156件中 41 - 50件表示
  • 高橋由伸

    高橋由伸から見た読売新聞グループ本社

    ドラフトに際しては中日ドラゴンズ、日本ハムファイターズ、広島東洋カープを除く9球団の激しい争奪戦が繰り広げられる。高橋の出身地である千葉の千葉ロッテマリーンズファンが「高橋君にロッテへの逆指名入団を」と署名運動を繰り広げ、数万人の署名を集めたりもしたが、高橋本人は志望球団をヤクルトスワローズ、西武ライオンズ、読売ジャイアンツの3球団に絞る。ただ本人に「慶大野球部のように伸び伸びとしたチームがいい」との意向があったため、逆指名会見直前には読売新聞グループ傘下であるスポーツ報知を含めたいずれのマスコミも「ヤクルトスワローズに逆指名入団間違いなし」と報じていたが、本人の意思を超越した、周囲を巻き込みながらの壮絶な争奪戦が展開された結果、11月4日に巨人を1位で逆指名入団する。会見では笑顔が一切見られず、目には涙を浮かべていたこともあり、巨人逆指名に至るまでの経過についても終始マスコミに取り沙汰されていた。2012年3月には朝日新聞の取材により入団時の契約金が最高標準額を大幅に超える6億5千万円であったことが発覚している。高橋由伸 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋由伸

    高橋由伸から見たテレビ東京

    石川遼スペシャル RESPECT 〜ゴルフを愛する人々へ〜(2011年2月13日?3月6日、テレビ東京高橋由伸 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋由伸

    高橋由伸から見たテレビ朝日

    夢対決!とんねるずのスポーツ王は俺だ!スペシャル(2001年・2004年、テレビ朝日高橋由伸 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋由伸

    高橋由伸から見た副島孔太

    桐蔭学園野球部には期待の投手として入部したが、間もなく監督の土屋恵三郎から打撃と強肩を活かす右翼手への転向を薦められる。高橋は渋ったものの、転向すればすぐにレギュラーで3番を打たせるという言葉で決断。1年生時から3番・右翼手のレギュラーの座を掴む。このころから強肩・好守に加えて勝負強さの片鱗を見せていた。第73回全国高等学校野球選手権大会で3回戦に進出するも、鹿児島実とあたり、最後はサヨナラ負けを喫する。当時の同僚には高木大成(2学年上)や副島孔太(1学年上)がいた。高橋由伸 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋由伸

    高橋由伸から見たゴールデングラブ賞

    新人王候補にも名前が挙がったが、新人王は中日の川上憲伸が受賞。この年の川上との直接対決の成績は 22打数1安打(1本塁打)であった。新人王は獲得できなかったが、新人王の値する成績と認められ、異例とも言えるセントラル・リーグ特別表彰を受賞した。また、守備でも強肩を活かしてリーグ最多タイの12補殺を記録し、新人外野手としては史上初のゴールデングラブ賞を受賞。以降6年連続で受賞となる。この頃、長嶋監督から「ウルフ」のニックネームが与えられたが、一般には定着しなかった。高橋由伸 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋由伸

    高橋由伸から見た読売ジャイアンツ

    高橋 由伸(たかはし よしのぶ、1975年4月3日 - )は、読売ジャイアンツに所属するプロ野球選手(外野手、内野手)。高橋由伸 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋由伸

    高橋由伸から見た阪神タイガース

    この年より選手会長に任命される。また、松井のメジャー・リーグ移籍により中堅手へコンバートされた。清原の欠場もあり、初めて開幕戦を4番で迎えた。途中腰痛で戦線を離脱したものの、シーズン中盤には好調をキープし続け、11打数連続安打、14打席連続出塁のプロ野球タイ記録を樹立し、打率は自己最高の.323を記録した。6月1日の阪神戦では当時無敗を誇っていたジェフ・ウィリアムスからサヨナラ本塁打を打ち、シーズン唯一の黒星を付けた。7月15日のオールスターゲームでは2打数2本塁打3打点の活躍で自身初のオールスターMVPを受賞。また、シーズン後にはアテネ五輪の予選を兼ねた第22回アジア野球選手権大会に出場し、首位打者となった。高橋由伸 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋由伸

    高橋由伸から見た広島東洋カープ

    ドラフトに際しては中日ドラゴンズ、日本ハムファイターズ、広島東洋カープを除く9球団の激しい争奪戦が繰り広げられる。高橋の出身地である千葉の千葉ロッテマリーンズファンが「高橋君にロッテへの逆指名入団を」と署名運動を繰り広げ、数万人の署名を集めたりもしたが、高橋本人は志望球団をヤクルトスワローズ、西武ライオンズ、読売ジャイアンツの3球団に絞る。ただ本人に「慶大野球部のように伸び伸びとしたチームがいい」との意向があったため、逆指名会見直前には読売新聞グループ傘下であるスポーツ報知を含めたいずれのマスコミも「ヤクルトスワローズに逆指名入団間違いなし」と報じていたが、本人の意思を超越した、周囲を巻き込みながらの壮絶な争奪戦が展開された結果、11月4日に巨人を1位で逆指名入団する。会見では笑顔が一切見られず、目には涙を浮かべていたこともあり、巨人逆指名に至るまでの経過についても終始マスコミに取り沙汰されていた。2012年3月には朝日新聞の取材により入団時の契約金が最高標準額を大幅に超える6億5千万円であったことが発覚している。高橋由伸 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋由伸

    高橋由伸から見たナゴヤドーム

    メジャー・リーグのバリー・ボンズを参考にして重心移動に取り組み、長打力もアップ。オープン戦で6本塁打を記録した勢いそのままに開幕戦から3試合連続本塁打(1993年の秋山幸二以来6年ぶり)を放ち、4月には打率.433、8本塁打、29打点を記録し月間MVPを獲得。5月5日にはプロ2年目で巨人第66代の4番打者に指名される。以後チームメイトの松井秀喜、ヤクルトのペタジーニと熾烈な本塁打王争いを展開。しかし、本塁打王争いのトップに立っていた9月14日の中日戦(ナゴヤドーム)での守備の際に外野フェンスに激突し、鎖骨骨折の重傷を負いシーズンを終了。中日と激しい優勝争いをしていたチームにとっても痛手となり、本塁打王と共にチームの優勝も逃した。118試合の出場に留まるものの、打率.315、34本塁打、98打点の堂々たる成績を残す。初のベストナインに選出され、2年目で年俸1億円を越えた。高橋由伸 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋由伸

    高橋由伸から見た長野久義

    レギュラー再奪取を目標として掲げ、開幕戦に「5番右翼」でスタメン出場。しかし、4月26日のヤクルト戦の守備で外野フェンスに激突して負傷交代、29日に登録を抹消。検査の結果、左肋骨を骨折していたことが判明した。故障明けの6月11日に再登録。7月10日には史上108人目となる1500本安打を達成。8月7日の広島戦ではチームを救うダイビングキャッチで「ジョージア魂」賞を受賞。8月20日には3年ぶりに4番として先発し、、同月26日の阪神戦でも攻守に活躍。10月12日の阪神戦では自身8年ぶりのサヨナラ本塁打を代打で放った。しかし、シーズンを通じては95試合出場で打率.246、15本塁打、37打点という成績に終わり、規定打席にも届かず。一方で、OPSは.829と規定打席到達者の中でリーグトップだった長野久義(.847)と遜色ない成績を残した。高橋由伸 フレッシュアイペディアより)

156件中 41 - 50件表示

「高橋由伸」のニューストピックワード