200件中 51 - 60件表示
  • 高橋由伸

    高橋由伸から見た宮出隆自

    初三振:1998年4月4日、対ヤクルトスワローズ2回戦(明治神宮野球場)、8回表に宮出隆自の前に空振り三振高橋由伸 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋由伸

    高橋由伸から見たTHE BLUE HEARTS

    2002 - 2004年、2006年:THE BLUE HEARTS「夢」高橋由伸 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋由伸

    高橋由伸から見た上原浩治

    慶應義塾大学野球部で1年時からレギュラー。春季リーグ戦の開幕1試合目から5番・三塁手として出場、ルーキー新記録の3本塁打を放った。3年時の東京六大学野球1996年春季リーグ戦では打率.512、5本塁打を記録して三冠王を獲得。4年時の1997年には主将に就いた。相手が勝負を避けるようになり、2試合で7四球など敬遠も目立つ中、春季リーグ戦ではチームを9季ぶりのリーグ優勝に導くなど貢献する。秋季リーグでは法政大学の安藤優也から本塁打を放ち、田淵幸一の持つ東京六大学リーグ本塁打記録を更新した。リーグ通算102試合出場(4年間全試合フルイニング出場)し、通算打率.325、119安打(当時歴代4位)、23本塁打(歴代1位)、62打点(当時歴代12位)、219塁打(歴代1位)と記録的な成績を残す。日米大学野球においても日本代表の4番打者として3試合連続本塁打を打つなど活躍。インターコンチネンタルカップでも大学生ながら日本代表の4番打者として出場し、上原浩治(大阪体育大学)が先発した国際大会151連勝中のキューバとの決勝戦で1回裏に先制点かつ決勝点となる3点本塁打を放ち、その後も2点三塁打を打つなど優勝に貢献した。同年に大学を卒業し、甘いマスクと走攻守を兼ね揃えた六大学のスターとして高い人気を誇っていた。ちなみに、リーグ戦では1度だけリリーフ投手として登板し無失点で切り抜け、球速149km/hを記録したことがある。当時慶大の後藤寿彦監督は高橋のことを「試合の勝敗にはすごくこだわるのに、自分の記録や賞についてはギラギラしていない」と語った。高橋の大学の3学年後輩である佐藤友亮は、「後輩に怒ることが全く無く、後輩が叱られていたら庇ってくれる仏様のような人」「彼がいなかったら何人も野球部を辞めていた」とプロ入り後に語っている。また、高橋と同期である明治大学の川上憲伸とは六大学野球新記録となる本塁打を放つなど大学時代よりライバルであった。高橋由伸 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋由伸

    高橋由伸から見た原辰徳

    1月に元日本テレビの小野寺麻衣アナウンサーと結婚。手術により調整が遅れ、オープン戦には中盤から参加した。この年から再就任した原辰徳監督の「守備の要であるセンターラインを守ることでチームを引っ張っていってほしい」という方針から再び中堅手にコンバート。右足首の状態は開幕に間に合うかどうかというものであったが、開幕から好調なスタートを切った。しかし、4月12日の広島戦にてセンターの守備でダイビングキャッチの際、左脇腹の肉離れを起こし約1ヶ月の離脱となった。復帰して半月ほどたった5月27日のロッテ戦で再びダイビングキャッチを試みて左肩を負傷した。その後守備位置を中堅手に戻されるが、度重なる負傷で本来の打撃や守備を取り戻すことができず後半戦からは守備の負担を軽減させるため初めて左翼手の守備に就いた。8月18日の中日戦で1000試合出場を達成。前年に手術した右足首の状態が悪いままプレーを続けたこともあり、2年連続で規定打席を割り、打率.260、15本塁打と不本意な成績に終わった。高橋由伸 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋由伸

    高橋由伸から見た中日ドラゴンズ

    ドラフトに際しては中日ドラゴンズ、日本ハムファイターズ、広島東洋カープを除く9球団の激しい争奪戦が繰り広げられる。高橋の出身地である千葉市を本拠地とする千葉ロッテマリーンズのファンが「高橋君にロッテへの逆指名入団を」との署名運動を繰り広げ、数万人の署名を集めたが高橋は志望球団をヤクルトスワローズ、西武ライオンズ、読売ジャイアンツの3球団に絞り、11月4日に巨人を1位で逆指名し入団した。高橋由伸 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋由伸

    高橋由伸から見たゴールデングラブ賞

    新人王候補にも名前が挙がったが、新人王は中日の川上が受賞した。この年の川上との直接対決の成績は 22打数1安打(1本塁打)であった。新人王は獲得できなかったが、新人王に値する成績と認められ異例とも言えるセントラル・リーグ特別表彰を受賞した。また、守備でも強肩を活かしてリーグ最多タイの12補殺を記録し、新人外野手としては史上初のゴールデングラブ賞を受賞した。以降6年連続で受賞となる。同年、長嶋監督から「ウルフ」のニックネームが与えられた。高橋由伸 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋由伸

    高橋由伸から見た広島東洋カープ

    ドラフトに際しては中日ドラゴンズ、日本ハムファイターズ、広島東洋カープを除く9球団の激しい争奪戦が繰り広げられる。高橋の出身地である千葉市を本拠地とする千葉ロッテマリーンズのファンが「高橋君にロッテへの逆指名入団を」との署名運動を繰り広げ、数万人の署名を集めたが高橋は志望球団をヤクルトスワローズ、西武ライオンズ、読売ジャイアンツの3球団に絞り、11月4日に巨人を1位で逆指名し入団した。高橋由伸 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋由伸

    高橋由伸から見たフジテレビジョン

    NONFIX高橋由伸 300日の肖像 〜巨人の理由〜(1998年1月27日、フジテレビ高橋由伸 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋由伸

    高橋由伸から見たヤナセ

    ヤナセ・ジャイアンツMVP賞:2回 (2003年、2015年)高橋由伸 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋由伸

    高橋由伸から見たテレビ東京

    ガイアの夜明け(2008年7月29日、テレビ東京高橋由伸 フレッシュアイペディアより)

200件中 51 - 60件表示

「高橋由伸」のニューストピックワード