前へ 1 2 3 4 5 6
59件中 1 - 10件表示
  • 認知リハビリテーション

    認知リハビリテーションから見た高次脳機能障害高次脳機能障害

    認知リハビリテーション(にんちリハビリテーション)とは高次脳機能障害を対象としたリハビリテーションである。認知リハビリテーション フレッシュアイペディアより)

  • 縊死

    縊死から見た高次脳機能障害高次脳機能障害

    首吊り後、早くに脱出あるいは救助されれば、ほぼ後遺症を残さず生き残れる可能性もあるが、脳血流停止後3 - 4分を超えてからは高次脳機能障害や麻痺など中枢に関与する様々な後遺症を残す可能性が高く、また、頚椎、頸髄などに物理的な損傷が加わっていれば、さらに後遺症を悪化させる要因になる。縊死 フレッシュアイペディアより)

  • kco

    kcoから見た高次脳機能障害高次脳機能障害

    2011年10月24日、自宅にいる際、首の後部に激痛を訴え倒れた。夫の小室が救急車を呼び都内病院に緊急搬送。「クモ膜下出血」と診断され、25日未明から約5時間にわたる手術を受けた。同年12月8日に退院し、早期発見だったため脳に大きな損傷は無く、後遺症の一つである高次脳機能障害については現在のところ特に心配することは無く、しばらくは自宅療養と通院でリハビリをしていくと小室は説明したが、以降、病気療養に専念しているため、表舞台には登場していない。kco フレッシュアイペディアより)

  • アルツハイマー病

    アルツハイマー病から見た高次機能障害高次脳機能障害

    典型的なアルツハイマー型認知症では初期は内側側頭葉病変に対応して近時記憶障害(HDS-RやMMSEでは遅延再生障害)、時間の見当識障害で発症する。病識は初期から低下し、取り繕いなどもみられる。中期になると側頭頭頂葉連合野や前頭連合野が障害され高次機能障害や実行機能障害が出現する。よく認められるのが健忘失語(語健忘、失名辞)である。名詞が出てこないため「あれ、それ」といった代名詞ばかりの会話や関連のない話題の繰り返しなどが多くなる。話も回りくどくなる。失行(時計描画試験で平面図形が描けない構成失行や、着衣失行の他、リモコンを使えない、お湯をわかせない、ATMを使えない)、失認(視空間失認で迷子になる、血縁関係を間違える、左右を間違える)といった症状も認められるようになる。実行機能障害(献立を考えて必要な食材 を買い複数の料理を作る、電話で用件を聞きメモをとって課題を実行する、お金を振込むなど)によって仕事や社会生活、家事を円滑に遂行できなくなり自立困難となり、要介護となっていく。周囲への無関心さが目立ち、昼夜逆転、被害妄想(もの盗られ妄想)、不穏、尚早、徘徊といったBPSDも伴うことが多くなる。BPSDは環境要因の影響を受けることが多い。末期になり広範な大脳皮質が障害されると判断力は高度に低下し、人格は変化し、コミュニケーションも不良となりやがて失外套症候群となっていく。また時にてんかんを合併する。アルツハイマー病 フレッシュアイペディアより)

  • 脳梗塞

    脳梗塞から見た高次脳機能障害高次脳機能障害

    失語や失認をはじめとした多彩な高次機能障害が出現することがある。半側空間無視(空間のうち左右どちらかが意識からはずれてしまう)が多くみられる。これは大脳劣位半球頭頂葉でみられるものだが、右利きの人間の95%は劣位半球が右にあることから、ほとんどは「右利きで左片麻痺」の患者にみられる症状であると言える。逆に失語は優位半球の障害でみられるもので、「右利きで右麻痺」の患者にみられることが多い。脳梗塞 フレッシュアイペディアより)

  • 小林春彦

    小林春彦から見た高次脳機能障害高次脳機能障害

    18歳の時に脳梗塞で倒れ、身体機能と脳機能に重複した障害を抱える。3年間の闘病で半身不随など一部の身体障害を克服したが、その後高次脳機能障害と診断された。東京大学先端科学技術研究センターによる障害や病気のある小中高校生・大学生の進学と就労への移行支援を通じ将来の社会のリーダーを育成するプロジェクトDO-IT Japanの第一期生として参加。発達障害や高次脳機能障害など、脳機能の障害を根拠とした試験の特別措置を日本で初めて実現する。小林春彦 フレッシュアイペディアより)

  • 高次機能障害

    高次機能障害から見た高次脳機能障害高次脳機能障害

    高次機能障害 フレッシュアイペディアより)

  • 山鳥重

    山鳥重から見た高次脳機能障害高次脳機能障害

    山鳥 重(やまどり あつし、1939年9月29日 - )は、日本の脳科学者。医師。専門は、神経心理学、失語症・記憶障害などの高次脳機能障害山鳥重 フレッシュアイペディアより)

  • 言語聴覚療法

    言語聴覚療法から見た高次脳機能障害高次脳機能障害

    言語聴覚療法(げんごちょうかくりょうほう、)とは、医療、介護、福祉、学校教育の分野において、発声発語機能、言語機能、聴覚機能、高次脳機能、摂食・嚥下機能など、主としてコミュニケーション機能に障害のある人に対して、言語聴覚士が検査、訓練および助言、指導その他の援助などの専門的かかわりによって、対象者の機能の獲得や維持・向上を図り、生活の質の向上を支援することである。言語聴覚療法 フレッシュアイペディアより)

  • 横浜市奈良中学柔道部暴行事件

    横浜市奈良中学柔道部暴行事件から見た高次脳機能障害高次脳機能障害

    横浜市奈良中学柔道部暴行事件(よこはましならちゅうがくじゅうどうぶぼうこうじけん)とは、横浜市立奈良中学校で2004年に同校柔道部顧問教諭が3年生だった柔道部員の男子生徒を呼び出して、意識がもうろうとしているのにもかかわらず一方的に投げ技や絞め技などを繰り返し、脳挫傷とその後遺症として高次脳機能障害を負わせた事件。横浜市奈良中学柔道部暴行事件 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
59件中 1 - 10件表示

「高次脳機能障害」のニューストピックワード