220件中 41 - 50件表示
  • パロ野球ニュース

    パロ野球ニュースから見た高橋由伸高橋由伸

    第4巻 - 1998年5月発売 - 高橋由伸(読売ジャイアンツ外野手)、松井秀喜(高橋に同じく)、清原和博(3巻に同じく)パロ野球ニュース フレッシュアイペディアより)

  • 1999年の読売ジャイアンツ

    1999年の読売ジャイアンツから見た高橋由伸高橋由伸

    高橋由伸(外野手、初受賞)1999年の読売ジャイアンツ フレッシュアイペディアより)

  • 石川遼スペシャル RESPECT 〜ゴルフを愛する人々へ〜

    石川遼スペシャル RESPECT 〜ゴルフを愛する人々へ〜から見た高橋由伸高橋由伸

    2011年2月13日〜3月6日 - 原辰徳、高橋由伸(両氏とも読売ジャイアンツ)石川遼スペシャル RESPECT 〜ゴルフを愛する人々へ〜 フレッシュアイペディアより)

  • SPEED TK RE-MIX

    SPEED TK RE-MIXから見た高橋由伸高橋由伸

    マーク・マンシーナ作曲の「スピード2」のメインテーマ曲の小室によるリミックスである。小室の全米デビュー作であり、桜庭和志、洲鎌栄一、牧田和久、高橋由伸などスポーツ選手の入場テーマ曲としても多用されている。SPEED TK RE-MIX フレッシュアイペディアより)

  • おぅワイや!清原和博番長日記

    おぅワイや!清原和博番長日記から見た高橋由伸高橋由伸

    執筆者は船川輝樹。船川は連載の際、「おう、ワイや」というフレーズを書きたいがために、「番長日記」を始めている。好評ゆえに、2003年に単行本化された。企画終了後に船川が『週刊現代』に異動したため、『週刊現代』でも1回のみ掲載された。清原引退後には、記事をまとめた『清原和博 番長伝説 1985?2008』で最後の復活を遂げた(清原引退後なので、「これが最後の日記や!」と書かれている)。しかし、2013年の6月7日号の「フライデー」では久々に掲載され、以降も度々不定期で掲載されていた。尚、星野仙一が阪神時代の監督をしていた時や、MLB時代の新庄剛志、中田翔、高橋由伸版も何度か掲載されたことがある。おぅワイや!清原和博番長日記 フレッシュアイペディアより)

  • 伝統の一戦 〜THE CLASSIC SERIES〜

    伝統の一戦 〜THE CLASSIC SERIES〜から見た高橋由伸高橋由伸

    80年以上の歴史を持つ日本プロ野球の創世期より、読売ジャイアンツと阪神タイガースの両球団は、球史に残る幾多の名勝負を繰り広げており「永遠のライバル」、また、両者の対決を「伝統の一戦」と呼ばれていた。これにちなみ、2016年、巨人・高橋由伸、阪神・金本知憲の両新監督を迎え、新体制となったことを契機に、あらためて両球団の戦いを盛り立て、多くのファンに、より一層の夢・感動を与えられるよう、両球団が共通ビジュアル、シリーズロゴの旗のもとに共同で様々な取り組みを実施する。なお、両球団が共同企画を行うのはこれが初めて。伝統の一戦 〜THE CLASSIC SERIES〜 フレッシュアイペディアより)

  • 矢口健一

    矢口健一から見た高橋由伸高橋由伸

    4年生となった1997年シーズンは主将に就任。ライバルチームの同期には高橋由伸(慶応義塾大学、のち読売ジャイアンツ)、川上憲伸(明治大学、のち中日ドラゴンズ)らがいる。リーグ通算70試合出場、227打数74安打、打率.326、17本塁打、60打点。17本塁打は高橋の23本には及ばないものの、歴代8位タイの記録である。1995年春シーズンと1997年秋シーズンにベストナイン(一塁手)に選出されている。1997年秋のシーズンでは本塁打と打点はリーグトップながら打率は2位と、先述の1995年春シーズン同様あと一歩のところで三冠王を逸している。矢口健一 フレッシュアイペディアより)

  • ワーナー・マドリガル

    ワーナー・マドリガルから見た高橋由伸高橋由伸

    初奪三振:2013年7月13日、対読売ジャイアンツ11回戦(ナゴヤドーム)、8回表に高橋由伸から見逃し三振ワーナー・マドリガル フレッシュアイペディアより)

  • ミレニアム打線

    ミレニアム打線から見た高橋由伸高橋由伸

    2000年の巨人は、前年まで当時のワーストタイ記録である3年連続V逸中で、ファンなどから優勝が課題とされていた。松井秀喜は前年まで主に三番打者で活躍していたため、シーズンを通して四番打者を務めたことが無かったが、契約更改後の記者会見にて「2000年からは自分が四番を打ちたい」との決意表明をした。球団は打線のさらなるテコ入れのため、高橋由伸の活躍や清原和博に加え、ドミンゴ・マルティネスの加入と自らの故障で出場機会を失っていた広澤克実、守備・走塁に難があり故障が多かった石井浩郎を放出し、守備に難があるものの、長打力に加え走力もある江藤智をFAで広島東洋カープから獲得した。前年までV逸のA級戦犯扱いされていた清原和博は心身共に肉体改造を行い、マルティネスとのレギュラー争いに備えた。なお、この年は福岡ダイエーホークスからFAで工藤公康、阪神タイガースを自由契約になったダレル・メイ、石井とのトレードで千葉ロッテマリーンズの河本育之を獲得するなど投手陣の補強も積極的に行ったため、他球団ファンなどからの批判も少なからず起こった。ミレニアム打線 フレッシュアイペディアより)

  • 小笠原孝

    小笠原孝から見た高橋由伸高橋由伸

    プロ1年目の、6月10日の対巨人戦で一軍初登板し、高橋由伸に満塁本塁打を浴びる。その後、、もプロ初勝利を挙げられなかった。小笠原孝 フレッシュアイペディアより)

220件中 41 - 50件表示

「高橋由伸」のニューストピックワード

  • 食べ物も美味しいし、何より観客の情熱にやりがいを感じる

  • 今の自分がトータルで一番好き

  • 7.2 新しい別の窓 #10 元日SP