156件中 61 - 70件表示
  • ミレニアム打線

    ミレニアム打線から見た高橋由伸高橋由伸

    2000年の巨人は、前年まで当時のワーストタイ記録である3年連続V逸中で、ファンなどから優勝が課題とされていた。松井秀喜は前年まで主に三番打者で活躍していたため、シーズンを通して四番打者を務めたことが無かったが、契約更改後の記者会見にて、「2000年からは自分が四番を打ちたい」と発表した。球団は打線のさらなるテコ入れのため、高橋由伸の活躍や清原和博に加え、ドミンゴ・マルティネスの加入と自らの故障で出場機会を失っていた広澤克実、守備・走塁に難があり故障が多かった石井浩郎を放出し、守備に難があるものの、長打力に加え走力もある江藤智をFAで広島東洋カープから獲得した。前年までV逸のA級戦犯扱いされていた清原和博は心身共に肉体改造を行い、マルティネスとのレギュラー争いに備えた。なお、この年は福岡ダイエーホークスからFAで工藤公康、阪神タイガースを自由契約になったダレル・メイ、石井とのトレードで千葉ロッテマリーンズの河本育之を獲得するなど投手陣の補強も積極的に行ったため、他球団ファンなどからの批判も少なからず起こった。ミレニアム打線 フレッシュアイペディアより)

  • 外山惠理

    外山惠理から見た高橋由伸高橋由伸

    大学時代の彼女はチアリーディング部(慶應義塾大学チアリーダーズUNICORNS)で活躍していた。1998年発行の女子アナ写真集『We love TBS!!』(アスキー刊)や一部の週刊誌に当時の写真が掲載されていたほか、同年9月に開催されたイベント『アナウンサー大感謝祭』でもユニフォーム姿を披露していた。なお、同級生に巨人の高橋由伸と元日本テレビアナウンサーの柴田倫世がいるが、まったく面識がないとのこと。外山惠理 フレッシュアイペディアより)

  • ドリーム☆アゲイン

    ドリーム☆アゲインから見た高橋由伸高橋由伸

    高橋由伸(第9話のジャイアンツ球場でスタントマンが高橋由伸のフリーバッティング役で登場)ドリーム☆アゲイン フレッシュアイペディアより)

  • 田辺研一郎

    田辺研一郎から見た高橋由伸高橋由伸

    同期入社には小野寺麻衣(退社。読売ジャイアンツ・高橋由伸選手夫人)、斉藤まりあ(退社)、山下美穂子がいる。田辺研一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 1975年のスポーツ

    1975年のスポーツから見た高橋由伸高橋由伸

    4月3日 - 高橋由伸(千葉県、野球)1975年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 高木大成

    高木大成から見た高橋由伸高橋由伸

    両親が福岡県出身で、西鉄ライオンズを引き継いだ西武ライオンズの本拠地西武球場に高木をよく連れて行っていたことからファンとなる。小学2年からリトルリーグで野球を始め、この頃から東京六大学でプレーすることを考えていた。リトルリーグでは投手と捕手を務めていたが、捕手として試合を組み立てることに面白さを感じていたという。桐蔭学園高校では厳しい指導を受けた土屋恵三郎監督から「自分が出会った中で一番の捕手」、横浜商業高校の古屋文雄監督からは「神奈川ナンバー1捕手」との評価を得ていた。2年時には、1学年下の国学院久我山の井口忠仁からライバル視されており、関東を代表するスラッガーに成長していた。なお、3年時のチームメイトには、2年生に左翼手の副島孔太、1年生に右翼手の高橋由伸がいた。高木大成 フレッシュアイペディアより)

  • 大野豊 (野球)

    大野豊 (野球)から見た高橋由伸高橋由伸

    4月3日の広島市民球場での中日ドラゴンズとの開幕戦で、史上最年長となる42歳での開幕投手を務めた。同年4月12日に通算146勝目を記録。これにより記録した21年連続勝利はに山本昌に更新されるまではセ・リーグ記録であった。だが、持病となっていた血行障害が悪化し、8月4日の巨人戦において高橋由伸に逆転3ランを打たれたことをきっかけに引退を決意した。9月27日の自身の引退試合(相手球団は同年の日本シリーズを制覇する横浜ベイスターズ)は、既に消化試合であったにもかかわらず球場は満員であった。登板は中根仁に対するリリーフだけであったが、初球のストレートは146km/hを記録し、最後は142km/hのストレートで空振り三振に切って取った。中根は、引退試合の礼儀から対戦前から三振することを決めていた。しかし、初球の146km/hのストレートを見て「これは本気でぶつからないと失礼だ」と感じ、全力で向かい三振に終わった。試合後の挨拶では、大野の人徳からか対戦した横浜の選手までもがセレモニーに参加しその中で「我が選んだ道に、悔いはなし!」と答え、ファンの大歓声を受けた。広島の選手やファン以外に、対戦相手である横浜の選手・ファンも涙していた。大野豊 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 菊地原毅

    菊地原毅から見た高橋由伸高橋由伸

    小学校時代は地元の野球チーム「並木ヤンキース」に所属して野球を始める。神奈川県立相武台高等学校時代は関東屈指の左腕投手と言われ、夏の全国高等学校野球選手権神奈川大会では28回連続無失点、33イニングで44奪三振を記録するなど大活躍を見せた。無名校ながら甲子園出場が期待されたが、準々決勝で高橋由伸を擁する桐蔭学園高等学校にコールド負けを喫し、甲子園出場は果たせなかった。菊地原毅 フレッシュアイペディアより)

  • モリモリッ!ばんちょー!!キヨハラくん

    モリモリッ!ばんちょー!!キヨハラくんから見た高橋由伸高橋由伸

    タカハシヨシノブ(高橋由伸モリモリッ!ばんちょー!!キヨハラくん フレッシュアイペディアより)

  • アシックス

    アシックスから見た高橋由伸高橋由伸

    野球 - イチロー(シューズ、エルボーガード、アンダーシャツおよびアンダーソックス)、金本知憲、藤川球児、工藤公康、岩瀬仁紀、高橋由伸、福留孝介、今岡誠、川崎宗則、井端弘和、糸井嘉男、赤田将吾、英智(いずれもスパイクのみ)、小坂誠、井口資仁、前田智徳、涌井秀章、今江敏晃、鈴木尚広アシックス フレッシュアイペディアより)

156件中 61 - 70件表示

「高橋由伸」のニューストピックワード