156件中 31 - 40件表示
  • マット・ホワイト

    マット・ホワイトから見た高橋由伸高橋由伸

    獲得期限ギリギリの6月末に、左腕不足に悩まされていた横浜ベイスターズが獲得。7月終盤に一軍登録され、初登板は2007年7月26日(対巨人戦)。最初の打者に日本新記録となる9本目の先頭打者本塁打を打たれる。初めは先発で起用されたが、防御率7点台で0勝と、目立った成績は残せなかった。マット・ホワイト フレッシュアイペディアより)

  • パロ野球ニュース

    パロ野球ニュースから見た高橋由伸高橋由伸

    第4巻 - 1998年5月発売 - 高橋由伸(読売ジャイアンツ外野手)、松井秀喜(高橋に同じく)、清原和博(3巻に同じく)パロ野球ニュース フレッシュアイペディアより)

  • 田中大貴

    田中大貴から見た高橋由伸高橋由伸

    高校卒業後、慶應義塾大学環境情報学部へ進学。慶大時代も野球部に所属し、4年生となった2002年の東京六大学野球春季リーグで初めて一塁のレギュラーに定着、東大の浅岡知俊、明大の岡本篤志(現西武)、立大の多田野数人(現日本ハム)から計3本塁打を放ってホームラン王のタイトルホルダーとなった。そのほか青学大の石川雅規(現ヤクルト)、駒大の川岸強(現楽天)からもホームランを打っている。長田秀一郎(現西武)、湊川誠隆(元中日)は大学の同期。佐藤友亮(現西武)、山本省吾(現横浜)は大学の二つ先輩。大学の大先輩である高橋由伸を尊敬し、高橋に憧れ慶大野球部に入部した。大学4年次の慶早戦で和田毅(現ソフトバンク)に全く歯が立たなかったことから、プロ入りを断念。2010年1月、自身がMCを務めるすぽるとで和田を対談インタビューし、7年ぶりに和田と再会した。東京六大学リーグ通算22試合、3本塁打。田中大貴 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋光信

    高橋光信から見た高橋由伸高橋由伸

    横浜高校では1年時に右肩を手術、3年時には第65回選抜高等学校野球大会に出場したが、膝を故障するなど度重なる怪我に苦しんだ。その際に渡辺元智野球部監督から相談に親身に対応してもらったことで、高校卒業の時点では指導者になることを目指していた。そのため、教員免許を取得するなどの理由から強豪校をあえて避け、千葉県大学野球連盟所属の国際武道大学に進学する。大学では日米大学野球選手権大会日本代表に選出され、高橋由伸の後を打つ4番として出場した。また、リーグ新記録となる大学通算16本塁打を記録する。高橋光信 フレッシュアイペディアより)

  • 寺村友和

    寺村友和から見た高橋由伸高橋由伸

    中学時代は、千葉ジャガーズに所属し、高橋由伸は1年後輩に当たる。寺村友和 フレッシュアイペディアより)

  • 副島孔太

    副島孔太から見た高橋由伸高橋由伸

    桐蔭学園高校では、1年生にしてレギュラーに定着。2年、3年の1991年と1992年には夏の甲子園に連続出場。1991年は3年生に高木大成、1年生に高橋由伸を擁して旋風を起こし、3回戦まで進出。自身は3回戦でラッキーゾーンへの本塁打を放っている。副島孔太 フレッシュアイペディアより)

  • 伊東幸子

    伊東幸子から見た高橋由伸高橋由伸

    プロ野球で阪神タイガースのファンを公言している(「大学の先輩に矢野燿大と金本知憲がいるから」というのが理由である)が、「〜おいでよ」で、男性のタイプは高橋由伸(読売ジャイアンツ)だと発言し、東京ヤクルトスワローズファンの青山良平やリスナーに思いっきり批判された。伊東幸子 フレッシュアイペディアより)

  • 矢口健一

    矢口健一から見た高橋由伸高橋由伸

    4年生となった1997年シーズンは主将に就任。ライバルチームの同期には高橋由伸(慶大、のち読売)、川上憲伸(明大、のち中日)らがいる。リーグ通算70試合出場、227打数74安打、打率.326、17本塁打、60打点。17本塁打は高橋の23本には及ばないものの、歴代8位タイの記録である。1995年春シーズンと1997年秋シーズンにベストナイン(一塁手)に選出されている。1997年秋のシーズンでは本塁打と打点はリーグトップながら打率は2位と、先述の1995年春シーズン同様あと一歩のところで三冠王を逸している。矢口健一 フレッシュアイペディアより)

  • 胡口和雄

    胡口和雄から見た高橋由伸高橋由伸

    胡口和雄のパーティーには松井秀喜、長嶋茂雄、原辰徳、高橋由伸などが出席した過去があり、長嶋茂雄はこのパーティーを最後に倒れてしまったということである。胡口和雄 フレッシュアイペディアより)

  • 北九州市民球場

    北九州市民球場から見た高橋由伸高橋由伸

    2011年4月13日、開幕カードの九州シリーズである、巨人対東京ヤクルトスワローズの2回戦がナイターで開催。巨人主催の北九州での公式戦は1991年5月16日の対横浜大洋ホエールズ戦以来20年ぶり。試合はラミレス外野手と高橋由伸外野手の2本の本塁打などで3-0で巨人が勝利し、1975年からの北九州での公式戦の連勝を『11』に更新している。北九州市民球場 フレッシュアイペディアより)

156件中 31 - 40件表示

「高橋由伸」のニューストピックワード

  • 25歳未満の外国人選手を獲得する際、総契約額の上限を500万ドル(5億7000万円)とする

  • 野球指導者スキルアップ講習会

  • 感謝を忘れないこと