220件中 21 - 30件表示
  • 阿部慎之助

    阿部慎之助から見た高橋由伸高橋由伸

    ''、127試合に出場し、巨人軍としては1987年の山倉和博以来の捕手による規定打席に到達、ベストナインとゴールデングラブ賞を獲得する。シーズン後半から高橋由伸の故障に伴い3番打者に起用され、8月の3度を含む4度のサヨナラ打を記録。このことから『サヨナラ慎ちゃん』と呼ばれるようになった。8月11日の広島東洋カープ戦でのサヨナラ本塁打は自身初のサヨナラ本塁打であるとともに、巨人軍の東京ドーム通算1000号本塁打となるメモリアルアーチであった。打率も.298と好調であった。阿部慎之助 フレッシュアイペディアより)

  • 清原和博

    清原和博から見た高橋由伸高橋由伸

    清原本人も自分は恵まれすぎていると自認していたが、それだけにジレンマを感じていた事とFAの資格を得て、巨人への移籍が可能になったことから、オフにFA宣言。巨人と阪神が獲得に名乗りを上げた。阪神監督・吉田義男の「(ユニフォームの)縦縞を横縞に変えてでも…」、巨人監督・長嶋茂雄の「僕の胸に飛び込んできなさい」という口説き文句が話題となった。5年契約で念願の巨人に移籍し、背番号は長嶋が自らの永久欠番3を譲る考えも明らかにしたが、「5」に決定(ただし提示された契約金は阪神の方が倍近く高かった。当時阪神で背番号3をつけていた八木裕も清原加入の際は同番号を譲る意思を表明していた)。なお、清原加入により巨人の一塁を守っていた当時43歳の落合博満が出場機会を求め日本ハムに移籍。巨人退団会見にて落合は「清原君と勝負して負けるとは思わないが、(落合と清原の)どちらを使うかで悩む長嶋監督の顔は見たくない」と落合の自著「不敗人生」で記述している。3番・松井秀喜とのコンビは「MK砲」と呼ばれた。後に高橋由伸が加わり「MKT砲」となる。清原和博 フレッシュアイペディアより)

  • 坂下千里子

    坂下千里子から見た高橋由伸高橋由伸

    父親は、宇治市議会議長も務めた宇治市議会議員の坂下弘親。母親は千里子と同様、プロ野球、読売ジャイアンツの外野手・高橋由伸のファンである。ただし、阪神タイガースの鳥谷敬内野手のファンとの掛け持ちである。坂下千里子 フレッシュアイペディアより)

  • ルパン・ザ・ファイヤー

    ルパン・ザ・ファイヤーから見た高橋由伸高橋由伸

    読売ジャイアンツ・高橋由伸の2007年テーマソング。ルパン・ザ・ファイヤー フレッシュアイペディアより)

  • 後藤寿彦

    後藤寿彦から見た高橋由伸高橋由伸

    1994年に三菱重工を退社して母校の教壇に立ち、野球部の監督に就任。2001年春のリーグまで指揮を執り、高木大成、高橋由伸を育てるなどで、チームをリーグ優勝3回、明治神宮野球大会優勝に導いた。その手腕を買われ、慶大の指揮を執りながら全日本アマチュア野球連盟ナショナルチーム強化部会に参加、主に学生をナショナルチームのレベルに引き上げるために一役買った。後藤寿彦 フレッシュアイペディアより)

  • 隠善智也

    隠善智也から見た高橋由伸高橋由伸

    2006年の育成ドラフトで読売ジャイアンツ(巨人)から4巡目指名を受けたことを機に、育成選手として入団した。12月14日に東京都内のホテルで行われた入団会見では、「名前が珍しいので、早くアピールできればと思っています。憧れは高橋由伸選手」とコメント。広島国際学院大学出身のプロ野球選手は、山口和男(前身の広島電機大学から三菱自動車岡崎を経てオリックスブルーウェーブへ入団)に次いで2人目であった。隠善智也 フレッシュアイペディアより)

  • クリス・レイサム (野球)

    クリス・レイサム (野球)から見た高橋由伸高橋由伸

    1-0で巨人がリードしていた6回表、1死走者一・二塁でヤクルトの攻撃中、レイサムは鈴木健のレフトフライを取った後に、アウトカウントを間違えて3アウトだと勘違いし、ボールをスタンドに投げ入れた。このプレーにより二塁走者には2個の安全進塁権が与えられ(野球規則7.05g(1))、ヤクルトは同点に追いつき、先発投手の高橋尚成は完封を逃した。試合は直後に高橋由伸の本塁打により勝ち越し、2-1で巨人が勝利している。クリス・レイサム (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 大田垣耕造

    大田垣耕造から見た高橋由伸高橋由伸

    こうした手腕を買われ1993年、野球全日本代表コーチに就任し1996年、 アトランタオリンピックでの銀メダル獲得に貢献。翌1997年、全日本代表監督に就任。上原浩治、高橋由伸、福留孝介らを擁した第9回IBAFインターコンチネンタルカップではキューバを国際大会151連勝で止め世界一に導いた。大田垣耕造 フレッシュアイペディアより)

  • MK砲

    MK砲から見た高橋由伸高橋由伸

    読売ジャイアンツへ移籍した清原和博は前年に打率.314・38本塁打を記録して急成長を遂げた松井秀喜とからコンビを組み、MK砲と呼ばれて注目された。からは高橋由伸も加えてMKT砲とも呼ばれた。MK砲 フレッシュアイペディアより)

  • 日高亮

    日高亮から見た高橋由伸高橋由伸

    春季キャンプでは浦添市の一軍キャンプに召集され、オープン戦で結果は出なかったが開幕一軍となった。4月12日の対読売ジャイアンツ戦で8回4点日ハンドから3番手としてプロ初登板を果たし、先頭の坂本勇人から空振り三振を奪ったが、2安打1四球で一死満塁として迎えた高橋由伸のファーストゴロをジョシュ・ホワイトセルがフィルダースチョイスして1失点、続く長野久義のライト前2点タイムリーヒットで途中降板となった。代わった橋本義隆が併殺に抑えた事でデビュー戦成績は0回1/3を投げ3安打1四球3失点だった。4月15日の対横浜ベイスターズ戦で8回1点リード二死一二塁のホールド機会から4番手で登板し、迎えた金城龍彦にシンカーを左中間へ運ばれ、逆転のスリーランホームランで救援失敗しチームは開幕3連敗となった。4月23日に二軍へ降格した。二軍では6月まで防御率6.00と苦しんだが、7月以降は2試合の先発を含めて防御率2.84と好調だったため、9月9日に一軍へ昇格。9月10日の対阪神タイガースで6回4点リード一死一二塁から3番手で登板し、代打狩野恵輔を空振り三振、小宮山慎二をセカンドゴロに打ち取り、プロ入り初ホールドを記録した。9月27日に本拠地明治神宮野球場で行われた対阪神戦で5回1点ビハインドから2番手で登板し、3番からの打線に走者を三塁に進めながらも無失点で切り抜け、6回を3者凡退に抑えると、同裏に代打・川島慶三の同点タイムリー安打、川端慎吾の満塁本塁打による5点の援護でプロ入り初勝利を手にした。初の3連投となる10月3日の対横浜戦では5回同点二死一三塁から登板し、内藤雄太をセカンドゴロに抑え、6回に2点の援護を貰いシーズン2勝目を挙げた。一軍では主に僅差のビハインドからのワンポイントリリーフとして起用された。CSはファーストステージの第1戦、第2戦でベンチ入りを果たしたが登板機会がなく10月31日に抹消された。日高亮 フレッシュアイペディアより)

220件中 21 - 30件表示

「高橋由伸」のニューストピックワード