220件中 51 - 60件表示
  • 鈴木章仁

    鈴木章仁から見た高橋由伸高橋由伸

    静岡県浜松市出身。小学校時代は浜松リトルリーグ、中学校時代は、浜松シニアリーグで活躍。中学3年時は、第1回世界少年野球 IBAF(AA) 選手権大会日本代表に選出され、1番遊撃手で首位打者、打点王、ホームラン王、ベストナイン(遊撃手)を獲得し日本の優勝に貢献。2学年上の兄鈴木尚典と同じ横浜高校へ進み、1年春から2番三塁手で試合に出場し、4番の兄と共に兄弟出場をはたす。2年生からは1番二塁手。2年夏神奈川県大会準決勝の横浜商業戦では横浜スタジアムでサヨナラホームランを放つも、決勝戦では、高木大成、副島孔太、高橋由伸等、強力打線の桐蔭学園に敗退。3年春に甲子園に出場するも1回戦敗退。3年夏は決勝で昨年と同じ桐蔭学園に敗れ2年連続準優勝となり、夏の甲子園出場ははたせなかった。鈴木章仁 フレッシュアイペディアより)

  • 高野忍

    高野忍から見た高橋由伸高橋由伸

    家族は妻と一男一女。巨人への入団が決まった時、夫人から「ヨシノブのサインを貰って来て」と頼まれた。高野忍 フレッシュアイペディアより)

  • 内田順三

    内田順三から見た高橋由伸高橋由伸

    1994年から2002年には読売ジャイアンツ打撃コーチ(1994年 - 1997年途中・1998年は二軍打撃コーチ、1997年途中 - シーズン終了後まで・1999年 - 2002年は一軍打撃コーチ)として松井秀喜、仁志敏久、清水隆行、高橋由伸、阿部慎之助など多くの打者を育てた。2003年 - 2005年には山本浩二監督の要請で再び広島の一軍打撃コーチに復帰し、伸び悩んでいた嶋重宣、新井貴浩を開花させた。2006年 - 2007年には巨人の一軍打撃コーチに復帰し、2007年のリーグ優勝に貢献した。内田順三 フレッシュアイペディアより)

  • IsoD

    IsoDから見た高橋由伸高橋由伸

    元ロサンゼルス・ドジャースGMは、「打撃能力を査定する際には、出塁率とP/PA(一打席当たりの被投球数)がきわめて大きな意味を持つ」とも述べている。同様に、IsoDとP/PAを併せ見ることにより選球能力の優劣を多角的に判断することが可能になる、との考え方も存在する。これによると、タイロン・ウッズが5.69(IsoD.148 ×10 + P/PA 4.21)、タフィ・ローズが5.29(IsoD.112 ×10 + P/PA 4.17)で度セ・パ両リーグの選球ランク一位――「選球王」となる。以下、松中信彦、山崎武司、ベニー・アグバヤニ、アレックス・カブレラ、高橋由伸、金本知憲、アーロン・ガイエルらがランク上位を占めており、彼等は警戒されて四球数と被投球数が増えるという事情もあろうが、選球眼の鋭さは全体的な打撃成績アップにつながるという一つの傾向が見て取れる。なお、俊足巧打タイプの最高ランクは青木宣親が4.95(IsoD .087 ×10 + P/PA 4.08)でセ6位、田中賢介が4.68(IsoD .066 ×10 + P/PA 4.02)でパ9位に位置しているIsoD フレッシュアイペディアより)

  • ゴールデングラブ賞

    ゴールデングラブ賞から見た高橋由伸高橋由伸

    入団1年目からの最多連続受賞回数:6回 高橋由伸(1998年 - 2003年、セ・リーグ 外野手部門)ゴールデングラブ賞 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年の読売ジャイアンツ

    2012年の読売ジャイアンツから見た高橋由伸高橋由伸

    8月17日 - 対広島戦(東京ドーム)、高橋由伸が通算300本塁打達成2012年の読売ジャイアンツ フレッシュアイペディアより)

  • 2011年の読売ジャイアンツ

    2011年の読売ジャイアンツから見た高橋由伸高橋由伸

    7月10日 - 高橋由伸が対広島戦(東京ドーム)で日本プロ野球通算1500安打、史上108人目2011年の読売ジャイアンツ フレッシュアイペディアより)

  • 最優秀新人 (日本プロ野球)

    最優秀新人 (日本プロ野球)から見た高橋由伸高橋由伸

    のセ・リーグは、川上憲伸(中日ドラゴンズ)、高橋由伸(読売ジャイアンツ)、坪井智哉(阪神タイガース)、小林幹英(広島東洋カープ)の4人が最優秀新人レベルの成績を挙げ、最優秀新人になった川上以外の3人全てが特別表彰を受けた。最優秀新人 (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 川中基嗣

    川中基嗣から見た高橋由伸高橋由伸

    2006年シーズン後半から右打席の練習にとりくみ、2007年からはスイッチヒッターに転向。またポジションも外野手に専念した。しかし、高橋由伸と谷佳知が通年で活躍したのもあり、プロ入り後初めて一軍試合出場なしに終わった。川中基嗣 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の読売ジャイアンツ

    2007年の読売ジャイアンツから見た高橋由伸高橋由伸

    3月30日 - 読売ジャイアンツ対横浜ベイスターズの開幕戦(横浜スタジアム)で先頭打者の高橋由伸が初球を本塁打、シーズン開幕戦での先頭打者初球本塁打はNPB史上2人目、セ・リーグでは史上初。同試合で小坂誠がNPB史上10人目の通算250犠打2007年の読売ジャイアンツ フレッシュアイペディアより)

220件中 51 - 60件表示

「高橋由伸」のニューストピックワード