高次脳機能障害 ニュース&Wiki etc.

高次脳機能障害(こうじのうきのうしょうがい)とは、主に脳の損傷によって起こされる様々な神経心理学的障害である。主として病理学的な観点よりも厚生労働省による行政上の疾患区分として導入された概念であり、異なった原因による複数の疾患が含まれる。それぞれの症状や治療について、詳しくは脳血管障害といった病理学的な観点から論じられる… (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「高次脳機能障害」のつながり調べ

  • 神経回路形成

    神経回路形成から見た高次脳機能障害

    小膠細胞(ミクログリア)が神経細胞に接触することでシナプスの新生を促し、大脳皮質の脳回路を形成していることが分かった。弱ったシナプスをミクログリアが貪食し、神経新生の調節をすることで、発達期の神経回路形成を促進させている。遺伝子除去によるミクログリアの抑制は、その後のスパイン密度(興奮性シナプス)を減少させた。また、発達期におけるミクログリアの活性化をミノサイクリンで抑制させたところ、シナプス形成が減少したことから、ミクログリアの数だけでなく状態もシナプス形成に重要であることが明らかとなった。さらに「ミクログリアによるシナプス形成」が発達期における一過性の現象なのか、成熟後も脳回路の機能に影響を与えるのか調べたところ、成熟期においても大脳皮質の情報伝達機能の構築に関係していることが明らかとなった。これらから脳機能障害や発達障害は、ミクログリアなどの免疫系調節が関与していることが示唆された。(神経回路形成 フレッシュアイペディアより)

  • 交通事故

    交通事故から見た高次脳機能障害

    労働災害や自然災害といった他の要因による事故と比較して、被害者が頭部や腰部に激しい衝撃を受ける蓋然性が高いことから、被害者に遷延性意識障害を始めとする重度後遺障害が残る例が少なからず見られる。また、脳に強い衝撃を受けた場合には、頭部に外傷がなくとも高次脳機能障害に至る場合がある(頭部外傷、外傷性脳損傷の項も参照のこと)。(交通事故 フレッシュアイペディアより)

「高次脳機能障害」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「高次脳機能障害」のニューストピックワード