前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
220件中 1 - 10件表示
  • 読売ジャイアンツ

    読売ジャイアンツから見た高橋由伸高橋由伸

    読売ジャイアンツ(よみうりジャイアンツ、英:Yomiuri Giants、読売巨人軍)は、日本のプロ野球球団。セントラル・リーグに所属しており、日本に現存する12球団の中で最も歴史が長いプロ野球球団でもある。現在の監督は高橋由伸(第18代)、キャプテンは坂本勇人(第19代)。読売ジャイアンツ フレッシュアイペディアより)

  • 川上憲伸

    川上憲伸から見た高橋由伸高橋由伸

    大学でもエースになると、4年時には主将として活躍。大学3年時の(1996年)東京六大学野球秋季リーグ優勝(全勝優勝)に貢献した。慶應義塾大学の高橋由伸とは同期のライバルとして好勝負を繰り広げた。リーグ通算57試合登板、28勝15敗、防御率2.14、311奪三振。ベストナイン3回。川上憲伸 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の日本プロ野球

    2006年の日本プロ野球から見た高橋由伸高橋由伸

    1月30日 - 読売ジャイアンツの高橋由伸が、日本テレビの小野寺麻衣アナウンサーとの結婚を発表。また、阪神タイガースの鳥谷敬もこの日結婚を発表。2006年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 小久保裕紀

    小久保裕紀から見た高橋由伸高橋由伸

    一方、巨人としては、松井秀喜がメジャーリーグに移籍して以来、長距離打者に恵まれていなかったことから、右打者の松井と評されるほどに期待されており、、故障箇所にサポート器具を装具、膝関節も曲がりきらないというシーズンを迎えるが、3番・三塁手で阪神との開幕戦に出場すると、翌試合に福原忍から東京ドームのライトスタンド中段へ移籍後初安打・初本塁打を記録。その後はなかなか成績が上がらない中、徐々に膝への不安が減り、5月には負担の少ないすり足打法から元の一本足打法に戻して本塁打を量産する。前半戦最後の3連戦で4本塁打を放つなど活躍し、7月度の月間MVPに輝いた。シーズン後半にはアテネ五輪で離脱した高橋由伸に代わって巨人軍第69代4番に座り、長嶋茂雄、原辰徳、落合博満、清原和博らも達成できなかった巨人の右打者としては史上初のシーズン40本塁打以上(41本塁打)を達成。アレックス・ラミレスが後に記録するも2014年終了時点で、いまだに日本人での巨人右打者40本塁打以上は小久保のみである。打率は自己最高の.314を記録した。小久保裕紀 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木尚広

    鈴木尚広から見た高橋由伸高橋由伸

    、原が監督に復帰し、走力を重視する方針を採ったため外野のレギュラー争いで優位な立場となった。シーズン当初は代走での登場が多かったが、レギュラー中堅手だった高橋由伸の離脱後はスタメンで出場。シーズン後半からは監督の起用方針もあり、2番打者として新人の脇谷亮太と共に走力重視の1・2番を形成する。チームトップで自己最高(当時)の25盗塁を記録し、盗塁成功率も.862と走塁面では好成績を残した。またオフに行われた日米野球の試合で2安打1盗塁をマーク、単打と思われた当たりを快足を飛ばし二塁打にするなど活躍。米国人記者から「同じ鈴木だし、イチローの親戚か?」とのジョークも飛んだ。一方で課題である打撃面の改善が見られず、特に左投手との対戦成績が悪かった。その打開策として本来の利き手側である右打席で打撃を行うように原監督より通達され、異例のシーズン中のスイッチヒッター転向を試みることとなった。8月15日の試合でプロ入り後初めての右打席で押し出しの四球を選び大量得点の一翼を担った。最終的に打撃面は.241と低調な成績に終ったが、シーズン終盤には右打席にも慣れ、左打席.245、右打席.236と左右でほぼ変わらない成績を残した。12月11日に行われた契約更改にて、チーム全体で厳冬更改となる中、400万円増の2800万円で更改。同時に背番号が「12」に変更されることが決まった。『柴田勲が7番を付ける前に付けていた、盗塁王を3度記録した番号』という意味づけである。2005年も契約更改の場で「背番号2(この年引退した元木大介、かつての巨人の1番打者・松本匡史が着けていた背番号)を背負いたい」と直訴したが、時期尚早と判断され、背番号2は移籍してきた小坂誠に与えられた。鈴木尚広 フレッシュアイペディアより)

  • ヴィーナス (マスコットガール)

    ヴィーナス (マスコットガール)から見た高橋由伸高橋由伸

    浪漫飛行(高橋由伸) 計屋晴香、三品優李ヴィーナス (マスコットガール) フレッシュアイペディアより)

  • 1998年の読売ジャイアンツ

    1998年の読売ジャイアンツから見た高橋由伸高橋由伸

    前年優勝のヤクルトとの開幕3連戦で3連勝するなど、開幕5連勝から始まり、開幕ダッシュが期待されたが、4月後半に3連敗と4連敗をし、開幕ダッシュには失敗した。それでもじりじりと貯金を溜め、首位横浜の射程圏に付けていたが、7月の横浜が勝率7割以上であるのに対し、巨人は勝率3割台に沈んだため、一気に離され、その差を詰めることが出来ずにシーズンを3位で終えた。また、このシーズンでは、ドラフト1位ルーキーの高橋が7月頃には5番に定着し、3番松井・4番清原とのクリーンアップトリオが「MKT砲」と呼ばれ始め、ガルベスが7月31日の対阪神戦(甲子園)で乱闘事件を起こし、セ・リーグから「1998年シーズン残りの出場停止」という処分が下された。1998年の読売ジャイアンツ フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の読売ジャイアンツ

    2006年の読売ジャイアンツから見た高橋由伸高橋由伸

    シーズン序盤は4月に貯金12を重ねて開幕ダッシュに成功したが、交流戦中に高橋由・小久保・阿部ら主力選手が負傷して欠場すると、得点力が著しく低下し、6月に19敗(球団月間最多敗記録)、7月も14敗し、8月4日には最下位に転落して、優勝争いから完全に脱落した。その後、チーム状態をやや建て直し、最下位は免れたが、球団史上初の2年連続Bクラス、4位に終わった。2006年の読売ジャイアンツ フレッシュアイペディアより)

  • 2016年の読売ジャイアンツ

    2016年の読売ジャイアンツから見た高橋由伸高橋由伸

    この年の読売ジャイアンツは、高橋由伸監督の1年目のシーズンである。2016年の読売ジャイアンツ フレッシュアイペディアより)

  • 2012年の日本プロ野球

    2012年の日本プロ野球から見た高橋由伸高橋由伸

    読売ジャイアンツの高橋由伸が対阪神戦でプロ野球史上175人目の通算1500試合出場。2012年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
220件中 1 - 10件表示

「高橋由伸」のニューストピックワード

  • 食べ物も美味しいし、何より観客の情熱にやりがいを感じる

  • 今の自分がトータルで一番好き

  • 7.2 新しい別の窓 #10 元日SP