43件中 21 - 30件表示
  • アルツハイマー型認知症

    アルツハイマー型認知症から見た高次機能障害高次脳機能障害

    記憶、記銘力のはっきりとした障害に加えて高次機能障害が目立つ時期で、病理学的な異常が前頭葉に顕著なことを反映して視空間失認や地誌的見当識障害が見られる。この時期には、外出すると家に帰れなくなることが多い。更に周囲に無頓着となったり徘徊や夜間せん妄もみとめられる。特に初老期発症例では、感覚失語、構成失行、観念失行、観念運動失行、着衣失行などの高次機能障害も稀ではない。アルツハイマー型認知症 フレッシュアイペディアより)

  • 失認

    失認から見た高次機能障害高次脳機能障害

    失認(しつにん)とはある一つの感覚を介して対象物を認知することができない障害のことである。視覚、聴覚、触覚などの他、病態失認や半側空間無視なども失認に含まれる。高次機能障害のひとつである。失認 フレッシュアイペディアより)

  • GOMA

    GOMAから見た高次脳機能障害高次脳機能障害

    2009年11月に交通事故で高次脳機能障害を患う。GOMA フレッシュアイペディアより)

  • 日本共産党

    日本共産党から見た高次脳機能障害高次脳機能障害

    障害者自立支援法を廃止して、難病や慢性疾患をもつ人、高次脳機能障害、発達障害など、支援を必要とするすべての人を対象とする障害者総合福祉法を制定するとしている。日本共産党 フレッシュアイペディアより)

  • イラク戦争

    イラク戦争から見た高次脳機能障害高次脳機能障害

    また、アメリカでは、外的な負傷を負っていないものの即席爆発装置(IED)の影響で、外傷性脳損傷(高次脳機能障害)で苦しむ帰還兵が増加、社会問題となった。アメリカ政府は、2009年に外傷性脳損傷の診断基準を変更した結果、2001年から2009年10月まで(アフガニスタンでの戦闘も含め)約14万人が受傷したとのデータを集計している。イラク戦争 フレッシュアイペディアより)

  • 一酸化炭素

    一酸化炭素から見た高次機能障害高次脳機能障害

    高次機能障害、多幸症、パーキンソニズム、意識障害、不随意運動等の症状がみられ、中毒初期同様高圧酸素療法やTRH療法を実施する。軽度の場合、数ヶ月の入院治療と合わせて1年程度で徐々に軽快するが、淡蒼球の壊死が重度に進んでしまった場合などは回復しない。一酸化炭素 フレッシュアイペディアより)

  • 脳血管障害

    脳血管障害から見た高次機能障害高次脳機能障害

    障害血管の目安としてはそれ以外の高次機能障害、失認、失行、半側空間無視があげられる。また両側大脳皮質の機能として、複合感覚もあるため、これも皮質症状とする。広範な皮質症状としては意識障害もあげられる。脳血管障害 フレッシュアイペディアより)

  • 麻痺

    麻痺から見た高次機能障害高次脳機能障害

    頭部CTを緊急で行う必要がある(救急室のマネジメントとしては脳出血と診断がついた時点で局在診断は行っても治療方針としては影響は出ない。)。あいまに行う神経診断としては脳神経の検査である。脳神経???麻痺ならば中脳、脳神経???麻痺ならば橋、脳神経????麻痺ならば延髄が責任病巣である可能性が高い。片麻痺と同側に顔面麻痺が認められる場合は皮質下レベルか皮質レベルの障害である。この場合テント上病変であるので瞳孔偏位が存在すればそれだけで偏位方向の皮質レベルの障害である(瞳孔偏位はテント上病変では病側を向き、テント下病変では健側を向く)。瞳孔偏位が認められなければ、皮質症状が認められるか、認められないかで鑑別する。皮質症状が存在すれば皮質レベルの障害であり、皮質症状が存在しない、あるいは感覚障害が存在しなければ皮質下レベル、即ちラクナ梗塞である。皮質症状は優位半球の皮質症状としては失語が有名であり、劣位半球皮質症状としてはそれ以外の高次機能障害、失認、失行、半側空間無視があげられる。また両側大脳皮質の機能として、複合感覚もあるため、これも皮質症状とする。広範な皮質症状としては意識障害もあげられる。麻痺 フレッシュアイペディアより)

  • ウンディーネ

    ウンディーネから見た高次脳機能障害高次脳機能障害

    先天性中枢性肺胞低換気症候群は、睡眠時に呼吸不全に陥る先天性疾患であるが、同様の病態を示す後天性脳機能障害とともに、オンディーヌが夫にかけた「眠ると死に至る魔法」から「オンディーヌの呪い」と呼ばれることがある。ウンディーネ フレッシュアイペディアより)

  • 外傷性脳損傷

    外傷性脳損傷から見た高次脳機能障害高次脳機能障害

    脳の一部が局所的にダメージを受ける脳挫傷とは異なり、脳の軸索が広範囲に損傷を受けるもの。軽度から中程度の損傷においては、早期回復が期待されるが、高次脳機能障害に至った場合、記憶力、注意力の低下や人格形成やコミュニケーション能力に問題が生じるほか、四股の麻痺が生じることもある。外見上、健常人と何ら変化は無いが、社会適応性が損なわれるため、通常の生活が送れずに苦しむ患者は多い。外傷性脳損傷 フレッシュアイペディアより)

43件中 21 - 30件表示

「高次脳機能障害」のニューストピックワード