73件中 31 - 40件表示
  • �舘真梨子

    高橋真梨子から見た遥かな人へ

    広島県廿日市町(現・廿日市市)生まれ、福岡県福岡市育ち。うお座。駒沢学園女子高等学校卒業。夫はミュージシャンのヘンリー広瀬。スポーツ観戦を趣味とする。所属レコード会社はビクターエンタテインメント。代表曲には「桃色吐息」「はがゆい唇」「遥かな人へ」「ごめんね…」などがある。高橋真梨子 フレッシュアイペディアより)

  • �舘真梨子

    高橋真梨子から見たはがゆい唇

    広島県廿日市町(現・廿日市市)生まれ、福岡県福岡市育ち。うお座。駒沢学園女子高等学校卒業。夫はミュージシャンのヘンリー広瀬。スポーツ観戦を趣味とする。所属レコード会社はビクターエンタテインメント。代表曲には「桃色吐息」「はがゆい唇」「遥かな人へ」「ごめんね…」などがある。高橋真梨子 フレッシュアイペディアより)

  • �舘真梨子

    高橋真梨子から見たいすゞ・ジェミニ

    ハート&ハード〜時には強く時には優しく〜/YOU'RE SO FAR AWAY(1979年6月11日・いすゞ・ジェミニ CMソング)高橋真梨子 フレッシュアイペディアより)

  • �舘真梨子

    高橋真梨子から見たクラリネット

    父・森岡月夫は広島鉄道局、母・?橋千鶴子は広島市内の銀行に、それぞれ勤務時の1945年8月6日、米軍の原子爆弾投下により被爆。戦後、国鉄を辞めてプロのジャズクラリネット奏者を目指した父は、朝鮮戦争下で米軍基地が多くジャズが盛んであった福岡に移り、まもなく当時1歳だった真梨子も母に連れられて博多に転居した。5歳の時に両親は別居、真梨子は母と博多に残る。10歳の時に父母の離婚成立で、母親の「?橋」姓となる。父は広島に戻ったが、入市被爆が原因で長らく後遺症に苦しんだのち39歳の若さで亡くなった。中学校は、後に多くの著名人を輩出する福岡市立高宮中学校を卒業。高橋真梨子 フレッシュアイペディアより)

  • �舘真梨子

    高橋真梨子から見た五番街のマリーへ

    1972年に「ペドロ&カプリシャス」のペドロ梅村にスカウトされ、先代に次ぐ二代目ボーカルとして参加。翌1973年には『ジョニィへの伝言』『五番街のマリーへ』などがヒット。翌1974年末の「第25回NHK紅白歌合戦」では『ジョニィへの伝言』で初出場を果たした。高橋真梨子 フレッシュアイペディアより)

  • �舘真梨子

    高橋真梨子から見たロイヤル・アルバート・ホール

    1993年8月5日に「ペドロ&カプリシャス」時代のメンバーであったヘンリー広瀬と結婚する。年一回のペースでアルバムを制作・発表し、それに伴うコンサートツアーを行っている。コンサート活動は50回を越え、米カーネギー・ホールや英ロイヤル・アルバート・ホールなど海外での舞台実績もあり、現地在留邦人の支持も高い。高橋真梨子 フレッシュアイペディアより)

  • �舘真梨子

    高橋真梨子から見た駒沢学園女子中学校・高等学校

    広島県廿日市町(現・廿日市市)生まれ、福岡県福岡市育ち。うお座。駒沢学園女子高等学校卒業。夫はミュージシャンのヘンリー広瀬。スポーツ観戦を趣味とする。所属レコード会社はビクターエンタテインメント。代表曲には「桃色吐息」「はがゆい唇」「遥かな人へ」「ごめんね…」などがある。高橋真梨子 フレッシュアイペディアより)

  • �舘真梨子

    高橋真梨子から見たNo Reason 〜オトコゴコロ〜

    No Reason 〜オトコゴコロ〜 (2009年5月20日)高橋真梨子 フレッシュアイペディアより)

  • �舘真梨子

    高橋真梨子から見たシティーハンター (アニメ)

    十六夜/ジェラシー(1989年6月21日・映画『シティーハンター 愛と宿命のマグナム』 エンディングテーマ)高橋真梨子 フレッシュアイペディアより)

  • �舘真梨子

    高橋真梨子から見たソフィーナ

    中高年(とくに同年代の女性)層での人気が高い『ごめんね…』は「火曜サスペンス劇場」の主題歌として、同番組のターゲットである主婦層から多数のの支持を得る。なおTV番組主題歌としては『聖母たちのララバイ(岩崎宏美)』に次ぐ売上を記録、カラオケ・チャートでも40-50代女性の中で1位とした。また清酒「白鶴」のCMソングに起用され、本人も同商品のCMに出演する。さらに、同年代候補の女優を抑えて、中高年向け高級化粧品「グレイスソフィーナ」のイメージキャラクターにも選出された。高橋真梨子 フレッシュアイペディアより)

73件中 31 - 40件表示

「高橋真梨子」のニューストピックワード