200件中 61 - 70件表示
  • 高橋由伸

    高橋由伸から見たテレビ朝日

    夢対決!とんねるずのスポーツ王は俺だ!スペシャル(2001年・2004年、テレビ朝日高橋由伸 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋由伸

    高橋由伸から見た山内泰幸

    入団当初より長嶋茂雄監督から「21世紀のスター」として期待され、開幕戦に7番・右翼手で先発出場しいきなりプロ初安打を放った。4月7日、東京ドームでの広島東洋カープ戦で、山内泰幸からプロ入り初本塁打を記録した。右足を高く上げる独特の一本足打法で打線を牽引し、後半戦からは5番打者に定着。オールスターゲームのファン投票では新人史上最多の51万4351票で選出され、以降7年連続で出場した。最終的に打率.300(リーグ8位)、19本塁打(リーグ9位)、75打点(リーグ10位)、OPS.852(リーグ8位)の好成績を収めてシーズンを終えた。プロ1年目での打率3割(規定打席到達)は史上7人目、セ・リーグでは長嶋茂雄以来40年ぶり。さらに新人での満塁本塁打3本は史上初のことだった。高橋由伸 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋由伸

    高橋由伸から見た埼玉西武ライオンズ

    ドラフトに際しては中日ドラゴンズ、日本ハムファイターズ、広島東洋カープを除く9球団の激しい争奪戦が繰り広げられる。高橋の出身地である千葉市を本拠地とする千葉ロッテマリーンズのファンが「高橋君にロッテへの逆指名入団を」との署名運動を繰り広げ、数万人の署名を集めたが高橋は志望球団をヤクルトスワローズ、西武ライオンズ、読売ジャイアンツの3球団に絞り、11月4日に巨人を1位で逆指名し入団した。高橋由伸 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋由伸

    高橋由伸から見た広島市民球場 (初代)

    春季キャンプ前の自主トレで「タイトル奪取」を目標に掲げ、開幕から好調を維持。5月4日の横浜戦では二打席連続本塁打を放ち、この時点で打率は4割を超えていた。6月の広島戦では球団通算7500号本塁打を放ち、対戦投手は2000年にも球団通算節目の本塁打を放った高橋建だった。しかし、シーズン中盤に入るとスランプに陥り、4割を超えていた打率は7月末には3割台前半にまで落ち込んだ。8月3日の広島戦(旧広島市民球場)では新井貴浩が放った打球をフェンス際でジャンピングキャッチを試みた際に左足かかとを強打し戦線離脱(左足底筋腱挫傷)。復帰までに約1ヶ月半を要し、その復帰第1戦となった9月16日の横浜ベイスターズ戦で中根仁が放った同様のフェンス際の打球ではジャンピングキャッチを成功させた。本塁打・打点は新ストライクゾーンと35試合欠場した影響で前年から大幅に成績を下げてしまい、開幕前に掲げたタイトル奪取はならなかったが、2年連続で打率3割をキープした。高橋由伸 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋由伸

    高橋由伸から見た千葉市

    高橋 由伸(たかはし よしのぶ、1975年4月3日 - )は、千葉県千葉市中央区出身の日本の元プロ野球選手(外野手、内野手)。読売ジャイアンツ監督(第18代)。高橋由伸 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋由伸

    高橋由伸から見たオリックス・バファローズ

    心身ともに強い選手という意味で「強」をテーマに掲げ、原監督は開幕戦から高橋を「1番・右翼」で起用した。横浜との開幕戦(横浜スタジアム)の第1打席、横浜先発の三浦大輔の初球を右翼スタンドへ本塁打を放ち、セントラル・リーグ史上初、の衆樹資宏(阪急)以来45年ぶりの開幕戦初球先頭打者本塁打を放ち、長嶋茂雄の5年連続に次ぐ歴代2位の3年連続開幕戦本塁打を記録した。4月28日、FA権を取得するも、早い段階で宣言せずに残留することを表明。生涯巨人を宣言した。6月以降は右足首痛が悪化するもそのまま出場を続け、6月には打率.408、8本塁打、18打点、OPS1.347を記録し4年ぶりとなる月間MVPを受賞。7月26日の横浜戦ではマット・ホワイトからプロ野球新記録となるシーズン9本目の初回先頭打者本塁打を記録。終盤は腰痛により成績を落としたが、1年を通じて大きなケガや長期離脱もなくプレーし、3年ぶりに規定打席に到達し、リーグ6位の打率.308を記録。8年ぶりのベストナインに選ばれ、4年ぶりのゴールデングラブ賞も獲得。高橋由伸 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋由伸

    高橋由伸から見た読売ジャイアンツ

    高橋 由伸(たかはし よしのぶ、1975年4月3日 - )は、千葉県千葉市中央区出身の日本の元プロ野球選手(外野手、内野手)。読売ジャイアンツ監督(第18代)。高橋由伸 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋由伸

    高橋由伸から見た北海道日本ハムファイターズ

    ドラフトに際しては中日ドラゴンズ、日本ハムファイターズ、広島東洋カープを除く9球団の激しい争奪戦が繰り広げられる。高橋の出身地である千葉市を本拠地とする千葉ロッテマリーンズのファンが「高橋君にロッテへの逆指名入団を」との署名運動を繰り広げ、数万人の署名を集めたが高橋は志望球団をヤクルトスワローズ、西武ライオンズ、読売ジャイアンツの3球団に絞り、11月4日に巨人を1位で逆指名し入団した。高橋由伸 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋由伸

    高橋由伸から見た阪神タイガース

    この年より選手会長に任命される。また、松井のMLB・ニューヨーク・ヤンキース移籍により守備位置が右翼手から中堅手へコンバートされた。清原の欠場もあり、初めて開幕戦を4番で迎えた。途中腰痛で戦線を離脱したものの、シーズン中盤には好調をキープし続け、11打数連続安打、14打席連続出塁のプロ野球タイ記録を樹立し、打率は自己最高の.323を記録した。6月1日の阪神戦では当時無敗を誇っていたジェフ・ウィリアムスからサヨナラ本塁打を打ち、シーズン唯一の黒星を付けた。7月15日のオールスターゲームでは2打数2本塁打3打点の活躍で自身初のオールスターMVPを受賞。また、シーズン後にはアテネ五輪の予選を兼ねた第22回アジア野球選手権大会に出場し、首位打者となった。高橋由伸 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋由伸

    高橋由伸から見たケリー・クラークソン

    2014年 - 2015年:ケリー・クラークソン「Stronger (What Doesn't Kill You)」高橋由伸 フレッシュアイペディアより)

200件中 61 - 70件表示

「高橋由伸」のニューストピックワード