73件中 51 - 60件表示
  • �舘真梨子

    高橋真梨子から見たジョニィへの伝言

    1972年に「ペドロ&カプリシャス」のペドロ梅村にスカウトされ、先代に次ぐ二代目ボーカルとして参加。翌1973年には『ジョニィへの伝言』『五番街のマリーへ』などがヒット。翌1974年末の「第25回NHK紅白歌合戦」では『ジョニィへの伝言』で初出場を果たした。高橋真梨子 フレッシュアイペディアより)

  • �舘真梨子

    高橋真梨子から見た広島市への原子爆弾投下

    父・森岡月夫は広島鉄道局、母・?橋千鶴子は広島市内の銀行に、それぞれ勤務時の1945年8月6日、米軍の原子爆弾投下により被爆。戦後、国鉄を辞めてプロのジャズクラリネット奏者を目指した父は、朝鮮戦争下で米軍基地が多くジャズが盛んであった福岡に移り、まもなく当時1歳だった真梨子も母に連れられて博多に転居した。5歳の時に両親は別居、真梨子は母と博多に残る。10歳の時に父母の離婚成立で、母親の「?橋」姓となる。父は広島に戻ったが、入市被爆が原因で長らく後遺症に苦しんだのち39歳の若さで亡くなった。中学校は、後に多くの著名人を輩出する福岡市立高宮中学校を卒業。高橋真梨子 フレッシュアイペディアより)

  • �舘真梨子

    高橋真梨子から見た目を見て語れ 恋人たちよ

    目を見て語れ 恋人たちよ(2008年7月23日・日本テレビ開局55周年記念特別番組『ヒットメーカー 阿久悠物語』テーマソング)高橋真梨子 フレッシュアイペディアより)

  • �舘真梨子

    高橋真梨子から見た拳骨にくちづけ

    愛はルフラン/The time to say goodbye(1981年3月21日・TBSテレビドラマ『拳骨にくちづけ』 主題歌)高橋真梨子 フレッシュアイペディアより)

  • �舘真梨子

    高橋真梨子から見た天晴れ夜十郎

    海色の風?君住む場所へ?/君の海に(1997年10月30日・テレビ朝日系『驚きももの木20世紀』 エンディングテーマ/NHK総合 金曜時代劇『天晴れ夜十郎』エンディングテーマ)高橋真梨子 フレッシュアイペディアより)

  • �舘真梨子

    高橋真梨子から見た正しい恋愛のススメ

    淡き恋人/時間のそよ風(2005年9月16日・TBS系列『正しい恋愛のススメ』主題歌、「グレイスソフィーナ」TV・CMソング)高橋真梨子 フレッシュアイペディアより)

  • �舘真梨子

    高橋真梨子から見た作詞

    1978年に「ペドロ&カプリシャス」を脱退、「?橋真梨子」としてソロ活動を始める。『あなたの空を翔びたい』でソロ・デビュー。以降『for you…』『はがゆい唇』『遙かな人へ』など数々の名曲を披露、また高橋自ら作詞を手掛けたりするなど、実力派歌手としての地位を確立した。高橋真梨子 フレッシュアイペディアより)

  • �舘真梨子

    高橋真梨子から見た廿日市市

    広島県廿日市町(現・廿日市市)生まれ、福岡県福岡市育ち。うお座。駒沢学園女子高等学校卒業。夫はミュージシャンのヘンリー広瀬。スポーツ観戦を趣味とする。所属レコード会社はビクターエンタテインメント。代表曲には「桃色吐息」「はがゆい唇」「遥かな人へ」「ごめんね…」などがある。高橋真梨子 フレッシュアイペディアより)

  • �舘真梨子

    高橋真梨子から見た第25回NHK紅白歌合戦

    1972年に「ペドロ&カプリシャス」のペドロ梅村にスカウトされ、先代に次ぐ二代目ボーカルとして参加。翌1973年には『ジョニィへの伝言』『五番街のマリーへ』などがヒット。翌1974年末の「第25回NHK紅白歌合戦」では『ジョニィへの伝言』で初出場を果たした。高橋真梨子 フレッシュアイペディアより)

  • �舘真梨子

    高橋真梨子から見た第35回NHK紅白歌合戦

    但し独立当初は音楽活動を重視し、テレビへの出演は自制していた。NHK紅白歌合戦の出演依頼に対し「大晦日にスケジュールを拘束されたくない」という理由で辞退したこともあるが、『桃色吐息』がヒットした1984年末・第35回NHK紅白歌合戦にはソロで初出場を果たした(なお「ペドロ&カプリシャス」時代も含めると、高橋自身紅白歌合戦出場は10年ぶり2回目となる)。高橋真梨子 フレッシュアイペディアより)

73件中 51 - 60件表示

「高橋真梨子」のニューストピックワード