156件中 91 - 100件表示
  • 仁志敏久

    仁志敏久から見た高橋由伸高橋由伸

    年齢を重ねるにつれ、「ファン重視」の提言を続けている。ファンサービスやファン層拡大の構想を雑誌などに掲載するなど、球界改革に力を入れている一人。週刊ベースボールでコラムを執筆していた2001年、一時の人気衰退から地域密着型の方針を打ち出したことで徐々に人気が回復した日本プロサッカーリーグとの共存を考え、サッカー選手との交流、ファンからのアンケート葉書を募るアイデアの提唱など、「選手の立場から」具体的な提案を打ち出している。「球団合併騒動」の12球団共同署名活動では高橋由伸、上原浩治とともに多大な貢献をした一人である。仁志敏久 フレッシュアイペディアより)

  • 谷佳知

    谷佳知から見た高橋由伸高橋由伸

    、東京ヤクルトスワローズから左翼手のアレックス・ラミレスが加入したため、中堅手へ再コンバートされる。守備の負担が多くなったためか打撃不振に陥り、オープン戦から打撃好調の亀井義行らにレギュラーを奪われるものの、代打で起用されるうちに徐々に本来の打撃を取り戻した。高橋由伸や亀井の怪我による離脱後はスタメンに復帰し、安定した成績を残している。終盤は亀井と右翼手で併用されることが多かった。6月3日の古巣・オリックス戦では、9回表に加藤大輔から本塁打を放った事で、13球団から本塁打の記録を達成した。谷佳知 フレッシュアイペディアより)

  • 横山竜士

    横山竜士から見た高橋由伸高橋由伸

    かつてはストレート中心で投げ込み巨人戦で松井秀喜と清原和博を連続三振した際清原に吠えたが清原に「なんやぁ!?」と言われて睨み付けられた、直後次のバッター高橋由伸にホームランを打たれた。横山竜士 フレッシュアイペディアより)

  • ランディ・メッセンジャー

    ランディ・メッセンジャーから見た高橋由伸高橋由伸

    初奪三振:2010年4月8日、対読売ジャイアンツ3回戦(阪神甲子園球場)、9回表に高橋由伸からランディ・メッセンジャー フレッシュアイペディアより)

  • 安藤優也

    安藤優也から見た高橋由伸高橋由伸

    大分県大分市出身。小・中学校の後輩に鉄平がいる。大分雄城台高校時代は県大会ベスト8が最高成績で、比較的無名の存在だった。法政大学に進学後は2年時に慶應義塾大学の高橋由伸にそれまで田淵幸一が持っていた東京六大学リーグ通算本塁打記録を破る23本目の本塁打を打たれ、右肩の故障などもあって大学通算7勝4敗の成績だった。安藤優也 フレッシュアイペディアより)

  • 中井大介

    中井大介から見た高橋由伸高橋由伸

    から坂本勇人の背番号を61を継承し、登録も内野手に変更。1月には高橋由伸の合同自主トレに参加。春季キャンプでは一軍に入り、新人の大田泰示と競わされた。開幕一軍はならなかったが、5月12日に一軍初昇格。同日の横浜戦に「8番二塁」でスタメン出場し、プロ入り初出場を記録。球団史上初の平成生まれの一軍出場選手となった。しかし、3打数3三振と結果を残せず二軍降格。6月8日に再昇格すると、同日の楽天戦に「8番三塁」として出場しプロ入り初安打。9月11日の広島戦ではマツダスタジアムのバックスクリーン右へ「平成生まれの選手初ホームラン」を放った。中井大介 フレッシュアイペディアより)

  • 森健次郎

    森健次郎から見た高橋由伸高橋由伸

    2007年の巨人?横浜の開幕戦では球審を担当。高橋由伸のセントラルリーグ史上初、衆樹資宏以来史上2人目の「開幕戦初球先頭打者ホームラン」を見届けた格好となった。森健次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 大引啓次

    大引啓次から見た高橋由伸高橋由伸

    法政大学(法学部政治学科)進学後は、1年の東京六大学野球春季リーグ開幕戦で九番・三塁手としてデビュー。以後不動のレギュラーとして活躍し、3年時の秋季リーグでは同校5年ぶりとなる優勝、4年時には主将となり春季リーグで2季連続優勝を達成した。主将として「法大史上最高の主将」「学生野球の鑑」と他大学からも称賛された。大学では首位打者を2度、最多打点と最多盗塁を1度ずつ記録し、ベストナインには5度選出され、小早川毅彦が作ったチーム最多安打記録(114)を更新し、慶應義塾大学の高橋由伸を抜いてリーグ歴代単独4位となる通算121安打を記録した。大引啓次 フレッシュアイペディアより)

  • 桐蔭学園中学校・高等学校

    桐蔭学園中学校・高等学校から見た高橋由伸高橋由伸

    高等学校に1966年設置。1971年(昭和46年)、第53回全国高等学校野球選手権大会に初出場で初優勝を成す。この時を含めて甲子園出場は春5回、夏6回を数える。プロ野球選手も多数輩出しており、引退した選手では、高校卒業後の入団の、長内孝(広島)、渋井敬一(ヤクルト)、水上善雄(ロッテ)、大学や社会人を経ての入団の、小桧山雅仁(横浜)、高木大成(西武)、副島孔太(ヤクルト→オリックス)等がいる。現役では、高橋由伸(巨人)、平野恵一(阪神)等がいる。高木、副島、高橋は同時期に在籍していた。硬式野球部では全寮制を敷いており、部員は全員鉄町の敷地内の寮で生活を送っている。桐蔭学園中学校・高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • ササキ様に願いを

    ササキ様に願いをから見た高橋由伸高橋由伸

    飄々とした態度が特徴で、佐々木からは良く思われていないが、それでも冷静に対処する。1998年のオールスターで高橋由伸の挑戦を受けた際も、無言で格の違いを見せつけていた。ササキ様に願いを フレッシュアイペディアより)

156件中 91 - 100件表示

「高橋由伸」のニューストピックワード