156件中 11 - 20件表示
  • 堀内恒夫

    堀内恒夫から見た高橋由伸高橋由伸

    大阪近鉄バファローズからタフィ・ローズ、福岡ダイエーホークスから小久保裕紀とパ・リーグ本塁打王経験者が2選手同時に加入。怪我のため前年出場ゼロの小久保は41本塁打、96打点と復活。ローズも45本塁打、99打点と猛打を発揮し、本塁打王とベストナインを獲得。一番から仁志敏久、清水隆行、ローズ、高橋由伸、小久保、ペタジーニ、阿部慎之助、二岡智宏と続く「史上最強打線」はプロ野球記録のチーム259本塁打を記録し、究極の形となる。しかし、投手陣の不調を補って前半戦こそ優勝を争ったものの次第に超重量打線に極力サインを省いた戦いが機能しなくなり、機動力不足や高齢化による守備力の低下が目立つようになる。6月の中日戦で同一カード3連敗を喫し、首位を奪われ失速。優勝した中日に8ゲーム差を離されて3位に終わる。優勝した中日は福留孝介、アレックス、荒木雅博、井端弘和ら「打って走って守れる選手」と、川上憲伸を中心とする安定した投手力による“守り勝ち”野球だった。堀内恒夫 フレッシュアイペディアより)

  • 松井秀喜

    松井秀喜から見た高橋由伸高橋由伸

    松井は長年、ジャイアンツの精神的支柱であり、また、松井より後に入団してきた選手たち(特に仁志敏久、清水隆行、高橋由伸、二岡智宏)の目標となり、選手会長も務めていた。伝統である「ジャイアンツの4番は日本の4番」ともなり、他球団のファンでありながら松井を応援しているプロ野球ファンも多く、甲子園での巨人対阪神戦でも愛される数少ないジャイアンツ選手の一人であった。松井在籍時の10年間巨人はリーグ優勝4回(うち日本一3回)だったが、松井が抜けた2003年以降、4年間にわたってリーグ優勝から遠ざかった。球団の人気、巨人戦のテレビ観戦視聴率、球場への観客動員数もそれぞれ低下し、また、松井/清原と共にMKT砲と呼ばれた高橋由伸が怪我や故障に苦しみ始め、長嶋全盛期の頃の選手が次々と他球団へ移籍もしくは現役引退し、以前に増して戦力補強が繰り返されるようになった。これらの出来事は、いかに巨人にとって松井の存在が大きかったかを物語っている。松井秀喜 フレッシュアイペディアより)

  • クリス・レイサム (野球)

    クリス・レイサム (野球)から見た高橋由伸高橋由伸

    試合は直後に高橋由伸の本塁打により勝ち越し、2-1で巨人が勝利した。クリス・レイサム (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 衆樹資宏

    衆樹資宏から見た高橋由伸高橋由伸

    1962年の南海との開幕戦で、ジョー・スタンカからプレーボール本塁打を放った。この開幕戦初球先頭打者本塁打記録は、2007年に高橋由伸(巨人)が対横浜戦で記録するまで、45年の長きに渡り唯一の記録であった。また、オールスターゲームに2度出場。衆樹資宏 フレッシュアイペディアより)

  • デーモン・ホリンズ

    デーモン・ホリンズから見た高橋由伸高橋由伸

    2007年の開幕スタメンは鈴木尚広だったが、レフト谷佳知、ライト高橋由伸が確定すると徐々にセンターのレギュラーを任され、後半戦は打棒が復活した清水隆行などと併用された。開幕前は外野守備に不安がある、と言われていたが、守備範囲は狭いものの実際はエラーは少なく、ダイビングキャッチをすることも少なくない。送球も無難にこなしている。デーモン・ホリンズ フレッシュアイペディアより)

  • 田村勤

    田村勤から見た高橋由伸高橋由伸

    以降は肩・肘の故障に悩まされる。翌1993年には22セーブを挙げ、当時の球団記録である10連続セーブを達成(2008年4月23日に藤川球児が更新)したが1995年には一軍登板なし、1996年、1997年にはショートリリーフとして2年間で90試合に登板するが、1998年には二軍登板すらできなかった。1999年には野村克也監督に遠山奬志と共に対松井秀喜、高橋由伸などの左打者のワンポイントとして起用されるも、既に以前の球威はなく、気迫と投球術でカバーする投球に終始した。2000年オフに自由契約を言い渡され、オリックスに移籍。しかし、活躍はできず、2002年の最終戦となった10月14日の日本ハム戦で引退試合を行う。この試合で田村はプロでは最初で最後となる先発マウンドに立ち、打者1人を三振に取って降板した。田村勤 フレッシュアイペディアより)

  • 川中基嗣

    川中基嗣から見た高橋由伸高橋由伸

    元は右投左打だったが、2006年シーズン後半から右打席の練習にとりくみ、スイッチヒッターに転向。引退前年の2007年は外野手に専念し、選手登録も右投両打、外野手に変更。しかし、高橋由伸と谷佳知が通年で活躍したのもあり、プロ入り後初めて一軍試合出場なしに終わった。シーズン終了後に現役を引退、二軍サブマネジャー兼育成コーチを2009年まで勤めた。現在は球団のフロントに入り、営業企画部兼育成部の仕事をしている。川中基嗣 フレッシュアイペディアより)

  • 後藤寿彦

    後藤寿彦から見た高橋由伸高橋由伸

    1994年に三菱重工を退社して母校の教壇に立ち、野球部の監督に就任。2001年春のリーグまで指揮を執り、高木大成、高橋由伸を育てるなどで、チームをリーグ優勝3回、明治神宮野球大会優勝に導いた。その手腕を買われ、慶大の指揮を執りながら全日本アマチュア野球連盟ナショナルチーム強化部会に参加、主に学生をナショナルチームのレベルに引き上げるために一役買った。後藤寿彦 フレッシュアイペディアより)

  • IsoD

    IsoDから見た高橋由伸高橋由伸

    また、デポデスタは「打撃能力を査定する際には、出塁率とP/PA(一打席当たりの被投球数)がきわめて大きな意味を持つ」とも述べている。同様に、IsoDとP/PAを併せ見ることにより選球能力の優劣を多角的に判断することが可能になる、との考え方も存在する。これによると、タイロン・ウッズが5.69(IsoD.148 ×10 + P/PA 4.21)、タフィ・ローズが5.29(IsoD.112 ×10 + P/PA 4.17)で度セ・パ両リーグの選球ランク一位――「選球王」となる。以下、松中信彦、山崎武司、ベニー・アグバヤニ、アレックス・カブレラ、高橋由伸、金本知憲、アーロン・ガイエルらがランク上位を占めており、彼等は警戒されて四球数と被投球数が増えると言う事情もあろうが、選球眼の鋭さは全体的な打撃成績アップにつながると言う一つの傾向が見て取れる。なお、俊足巧打タイプの最高ランクは青木宣親が4.95(IsoD .087 ×10 + P/PA 4.08)でセ6位、田中賢介が4.68(IsoD .066 ×10 + P/PA 4.02)でパ9位に位置している。IsoD フレッシュアイペディアより)

  • R.J.レイノルズ (野球)

    R.J.レイノルズ (野球)から見た高橋由伸高橋由伸

    の開幕戦で6打数4安打と鮮烈なデビューを飾ると、8月1日の中日ドラゴンズ戦から8月4日のヤクルトスワローズ戦にかけて、日本プロ野球記録となる11打席連続安打を達成(に高橋由伸が同じく達成して現在はタイ記録)するなど、シュアな打撃と強肩を活かした外野からの返球は他球団の脅威となった。このシーズンは、打率リーグ5位の.316、リーグ6位タイの80打点の活躍を見せ、外野手としてベストナインおよびゴールデングラブ賞を獲得し、注目を浴びた。R.J.レイノルズ (野球) フレッシュアイペディアより)

156件中 11 - 20件表示

「高橋由伸」のニューストピックワード