59件中 21 - 30件表示
  • 佐久総合病院

    佐久総合病院から見た高次脳機能障害高次脳機能障害

    長野県高次脳機能障害支援拠点病院佐久総合病院 フレッシュアイペディアより)

  • 国立障害者リハビリテーションセンター

    国立障害者リハビリテーションセンターから見た高次脳機能障害高次脳機能障害

    厚生労働省組織令第149条に基づいて設置され、身体障害、視覚障害、言語聴覚障害、高次脳機能障害、発達障害などの障害者のリハビリテーションに関して、相談、医学的、心理学的、社会学的、職能的判定を行い、並びに治療、訓練、指導を行う。さらに、調査、研究、技術者の養成、訓練を行う。国立障害者リハビリテーションセンター フレッシュアイペディアより)

  • MK-801

    MK-801から見た高次脳機能障害高次脳機能障害

    ジゾシルピンは、1989年にジョン・W・オルニーによって他のNMDA受容体アンタゴニストと共に発見された。ジゾシルピンは後部帯状回/脳梁膨大後部皮質で神経細胞の空胞化による高次脳機能障害に繋がる。この部位の神経細胞死はアストロサイトやミクログリアなどのグリア細胞の反応を伴っていた。MK-801 フレッシュアイペディアより)

  • 脳内出血

    脳内出血から見た高次脳機能障害高次脳機能障害

    致死的となることは少ないが部位により巣症状(高次脳機能障害)を生じる。高齢者に多い。血腫が50ml以上と大きく意識レベルが傾眠JCS10から半昏睡JCS100で手術が考慮される。皮質下出血においても高血圧性が多いが、被殻出血、視床出血に比べると高血圧性の割合が低く、その他の出血原因についても積極的に精査する必要がある。若年者では動静脈奇形、高齢者では脳アミロイド血管障害が多い。脳内出血 フレッシュアイペディアより)

  • 麻痺

    麻痺から見た高次機能障害高次脳機能障害

    頭部CTを緊急で行う必要がある(救急室のマネジメントとしては脳出血と診断がついた時点で局在診断は行っても治療方針としては影響は出ない。)。あいまに行う神経診断としては脳神経の検査である。脳神経I〜IV麻痺ならば中脳、脳神経V〜VIII麻痺ならば橋、脳神経IX〜XII麻痺ならば延髄が責任病巣である可能性が高い。片麻痺と同側に顔面麻痺が認められる場合は皮質下レベルか皮質レベルの障害である。この場合テント上病変であるので瞳孔偏位が存在すればそれだけで偏位方向の皮質レベルの障害である(瞳孔偏位はテント上病変では病側を向き、テント下病変では健側を向く)。瞳孔偏位が認められなければ、皮質症状が認められるか、認められないかで鑑別する。皮質症状が存在すれば皮質レベルの障害であり、皮質症状が存在しない、あるいは感覚障害が存在しなければ皮質下レベル、すなわちラクナ梗塞である。皮質症状は優位半球の皮質症状としては失語が有名であり、劣位半球皮質症状としてはそれ以外の高次機能障害、失認、失行、半側空間無視があげられる。また両側大脳皮質の機能として、複合感覚もあるため、これも皮質症状とする。広範な皮質症状としては意識障害もあげられる。麻痺 フレッシュアイペディアより)

  • 回復期リハビリテーション

    回復期リハビリテーションから見た高次脳機能障害高次脳機能障害

    高次脳機能障害を伴った重症脳血管障害、重度の頸髄損傷、頭部外傷を含む多部位外傷の発症又は手術後。入院までの日数2か月以内、算定期間180日。回復期リハビリテーション フレッシュアイペディアより)

  • 急性呼吸窮迫症候群

    急性呼吸窮迫症候群から見た高次脳機能障害高次脳機能障害

    本症の回復を見た症例では、線維化はある程度は可逆的であり、呼吸器系の後遺症は軽度なものが残る。重度の低酸素症を経験した場合は高次脳機能障害が残ることもある。急性呼吸窮迫症候群 フレッシュアイペディアより)

  • 式守晴子

    式守晴子から見た高次脳機能障害高次脳機能障害

    専門は看護学、特に精神看護学を専門とする。具体的には精神科リハビリテーションにおける看護や、看護職による集団精神療法に取り組んでいる。また、患者に対するアプローチだけでなく、患者の家族に対する視点も重視しており、家族看護に関する研究や高次脳機能障害者に対する看護の支援にも取り組んでいる。共著には『精神看護の基礎』などがあり、同書を取り上げた日本精神科看護技術協会による講演会では著者代表の武井麻子らとともに登壇し、司会として参加した。静岡市精神保健福祉審議会では委員を務める。式守晴子 フレッシュアイペディアより)

  • イラク戦争

    イラク戦争から見た高次脳機能障害高次脳機能障害

    また、アメリカでは、外的な負傷を負っていないものの即席爆発装置(IED)の影響で、外傷性脳損傷(高次脳機能障害)で苦しむ帰還兵が増加、社会問題となった。アメリカ政府は、2009年に外傷性脳損傷の診断基準を変更した結果、2001年から2009年10月まで(アフガニスタンでの戦闘も含め)約14万人が受傷したとのデータを集計している。イラク戦争 フレッシュアイペディアより)

  • 石山繁

    石山繁から見た高次脳機能障害高次脳機能障害

    2007年2月24日、阪神競馬での障害レースでサフランブリザードに騎乗したが、1周目の第2障害で着地時につまずき落馬した際に頭を強打し脳挫傷で意識不明の重体となった。意識不明のまま30歳の誕生日を迎え1ヶ月半後に意識を取り戻したが、言語や記憶力などに障害が残る高次脳機能障害と診断された。なお、同馬の前走である牛若丸ジャンプステークスで騎乗した内田浩一も落馬し骨折などの重傷を負っていた。同馬は同年3月2日付けで競走馬登録を抹消されている。石山繁 フレッシュアイペディアより)

59件中 21 - 30件表示

「高次脳機能障害」のニューストピックワード