220件中 91 - 100件表示
  • 立浪和義

    立浪和義から見た高橋由伸高橋由伸

    内野のポジションに久慈照嘉と李鍾範が加入したこともあり左翼手に転向、外野守備コーチに就任間もない二宮至の特訓を受ける。広島市民球場での開幕戦に3番・左翼手で出場し4打数無安打。5月26日、星野監督の故郷・倉敷マスカットスタジアムでの阪神戦で川尻哲郎・矢野輝弘のバッテリーにノーヒットノーランを喫した際もフルイニング出場していた。同年6月13日の横浜戦では戸叶尚からナゴヤドーム初の満塁本塁打を放った。また、ナゴヤドームで第1戦が開催された同年のオールスターゲームに松井、新人の高橋由伸と共に外野手部門でファン投票選出された。外野手部門での選出であったが、ナゴヤドームで開催の第1戦は全セの指揮官のヤクルト監督野村克也に9番・二塁手で先発起用された。結果として、この年は李鍾範の故障があり左翼手だけでなく二塁手を務めることも多かった。立浪和義 フレッシュアイペディアより)

  • ダイハツ・アトレー

    ダイハツ・アトレーから見た高橋由伸高橋由伸

    7月 - 普通車登録の「アトレー7」の発売を記念し、読売ジャイアンツ公認の特別仕様車「アトレーワゴン 高橋由伸バーション」を発売。電話・インターネットによる事前受付を行い、8月4日に抽選で50名に成約を行う特殊な販売方法を行った。ダイハツ・アトレー フレッシュアイペディアより)

  • 清水隆行

    清水隆行から見た高橋由伸高橋由伸

    ''、当時監督だった長嶋茂雄の「バントと併殺が少ない攻撃型の2番打者」という構想から2番打者としての起用がメインになる。1番仁志・2番清水という長らくチームを支える上位打線を形成し、2年連続で打率3割を記録。またこの年は高橋由伸が入団し、中堅手の松井とともに不動の外野布陣の一員となる。清水隆行 フレッシュアイペディアより)

  • 胡口和雄

    胡口和雄から見た高橋由伸高橋由伸

    胡口和雄のパーティーには松井秀喜、長嶋茂雄、原辰徳、高橋由伸などが出席した過去があり、長嶋茂雄はこのパーティーを最後に倒れてしまったということである。胡口和雄 フレッシュアイペディアより)

  • 2015年の日本プロ野球

    2015年の日本プロ野球から見た高橋由伸高橋由伸

    読売ジャイアンツは、原辰徳前監督の後任に外野手兼一軍打撃コーチの高橋由伸の新監督就任を発表。なおこれに伴い、高橋由の2015年限りの現役引退も併せて発表。2015年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • デーブ・ヒルトン (野球)

    デーブ・ヒルトン (野球)から見た高橋由伸高橋由伸

    に春季キャンプでヤクルトスワローズのテストを受けて合格し、入団。主に1番を打ち、開幕から首位打者を争うほど高い打率を残し、ヤクルトの球団創設初優勝、そして日本一に貢献。初回先頭打者本塁打シーズン8本は2007年に高橋由伸が9本を記録するまで史上最多記録だった(右打者としては1986年の石毛宏典・1999年の緒方孝市と並び最多タイ記録)。デーブ・ヒルトン (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 4月3日

    4月3日から見た高橋由伸高橋由伸

    1975年 - 高橋由伸、プロ野球選手4月3日 フレッシュアイペディアより)

  • 遠山奬志

    遠山奬志から見た高橋由伸高橋由伸

    阪神復帰1年目のは、投手への再起のためシーズンの大半を二軍での練習などに費やした。は登録名を遠山 奬志に変更。新監督野村克也のもとでサイドスローへの転向、シュートを習得して復活し、主に左打者へのワンポイントリリーフとして活躍。野村阪神の左の中継ぎエースとなった。同年5月22日の対巨人戦(阪神甲子園球場)で、10年のブランクを経て勝利投手となり、当時史上最長ブランクでの勝利を記録した(2010年に大家友和が日本球界で16年振りの勝利を記録、大幅に更新された)。同年は当時巨人の松井秀喜を13打数無安打に抑え込み、6月13日の対巨人13回戦(甲子園)ではピンチで石井浩郎を敬遠してまで松井に勝負を挑み、三振に打ち取るなど「松井・高橋キラー」と呼ばれた(ちなみに松井はこの時期「(遠山の)顔も見たくない」と憂鬱そうに語ったり、ヤンキース移籍後も「打ち取られる夢を見た」と話している)。遠山奬志 フレッシュアイペディアより)

  • サブロー

    サブローから見た高橋由伸高橋由伸

    開幕こそ出遅れるも5月から4番右翼手に定着。リーグ7位の得点圏打率.310、チーム2位かつ自己最高の68打点を挙げた。6月6日対読売ジャイアンツ戦(千葉マリン)で連続打数安打記録を9とし、球団記録である堀幸一の8を塗り替えた(R・J・レイノルズと高橋由伸の11に次ぐ史上第3位)。クライマックスシリーズでは第1ステージのMVPを獲得。シーズンオフには2008年の北京五輪出場を目指す野球日本代表の最終候補に選出され、台湾で開催された北京五輪予選を兼ねたアジア選手権に出場。打順は8番・9番ながら、韓国戦で同点タイムリーを放ち、台湾戦では同点のスクイズを決めるなど主軸級の活躍を見せる。また全3試合において当時はあまり守らなかった左翼を堅実に守り、日本の北京五輪出場権獲得に貢献した。なお、この大会は本名の「大村三郎」で出場していた。サブロー フレッシュアイペディアより)

  • 出口雄大

    出口雄大から見た高橋由伸高橋由伸

    オフに高橋由伸が入団するなど巨人の外野布陣はさらに厚くなり、オフに戦力外通告を受ける。出口雄大 フレッシュアイペディアより)

220件中 91 - 100件表示

「高橋由伸」のニューストピックワード