156件中 21 - 30件表示
  • 斉藤宜之

    斉藤宜之から見た高橋由伸高橋由伸

    この年ヤンキースに移籍した松井秀喜の抜けた外野をカバーし、故障した高橋由伸や不調の清水隆行に代わり外野の穴に収まりかける。原辰徳に代わり就任した堀内恒夫監督も外野のレギュラーの最有力候補として斉藤の名前を挙げていたものの、堀内在任時の・は故障が度重なり、リハビリに大半を費やしたような2年となってしまった。斉藤宜之 フレッシュアイペディアより)

  • 大田垣耕造

    大田垣耕造から見た高橋由伸高橋由伸

    こうした手腕を買われ1993年、野球全日本代表コーチに就任し1996年、 アトランタオリンピックでの銀メダル獲得に貢献。翌1997年、全日本代表監督に就任。上原浩治、高橋由伸、福留孝介らを擁した第9回IBAFインターコンチネンタルカップではキューバを国際大会151連勝で止め世界一に導いた。大田垣耕造 フレッシュアイペディアより)

  • 第73回全国高等学校野球選手権大会

    第73回全国高等学校野球選手権大会から見た高橋由伸高橋由伸

    高橋由伸(桐蔭学園?慶應義塾大学?巨人)第73回全国高等学校野球選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 第74回全国高等学校野球選手権大会

    第74回全国高等学校野球選手権大会から見た高橋由伸高橋由伸

    高橋由伸(桐蔭学園?慶應義塾大学?巨人)第74回全国高等学校野球選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • ショー☆バン

    ショー☆バンから見た高橋由伸高橋由伸

    本作の主人公。当初はショートだったが、レギュラーには名手・清田がいたため、天性のバカっ肩を買われて投手に転向。自分以外の投手が投げている時はサード、清田引退後はショートを守る。小柄だがセンスにあふれた選手。ノビのある速球とキレのいい高速スライダーで三振の山を築く。ただし短気でコントロールが悪いため、大崩れすることもままある。打者としてのセンスもよく、巨人軍の高橋由伸に比喩されたことがあるほど。守備では野生の勘を働かせてファインプレーで魅せる。大の負けず嫌いで「お山の大将」と呼ばれるほど自己中心的な性格の上、気が強く先輩や他人の言うことをあまり聞かない。3年生時のキャプテン就任以降はその横暴さが仇となり、杉本、小石川、有賀の退部騒動を起こし、また秋の新人戦では1回戦敗北の屈辱を受け反省。その後、3年生の春には秋の新人戦全国大会優勝校等全国トップクラスの3校相手に全てに完封勝利するなど「ショー・バン」の呼び名を全国に知らしめるまでに成長した。鬼頭監督の作戦で関東大会ではエースナンバーを着けていなかったが、涼山中野球部の真のエースはこの男であり、後に全国大会ではエースナンバーを着ける。大切なものは男としてのメンツ。ショー☆バン フレッシュアイペディアより)

  • ルパン・ザ・ファイヤー

    ルパン・ザ・ファイヤーから見た高橋由伸高橋由伸

    読売ジャイアンツ・高橋由伸の2007年テーマソング。ルパン・ザ・ファイヤー フレッシュアイペディアより)

  • SPEED TK RE-MIX

    SPEED TK RE-MIXから見た高橋由伸高橋由伸

    マーク・マンシーナ作曲の「スピード2」のメインテーマ曲の小室によるリミックスである。小室の実質上全米デビュー作であり、桜庭和志、牧田和久、高橋由伸などスポーツ選手の入場テーマ曲としても多用されている。SPEED TK RE-MIX フレッシュアイペディアより)

  • 出口雄大

    出口雄大から見た高橋由伸高橋由伸

    神戸弘陵高校3年生時のに夏の甲子園に出場。同年のドラフト外で読売ジャイアンツ(巨人)に入団。背番号99を与えられ、ほぼ練習生扱いとなっていて入団5年目まで一軍出場はなかった。に登録名を出口 雄大に変更。に初となる一軍出場を果たす。初打席本塁打というデビューを果たし、は73試合に出場。層の厚い外野布陣であったが、代走・守備要員として一軍に定着しかける。しかし、オフに高橋由伸が入団するなど巨人の外野布陣はさらに厚くなり、オフに戦力外通告を受ける。出口雄大 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球サントリーカップ

    プロ野球サントリーカップから見た高橋由伸高橋由伸

    MVP 高橋由伸(読売ジャイアンツ)プロ野球サントリーカップ フレッシュアイペディアより)

  • 第22回アジア野球選手権大会

    第22回アジア野球選手権大会から見た高橋由伸高橋由伸

    首位打者賞:高橋由伸(日本)第22回アジア野球選手権大会 フレッシュアイペディアより)

156件中 21 - 30件表示

「高橋由伸」のニューストピックワード