43件中 31 - 40件表示
  • 毎日放送

    毎日放送から見た高次脳機能障害高次脳機能障害

    2008年に収録された同局の特別番組内で行われた「番組対抗駅伝」企画で、吉本総合芸能学院大阪校に当時在籍していた男性の生徒が、同年7月25日に行われた同企画の野外リハーサルで走らされたが、その最中に熱中症を起こし、また高次脳機能障害が残った。当時、気温は35度以上あり、運動を原則中止すべき気象条件だったのにリハーサルを実施したことで熱中症になり、それが原因で障害が残ったとして、毎日放送と、吉本総合芸能学院を運営する『よしもとクリエイティブ・エージェンシー』を相手取り、2011年4月に訴訟を起こした。男性側は「速やかな病院搬送など適切な対応を怠った」などと主張している。毎日放送は2009年7月に、この男性に対し約177万円を支払っているという。毎日放送 フレッシュアイペディアより)

  • 脳梗塞

    脳梗塞から見た高次機能障害高次脳機能障害

    失語や失認をはじめとした多彩な高次機能障害が出現することがる。半側空間無視(空間のうち左右どちらかが意識からはずれてしまう)が多くみられる。これは大脳劣位半球頭頂葉でみられるものだが、右利きの人間の95%は劣位半球が右にあることから、ほとんどは「右利きで左片麻痺」の患者にみられる症状であると言える。逆に失語は優位半球の障害でみられるもので、「右利きで右麻痺」の患者にみられることが多い。脳梗塞 フレッシュアイペディアより)

  • 交通事故

    交通事故から見た高次脳機能障害高次脳機能障害

    労働災害や自然災害といった他の要因による事故と比較して、被害者が頭部や腰部に激しい衝撃を受ける蓋然性が高いことから、被害者に遷延性意識障害を始めとする重度後遺障害が残る例が少なからず見られる。また、脳に強い衝撃を受けた場合には、頭部に外傷がなくとも高次脳機能障害に至る場合がある(頭部外傷、外傷性脳損傷の項も参照のこと)。交通事故 フレッシュアイペディアより)

  • パーソナリティ障害

    パーソナリティ障害から見た高次脳機能障害高次脳機能障害

    薬物療法では、気分安定薬やSSRIや少量の抗精神病薬が症状の軽減に有効である。一部のパーソナリティ障害は、30 - 40歳代までに状態が改善していく傾向(晩熟現象)があるとされている。それは加齢による生理的な物の影響だけではなく、社会生活を通じて多様な人々に触れ、世の中には様々な生き方・考え方があると言うことを知り、それを受容する事に依っていると考えられているが、交通事故などの脳機能障害による器質的原因によって起こされた高次脳機能障害型のパーソナリティ障害では、悪化してしまう可能性も高い。パーソナリティ障害 フレッシュアイペディアより)

  • kco

    kcoから見た高次機能障害高次脳機能障害

    同年12月9日、夫・小室哲哉が会見を開き、前日の12月8日に退院した旨を報告した。早期発見だったため脳に大きな損傷はなく、後遺症の一つである高次機能障害については現在のところ特に心配することはないという。暫くは自宅療養と通院でリハビリをしていくという。kco フレッシュアイペディアより)

  • 発達障害

    発達障害から見た高次機能障害高次脳機能障害

    発達障害は先天的もしくは、幼児期に疾患や外傷の後遺症により、発達に影響を及ぼしているものを指す。対して機能不全家族で育った児童が発達障害児と同様の行動パターンを見せる事がよくあるが、保護者から不良な養育を受けたことが理由の心理的な環境要因や教育が原因となったものは含めない。また、ある程度成長し、正常に発達したあとに、疾患・外傷により生じた後天的な脳の障害は発達障害とは呼ばれず、高次機能障害などと区別される。発達障害 フレッシュアイペディアより)

  • 認知症

    認知症から見た高次脳機能障害高次脳機能障害

    単に老化に伴って物覚えが悪くなるといった誰にでも起きる現象は含まず、病的に能力が低下するもののみをさす。また統合失調症などによる判断力の低下は、認知症には含まれない。また、頭部の外傷により知能が低下した場合などは高次脳機能障害と呼ばれる。認知症 フレッシュアイペディアより)

  • 失行

    失行から見た高次機能障害高次脳機能障害

    失行(しっこう)とはLiepmannが「運動可能であるにもかかわらず合目的な運動ができない状態」と定義した高次機能障害のひとつである。除外診断によって診断される場合が多く、指示された運動を間違って行うか、渡された物品を誤って用いる患者のうち、その他の障害が除外された場合に失行と診断される。その他の障害の具体例としては麻痺や失調など他の運動障害、了解障害や失認、課題の意図の理解度や意欲といったものがある。これらの障害を合併し、失行も合併するということも考えられる。失行 フレッシュアイペディアより)

  • 失語症

    失語症から見た高次機能障害高次脳機能障害

    失語症の患者は他の高次機能障害の合併がなければ言語外の情報を得ることには問題はないため、言語外の情報を与えないように注意する必要がある。「左手で右の指を触ってください」など簡単な命令を行ってみる。障害が軽度である場合は簡単な命令ならば理解ができるので、時計、メガネ、鍵、鉛筆など物品を用意し、複雑な命令を行ってみる。例えば「時計の上に鍵をのせ、その鍵を私に下さい」などは二段階の命令であり軽微な理解障害の検出に役に立つ。失語症 フレッシュアイペディアより)

  • 失語症

    失語症から見た高次脳機能障害高次脳機能障害

    失語症(しつごしょう、aphasia)とは、主には脳出血、脳梗塞などの脳血管障害によって脳の言語機能の中枢(言語野)が損傷されることにより、一旦獲得した言語機能(「聞く」「話す」といった音声に関わる機能、「読む」「書く」といった文字に関わる機能)が障害された状態。高次脳機能障害のひとつ。失語症 フレッシュアイペディアより)

43件中 31 - 40件表示

「高次脳機能障害」のニューストピックワード