田から後藤に監督が引き継がれてからも次々と好選手が現れ、1994年秋季には丸山泰令がチーム戦後4人目となる三冠王を獲得、1996年春季には高橋由伸も三冠を達成した。高橋は翌1997年に法政・田淵幸一の記録を29年ぶりに破る通算23号本塁打を放ち、春季リーグ戦では5年ぶりのリーグ優勝に導いた。慶應義塾体育会野球部 フレッシュアイペディアより)

  • 小久保裕紀

    小久保裕紀から見た高橋由伸高橋由伸

    、故障箇所にサポート器具を装具、膝関節も曲がりきらないというシーズンを迎えるが、3番・三塁手で開幕出場すると、翌試合に福原忍から東京ドームのライトスタンド中段へ移籍後初安打・初本塁打を記録。その後は成績が上がらない状態になる。しかし徐々に膝への不安が減り、5月には負担の少ないすり足打法から元の一本足打法に戻すと、本塁打を量産。前半戦最後の3連戦で4本塁打を放つなど活躍し、7月度の月間MVPに輝いた。シーズン後半にはアテネ五輪で離脱した高橋由伸に代わって巨人軍第69代4番に座り、長嶋茂雄、原辰徳、落合博満、清原和博らも達成できなかった巨人の右打者としては史上初のシーズン40本塁打以上(41本塁打)を達成。アレックス・ラミレスが後に記録するも2011年終了時点で、いまだに日本人での巨人右打者40本塁打以上は小久保のみである。打率では、自己新の.314を記録した。小久保裕紀 フレッシュアイペディアより)

  • 小野寺麻衣

    小野寺麻衣から見た高橋由伸高橋由伸

    2006年1月、読売ジャイアンツの高橋由伸と結婚。小野寺麻衣 フレッシュアイペディアより)

  • 坪井智哉

    坪井智哉から見た高橋由伸高橋由伸

    、阪神の春季キャンプでルーキーは2軍に割り振られるのが通例なのだが、1月28日の1・2軍振り分けで新人選手の中で唯一の1軍に振り分けられる。キャンプ・オープン戦で結果を残して開幕1軍を勝ち取ったが、開幕の外野陣は左翼パウエル・中堅新庄剛志・右翼桧山進次郎だった。4・5月は主に代打で出場してスタメン出場は限られていたが、6月頃から外野陣(パウエル・新庄・桧山)が不振になり、1番ライト(もしくはレフト)でスタメン出場するようになる。7月4日の広島東洋カープ戦で、1回表に紀藤真琴から左中間へプロ初本塁打となる初回先頭打者ランニングホームランを放つ。プロ初本塁打がランニング本塁打というのは史上3人目だが、初回先頭打者ランニングホームランは史上5人目の記録で新人では初の快挙であった。オールスター前には1番ライトのポジションを獲得する。8月27日に規定打席に到達して打率.318で3位に食い込んだ。9月になると更に打率を上げ、坪井を含めた首位打者争いが熾烈になり、横浜の鈴木尚典、広島の前田智徳、阪神の坪井の3人が打率.330近くを記録する熾烈な争いになる。結局、首位打者は打率.337を記録した鈴木尚典で2年連続の首位打者となり、前田智徳は打率.335で2位、坪井は打率.327でセ・リーグ3位の打率を記録した。この年に記録した135安打は、1948年に後藤次男が記録した129安打を更新する球団史上新人最多安打記録である。新人で打率.327という記録は1950年以降に始まったセ・パ両リーグの2リーグ制分立後の新人最高打率である。更にこの年、両リーグで規定打席到達者は71人いたが坪井のみ併殺打0であった。(1リーグ時代を含めると、新人最高打率は1946年に.341を記録したグレートリングの田川豊であるが打率は2位で、新人で首位打者を獲得した選手は現在もいない)。この年は坪井以外にも川上憲伸(中日ドラゴンズ)・高橋由伸(読売ジャイアンツ)・小林幹英(現・広島東洋カープ二軍投手コーチ)と近年稀に見る新人豊作年だった。最優秀新人は川上憲伸に譲ったが、川上以外の3人は新人賞に値する活躍をしたと認められ、高橋由伸・小林幹英とともに連盟の特別表彰を受けた。坪井智哉 フレッシュアイペディアより)

  • 矢野謙次

    矢野謙次から見た高橋由伸高橋由伸

    2006年は、4月終了時点でセ・リーグの打率ランキングで2位に付け、秋季キャンプで課題となっていたスローイングも補正され、ランナーを刺す場面も多くなり、とくに高橋由伸のセンターコンバートで空いた右翼手の守備に適性を見せる。6月12日に左足小指の骨折が判明し、登録を抹消される。7月11日の札幌ドーム対横浜ベイスターズ戦で1軍復帰スタメン出場。7月16日の対東京ヤクルトスワローズ戦で高津臣吾から決勝点となるシーズン第6号ホームランを放ち、試合後のお立ち台では「この勢いで甲子園(対阪神タイガース3連戦)でも3つ取って来ます!」と話した(なお、同3連戦の結果は雨天中止・雨天中止・敗戦だった)。その後は故障の影響などもあり徐々に成績が下降したが、11盗塁、18二塁打と機動力がある事もアピールした。シーズン終了後には秋季キャンプを辞退し、ボルト除去手術を受けた。矢野謙次 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木尚広

    鈴木尚広から見た高橋由伸高橋由伸

    2006年、ジャイアンツ一筋でプロ10年目を迎えた。この年から原が監督に復帰し、走力を重視する方針を採ったため外野のレギュラー争いで優位な立場となった。シーズン当初は代走での登場が多かったが、レギュラー中堅手だった高橋由伸の離脱後はスタメンで出場。シーズン後半からは監督の起用方針もあり、2番打者としてルーキー脇谷亮太と共に走力重視の1・2番を形成する。チームトップで自己最高(当時)の25盗塁をマークし、盗塁成功率も.862と走塁面では好成績を残した。またオフに行われた日米野球の試合で2安打1盗塁をマーク、単打と思われた当たりを快足を飛ばし二塁打にするなど活躍。米国人記者から「同じ鈴木だし、イチローの親戚か?」とのジョークも飛んだ。一方で課題である打撃面の改善が見られず、特に左投手との対戦成績が悪かった。その打開策として本来の利き手側である右打席で打撃を行うように原監督より通達され、異例のシーズン中のスイッチヒッター転向を試みることとなった。8月15日の試合でプロ入り後初めての右打席で押し出しの四球を選び大量得点の一翼を担った。最終的に打撃面は.241と低調な成績に終ったが、シーズン終盤には右打席にも慣れ、左打席.245、右打席.236と左右でほぼ変わらない成績を残した。12月11日に行われた契約更改にて、チーム全体で厳冬更改となる中、400万円増の2800万円で更改。同時に背番号が「12」に変更されることが決まった。『柴田勲が7番を付ける前に付けていた、盗塁王を3度記録した番号』という意味づけである。2005年も契約更改の場で「背番号2(この年引退した元木大介、かつての巨人の1番打者・松本匡史が着けていた背番号)を背負いたい」と直訴したが、時期尚早と判断され、背番号2は移籍してきた小坂誠に与えられた。鈴木尚広 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井義行

    亀井義行から見た高橋由伸高橋由伸

    は谷佳知の不振により開幕6試合目にスタメンに起用されると、1番・高橋由伸、3番・小笠原道大と共に球団9年ぶりとなる3者連続本塁打を放ち、チームのシーズン初勝利に貢献した。5月からは1番打者に定着したが、5月26日の日本ハム戦で、右足関節を捻挫。7月25日に一軍復帰するが、谷との併用が続いた。中日ドラゴンズとのクライマックスシリーズでは第1戦で負傷した鈴木尚広に代わり第2戦から1番でスタメン出場。14打数7安打1打点の活躍で日本シリーズ出場に貢献。日本シリーズにも出場し、最終戦では5番を打った。亀井義行 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の野球

    2007年の野球から見た高橋由伸高橋由伸

    全日本野球会議が、第24回アジア野球選手権大会兼北京オリンピック野球競技アジア地区予選の第1次日本代表候補選手60人を発表。社会人、大学生からの候補選出はなく、すべてプロ選手からの選出となった。候補となったのは以下の60人。投手(29人)?ダルビッシュ有、武田久、八木智哉、MICHEAL(以上日本ハム)、西口文也、小野寺力、涌井秀章(以上西武)、馬原孝浩、新垣渚、和田毅、杉内俊哉(以上ソフトバンク)、薮田安彦、渡辺俊介、小林宏之(以上ロッテ)、田中将大、青山浩二(以上楽天)、川上憲伸、岡本真也、岩瀬仁紀(以上中日)、藤川球児(阪神)、林昌範、上原浩治、高橋尚成、内海哲也、金刃憲人(以上巨人)、黒田博樹、大竹寛(以上広島)、那須野巧、木塚敦志(以上横浜)。捕手(5人)?里崎智也(ロッテ)、谷繁元信(中日)、矢野燿大(阪神)、阿部慎之助(読売)、相川亮二(横浜)。内野手(15人)?中島裕之(西武)、松中信彦(ソフトバンク)、TSUYOSHI、今江敏晃(以上ロッテ)、北川博敏(オリックス)、荒木雅博、井端弘和(以上中日)、鳥谷敬、今岡誠(以上阪神)、宮本慎也(ヤクルト)、小笠原道大、二岡智宏(以上巨人)、梵英心、新井貴浩(以上広島)、村田修一(横浜)。外野手(11人)?稲葉篤紀(日本ハム)、和田一浩(西武)、多村仁、大村直之(以上ソフトバンク)、村松有人(オリックス)、礒部公一、鉄平(以上楽天)、福留孝介(中日)、青木宣親(ヤクルト)、谷佳知、高橋由伸(以上巨人)。2007年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部慎之助

    阿部慎之助から見た高橋由伸高橋由伸

    、127試合に出場し、巨人軍としては1987年の山倉和博以来の捕手による規定打席に到達、ベストナインとゴールデングラブ賞を獲得する。シーズン後半から高橋由伸の故障に伴い3番打者に起用され、8月の3度を含む4度のサヨナラ打を記録。このことから『サヨナラ慎ちゃん』と呼ばれるようになった。阿部慎之助 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
156件中 1 - 10件表示

「高橋由伸」のニューストピックワード