187件中 111 - 120件表示
  • 小田和正

    小田和正から見た高橋真梨子�舘真梨子

    2014年7月 アルバム 『小田日和』 - 「オリコンアルバムチャート週間3位で獲得 10位以内獲得日本人ソロ最年長記録」 66歳10か月(それまでのアルバムチャート10位以内の日本人ソロ最年長記録は高橋真梨子の64歳4か月での4位獲得(2013年6月24日付『高橋40年』))。小田和正 フレッシュアイペディアより)

  • ロバータ・フラック

    ロバータ・フラックから見た高橋真梨子�舘真梨子

    1999年、高橋真梨子の曲を英語詞でカヴァーしたアルバム『フレンズ〜ロバータ・フラック・シングス・マリコ・タカハシ』を発表。2014年には平井堅のアルバム『Ken's Bar III』に収録された「やさしく歌って」のカヴァーに本人参加した。ロバータ・フラック フレッシュアイペディアより)

  • 見上げてごらん夜の星を (曲)

    見上げてごらん夜の星を (曲)から見た高橋真梨子�舘真梨子

    高橋真梨子(アルバム『No Reason 〜オトコゴコロ〜』に収録)見上げてごらん夜の星を (曲) フレッシュアイペディアより)

  • 三沢またろう

    三沢またろうから見た高橋真梨子�舘真梨子

    東京音楽大学在学中にサンババンド「OPA」に参加、続いてシュガー(1982年)や高橋真梨子(1983年)などのアーティストのバックバンドでプロのパーカッショニストとしてレコーディングおよび演奏活動を開始する。そして大学卒業後の1985年にスタジオミュージシャンとしての活動を本格化。以来、さまざまなアーティストのレコーディングやライブに参加する。そのジャンルはポップス・ハードロック・メタル・ラップ・歌謡曲・アニメソング・CMジングルなど幅広い。またスタジオ・ミュージシャンとしての活動と並行してアーティストのアレンジやプロデュース、CMの作曲・編曲等を手掛け、複数の音楽ユニットやバンドにも参加する。自身のバンド「J.A.M」「東京マンデーズ」「The Rhythm Kings」ではボーカル・ギターも担当する。三沢またろう フレッシュアイペディアより)

  • 風のエオリア

    風のエオリアから見た高橋真梨子�舘真梨子

    チョー・ヨンピル、高橋真梨子がカバーした(高橋版は、2010年発表のアルバム『No Reason 2 〜もっとオトコゴコロ〜』に収録)。風のエオリア フレッシュアイペディアより)

  • 冬の幻

    冬の幻から見た高橋真梨子�舘真梨子

    マーティ・フリードマンは、「冬の幻」を「メロディーだけを聴いていると、高橋真梨子が歌うのもアリじゃんって思わせるくらい、日本的な"ザ・歌謡曲"というもの。でも、Acid Black Cherryは、それをゴリゴリのロックの解釈で仕上げているのが凄く面白い。」と評した。冬の幻 フレッシュアイペディアより)

  • 酔いどれ小籐次留書

    酔いどれ小籐次留書から見た高橋真梨子�舘真梨子

    主題歌:高橋真梨子「出逢いに帰らせて」酔いどれ小籐次留書 フレッシュアイペディアより)

  • セーラー服と機関銃 (曲)

    セーラー服と機関銃 (曲)から見た高橋真梨子�舘真梨子

    高橋真梨子 - 2015年、カバーアルバム『ClaChic -クラシック-』に「夢の途中」のカバーとして収録。セーラー服と機関銃 (曲) フレッシュアイペディアより)

  • 大久保敦夫

    大久保敦夫から見た高橋真梨子�舘真梨子

    これまでにw-inds.、チューリップ、MULTI MAX(CHAGE's Band)、CHAGE&ASKA、永井真理子、Hi-Fi Set、沢田知可子、斉藤和義、国分友里恵、吉岡秀隆、甲斐よしひろ、甲斐バンド、高橋真梨子、徳永英明、中島みゆき、花*花、古内東子、浜田省吾、梁邦彦、KinKi Kids、ENDLICHERI☆ENDLICHERI、中西圭三、鈴木理一郎などのレコーディングやコンサートツアー、小堺一機の『小堺クンのおすましでSHOW』や、ブロードウエイミュージカル『RENT08?09』のステージオーケストラに参加。大久保敦夫 フレッシュアイペディアより)

  • 本多雄一

    本多雄一から見た高橋真梨子�舘真梨子

    高橋真梨子「遥かな人へ」 (2013年)本多雄一 フレッシュアイペディアより)

187件中 111 - 120件表示

「高橋真梨子」のニューストピックワード