156件中 71 - 80件表示
  • 宮出隆自

    宮出隆自から見た高橋由伸高橋由伸

    初奪三振:同上、8回表に高橋由伸から宮出隆自 フレッシュアイペディアより)

  • 坂下 千里子

    坂下千里子から見た高橋由伸高橋由伸

    父親は、宇治市議会議長も務めた宇治市議会議員の坂下弘親。母親は千里子と同様、プロ野球、読売ジャイアンツの外野手・高橋由伸のファンである。ただし、阪神タイガースの鳥谷敬内野手のファンとの掛け持ちである。坂下千里子 フレッシュアイペディアより)

  • 岩瀬仁紀

    岩瀬仁紀から見た高橋由伸高橋由伸

    はオールスター戦を前後してリリーフを失敗する場面が目立ち始め、7月14日の巨人との首位攻防戦では1対0で9回に登板。巨人は8回までわずか2安打に抑えられていたが先頭の高橋由伸に死球、その後一死一、三塁となり代打の阿部慎之助に逆転タイムリーを打たれて敗戦投手となり、巨人の首位独走のきっかけとなる。この試合を境に調子を大きく落とし、2日後の広島戦ではスクイズを決められ逆転負け、その後も自身のエラーで逆転負けするなど不振が続き、8月2日に左肘の違和感を訴えて自ら二軍調整を申し出た。故障・成績不振で一軍登録を抹消されるのは2002年6月以来約10年ぶり。後半戦は代役の山井大介が好投していたこともあり、山井との併用で中継ぎに降格することもあった。終盤は調子を取り戻し、8月24日の対ヤクルト戦で自己記録を更新する「8年連続30セーブ」を達成。最終的にバーネットと並んで最多セーブのタイトルを獲得した。最多セーブ獲得はセ・リーグ史上最多の5度目、最年長記録を更新。しかし防御率は前年を大きく下回り、33セーブはストッパーに定着した2004年以降では自己ワースト記録、救援失敗数は8度と両リーグ最多タイ記録を樹立してしまう。巨人とのクライマックスシリーズでは第3戦でセーブを上げるが、第5戦の9回裏に1死満塁のピンチを招き降板、後続が打たれて敗戦投手となった。シーズン終了後の10月31日に山崎、川上、山本昌と共に球団首脳と個別に面談。佐藤球団代表によると「引退についてお互い思っていることを直接言い合いましょうという話」だという。契約更改では8千万円減とプロ入り後で初の減俸となった。岩瀬仁紀 フレッシュアイペディアより)

  • 史上最強打線

    史上最強打線から見た高橋由伸高橋由伸

    一方で生え抜きの選手にも高橋由伸、阿部慎之助、仁志敏久、斉藤宜之、清水隆行、二岡智宏と打力のある選手が多く、また本拠地の東京ドームは本塁打が出やすい構造のため、1980年にチャーリー・マニエル、栗橋茂、羽田耕一らを擁しいてまえ打線と呼ばれた近鉄バファローズ打線が打ち立てたシーズンチーム本塁打記録(239本)の更新がシーズン前から大きく期待された。史上最強打線 フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤奈美

    遠藤奈美から見た高橋由伸高橋由伸

    巨人ファンでプロ野球好き。母親が巨人ファン、父親は阪神ファンでいつも対立している。遠藤は母よりになってしまい巨人ファンになる。ユニフォームを持っているのは高橋由伸で、高橋が女子アナと結婚した時はかなりショックだった。遠藤奈美 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年の日本シリーズ

    2012年の日本シリーズから見た高橋由伸高橋由伸

    外野手:7長野久義、8谷佳知、12鈴木尚広、24高橋由伸、31松本哲也、36ジョン・ボウカー、48矢野謙次、55大田泰示2012年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 小林幹英

    小林幹英から見た高橋由伸高橋由伸

    シーズン開幕戦で初登板し,8−3で中日の山本昌に勝ち初勝利、セ・リーグ通算9人目、広島では3人目となる新人投手開幕戦勝利を記録した。また、新人として救援で初登板初勝利を挙げたのは球団史上初であった。その後セットアップ、クローザーに定着し、新人ながらリリーバーとして活躍。新人王こそ川上憲伸に及ばなかったものの、高橋由伸、坪井智哉と共にセ・リーグ会長特別表彰を受ける。は抑えとして期待されつつも伸び悩み、試行錯誤を繰り返した。右膝などの故障を経て、からは右の中継ぎとして再び年間50試合以上に登板するなど活躍を見せた。翌も中継ぎの柱として活躍。ストレートとフォークボールに加え、スローカーブを駆使して50試合以上に登板し、シーズン終盤までルーキーイヤーを上回る防御率2点台前半から中盤を維持していた。最終盤で打ち込まれる試合が増え、最終的に防御率は3点台まで下がったものの、ルーキーイヤーに次ぐ成績でシーズンを終えた。小林幹英 フレッシュアイペディアより)

  • 開幕投手

    開幕投手から見た高橋由伸高橋由伸

    横浜ベイスターズの三浦大輔は、2005年には最優秀防御率を獲得、通算でも7度の二桁勝利を挙げるなどの活躍をしているにも関わらず、開幕戦に限っては7戦全敗と相性が悪い。2007年には対読売ジャイアンツ戦において、初回先頭打者である高橋由伸に投じた初球をホームランにされている。開幕投手 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の日本プロ野球

    2007年の日本プロ野球から見た高橋由伸高橋由伸

    セ・リーグ開幕。昨年のセ・リーグ覇者中日が2年ぶり、広島が3年連続、巨人が2年連続の開幕勝利を飾った。また、横浜対巨人で巨人・高橋由伸外野手がセ・リーグ史上初となる開幕初球先頭打者本塁打を放った。2007年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 最優秀新人 (日本プロ野球)

    最優秀新人 (日本プロ野球)から見た高橋由伸高橋由伸

    のセ・リーグは、川上憲伸(中日ドラゴンズ)、高橋由伸(読売ジャイアンツ)、坪井智哉(阪神タイガース)、小林幹英(広島東洋カープ)の4人が最優秀新人レベルの成績を挙げ、最優秀新人になった川上以外の3人全てが特別表彰を受けた。最優秀新人 (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

156件中 71 - 80件表示

「高橋由伸」のニューストピックワード