156件中 81 - 90件表示
  • 高橋由伸

    高橋由伸から見た「ジョージア魂」賞

    レギュラー再奪取を目標として掲げ、開幕戦に「5番右翼」でスタメン出場。しかし、4月26日のヤクルト戦の守備で外野フェンスに激突して負傷交代、29日に登録を抹消。検査の結果、左肋骨を骨折していたことが判明した。故障明けの6月11日に再登録。7月10日には史上108人目となる1500本安打を達成。8月7日の広島戦ではチームを救うダイビングキャッチで「ジョージア魂」賞を受賞。8月20日には3年ぶりに4番として先発し、、同月26日の阪神戦でも攻守に活躍。10月12日の阪神戦では自身8年ぶりのサヨナラ本塁打を代打で放った。しかし、シーズンを通じては95試合出場で打率.246、15本塁打、37打点という成績に終わり、規定打席にも届かず。一方で、OPSは.829と規定打席到達者の中でリーグトップだった長野久義(.847)と遜色ない成績を残した。高橋由伸 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋由伸

    高橋由伸から見たリリーフ

    4番打者となり、投手を兼任するようになった2年時の1992年にも第74回全国高等学校野球選手権大会に出場。沖縄尚学とあたり、本塁でのクロスプレーで左太股の肉離れを起こしたが、8回からリリーフ投手として登板。結果、延長12回でまたもサヨナラ負けを喫し、1回戦敗退。最後は足の痛みで歩けなくなり、チームメイトに担がれながらマウンドを下りた。その後、怪我と腰痛治療のために2週間の入院を余儀なくされたが、退院後にはチームメイトからの厚い人望により翌年の主将に任命される。「自分はチームを引っ張っていけるようなタイプではない」と最初は断ったものの、監督命令と聞いて引き受けたという。先輩である副島孔太は「口で引っ張っていくのではなく、日常の自然な練習態度や言動から気がつけば周囲に人が集まっている、という独特の雰囲気を持っていた」としている。高橋由伸 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋由伸

    高橋由伸から見た東京ドーム

    東京ドームMVP:1回 (1998年)高橋由伸 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋由伸

    高橋由伸から見たOPS (野球)

    入団当初より長嶋茂雄監督から「21世紀のスター」として期待され、開幕戦に7番・右翼手で先発出場し、いきなりプロ初安打を放つ。右足を高く上げる独特の一本足打法で打線を牽引し、後半戦からは5番打者に定着。オールスターゲームのファン投票では新人史上最多の51万4351票で選出され、以降7年連続で出場した。最終的に、打率.300、19本塁打、75打点、OPS.852の好成績でシーズンを終えた。プロ1年目での打率3割(規定打席到達)は史上7人目、セ・リーグでは長嶋茂雄以来40年ぶり。さらに新人で満塁本塁打3本は史上初だった。高橋由伸 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋由伸

    高橋由伸から見た2003年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    この年より選手会長に任命される。また、松井のメジャー・リーグ移籍により中堅手へコンバートされた。清原の欠場もあり、初めて開幕戦を4番で迎えた。途中腰痛で戦線を離脱したものの、シーズン中盤には好調をキープし続け、11打数連続安打、14打席連続出塁のプロ野球タイ記録を樹立し、打率は自己最高の.323を記録した。6月1日の阪神戦では当時無敗を誇っていたジェフ・ウィリアムスからサヨナラ本塁打を打ち、シーズン唯一の黒星を付けた。7月15日のオールスターゲームでは2打数2本塁打3打点の活躍で自身初のオールスターMVPを受賞。また、シーズン後にはアテネ五輪の予選を兼ねた第22回アジア野球選手権大会に出場し、首位打者となった。高橋由伸 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋由伸

    高橋由伸から見た左翼手

    手術により調整が遅れ、オープン戦には中盤から参加。この年から監督に再就任した原辰徳の「守備の要であるセンターラインを守ることでチームを引っ張っていってほしい」という方針から再び中堅手にコンバート。右足首の状態は開幕に間に合うかどうかというものであったが、開幕から好調なスタートを切った。しかし、4月12日の広島戦にてセンターの守備でダイビングキャッチの際、左脇腹の肉離れを起こし約1ヶ月の離脱。復帰して半月ほどたった5月27日のロッテ戦で再びダイビングキャッチを試みて左肩を負傷。その後守備位置を中堅手に戻されるが、度重なる負傷で本来の打撃や守備を取り戻すことができず、後半戦からは守備の負担を軽減させるため初めて左翼手の守備に就いた。8月18日の中日戦で1000試合出場を達成。前年に手術した右足首の状態が悪いままプレーを続けたこともあり、2年連続で規定打席を割り、打率.260、15本塁打と不本意な成績に終わった。高橋由伸 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋由伸

    高橋由伸から見た中堅手

    この年より選手会長に任命される。また、松井のメジャー・リーグ移籍により中堅手へコンバートされた。清原の欠場もあり、初めて開幕戦を4番で迎えた。途中腰痛で戦線を離脱したものの、シーズン中盤には好調をキープし続け、11打数連続安打、14打席連続出塁のプロ野球タイ記録を樹立し、打率は自己最高の.323を記録した。6月1日の阪神戦では当時無敗を誇っていたジェフ・ウィリアムスからサヨナラ本塁打を打ち、シーズン唯一の黒星を付けた。7月15日のオールスターゲームでは2打数2本塁打3打点の活躍で自身初のオールスターMVPを受賞。また、シーズン後にはアテネ五輪の予選を兼ねた第22回アジア野球選手権大会に出場し、首位打者となった。高橋由伸 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋由伸

    高橋由伸から見たオールスターゲーム (日本プロ野球)

    オールスターゲームMVP:1回 (2003年 第1戦)高橋由伸 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋由伸

    高橋由伸から見たダイハツ・アトレー

    アトレー」 - CMソングも歌っている。高橋由伸 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋由伸

    高橋由伸から見た遊撃手

    千葉県千葉市中央区出身。右利きだが、3歳の頃から誰に言われるでもなく自然と左打ちだった。小学校4年生で地元少年野球チームへ入団すると同時に、6年生ばかりのレギュラーに唯一入れられる。入団以前から同じグラウンドで練習していた高橋を見ていた監督が、動きやスイングの速さなどに卓越したセンスを感じたためであった。5年生時には3番・ショートとしてチームの県大会初優勝、6年生時には4番・エースとして2連覇に貢献。高橋由伸 フレッシュアイペディアより)

156件中 81 - 90件表示

「高橋由伸」のニューストピックワード