106件中 11 - 20件表示
  • 高橋真梨子

    高橋真梨子から見たペドロ&カプリシャス

    1972年、中洲のナイトクラブで歌っていたところ「ペドロ&カプリシャス」のペドロ梅村にスカウトされる。同年に「別れの朝」が大ヒットしながらも突如離脱した先代・前野曜子に次ぐ、二代目ボーカルとして参加。高橋真梨子 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋真梨子

    高橋真梨子から見たジャズ

    父・森岡月夫は広島鉄道局、母・髙橋千鶴子は広島市内の銀行に、それぞれ勤務時の1945年8月6日、米軍の原子爆弾投下により被爆。戦後、国鉄を辞めてプロのジャズクラリネット奏者を目指した父は、朝鮮戦争下で米軍基地が多くジャズが盛んであった福岡に移り、まもなく当時1歳だった真梨子も母に連れられて博多に転居した。5歳の時に両親は別居、真梨子は母と博多に残る。小学校3年10歳の時に父母の離婚成立で、母親の「髙橋」姓となる。真梨子はこの時不倫をした母が許せず長い間に渡って恨み続けた。中高生時代には母が自分に触れることすら許せなかったという。父は広島に戻り、広島市内のクラブでジャズプレイヤーとして働いたが、入市被爆が原因で長らく後遺症に苦しんだのち37歳で亡くなった。この時も母は真梨子に泣きながら抱きついたらしいがそれをも振り切ったという。福岡市立高宮中学校卒業。高橋真梨子 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋真梨子

    高橋真梨子から見た原爆症

    父・森岡月夫は広島鉄道局、母・髙橋千鶴子は広島市内の銀行に、それぞれ勤務時の1945年8月6日、米軍の原子爆弾投下により被爆。戦後、国鉄を辞めてプロのジャズクラリネット奏者を目指した父は、朝鮮戦争下で米軍基地が多くジャズが盛んであった福岡に移り、まもなく当時1歳だった真梨子も母に連れられて博多に転居した。5歳の時に両親は別居、真梨子は母と博多に残る。小学校3年10歳の時に父母の離婚成立で、母親の「髙橋」姓となる。真梨子はこの時不倫をした母が許せず長い間に渡って恨み続けた。中高生時代には母が自分に触れることすら許せなかったという。父は広島に戻り、広島市内のクラブでジャズプレイヤーとして働いたが、入市被爆が原因で長らく後遺症に苦しんだのち37歳で亡くなった。この時も母は真梨子に泣きながら抱きついたらしいがそれをも振り切ったという。福岡市立高宮中学校卒業。高橋真梨子 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋真梨子

    高橋真梨子から見た日本放送協会

    NHK・深夜放映の音楽番組『SONGS』には、2017年現在髙橋が最多出場回数を誇っている。通算11回目の同番組出演となった2015年4月25日の放送では『髙橋真梨子 オールタイムリクエスト』と銘打ち、視聴者からのリクエストを募って、リクエストの多かった上位4曲(実際は5曲。4位「桃色吐息」、3位「五番街のマリーへ」。ペドロ&カプリシャス時代の曲で「ジョニィへの伝言」とメドレー形式で披露、2位「ごめんね…」、1位「for you…」)。高橋真梨子 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋真梨子

    高橋真梨子から見たヘンリー広瀬

    広島県廿日市市出身、福岡県福岡市育ち。うお座。駒沢学園女子高等学校卒業。夫はミュージシャンのヘンリー広瀬。スポーツ観戦を趣味とする。所属レコード会社はビクターエンタテインメント。所属事務所はザ・ミュージックス。高橋真梨子 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋真梨子

    高橋真梨子から見た前野曜子

    1972年、中洲のナイトクラブで歌っていたところ「ペドロ&カプリシャス」のペドロ梅村にスカウトされる。同年に「別れの朝」が大ヒットしながらも突如離脱した先代・前野曜子に次ぐ、二代目ボーカルとして参加。高橋真梨子 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋真梨子

    高橋真梨子から見た徹子の部屋

    徹子の部屋』夫・ヘンリー広瀬と共演(テレビ朝日系列・2013年6月7日)高橋真梨子 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋真梨子

    高橋真梨子から見た福岡市

    広島県廿日市市出身、福岡県福岡市育ち。うお座。駒沢学園女子高等学校卒業。夫はミュージシャンのヘンリー広瀬。スポーツ観戦を趣味とする。所属レコード会社はビクターエンタテインメント。所属事務所はザ・ミュージックス。高橋真梨子 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋真梨子

    高橋真梨子から見たNHK紅白歌合戦

    かつて髙橋が「ペドロ&カプリシャス」からの独立当初は、コンサート・レコーディングなどの音楽活動を重視しており、テレビ等のメディア出演は自制していた。年末恒例の『NHK紅白歌合戦』の出演依頼に対しても「大晦日にスケジュールを拘束されたくない」という理由で辞退したこともあったが、「桃色吐息」がヒットした1984年の『第35回NHK紅白歌合戦』にはソロ歌手として初出場を果たした(なお「ペドロ&カプリシャス」時代も含めると、髙橋自身紅白出場は10年ぶり2回目である)。高橋真梨子 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋真梨子

    高橋真梨子から見たナイトクラブ

    1972年、中洲のナイトクラブで歌っていたところ「ペドロ&カプリシャス」のペドロ梅村にスカウトされる。同年に「別れの朝」が大ヒットしながらも突如離脱した先代・前野曜子に次ぐ、二代目ボーカルとして参加。高橋真梨子 フレッシュアイペディアより)

106件中 11 - 20件表示

「高橋真梨子」のニューストピックワード