59件中 31 - 40件表示
  • 鎌倉女子大学中等部・高等部

    鎌倉女子大学中等部・高等部から見た高次脳機能障害高次脳機能障害

    2010年5月、高等部で陸上部の部員が投げたハンマーが別の生徒にあたり、頭蓋骨骨折などの重傷や高次脳機能障害などの後遺症が負われる事故が発生鎌倉女子大学中等部・高等部 フレッシュアイペディアより)

  • メフロキン

    メフロキンから見た高次脳機能障害高次脳機能障害

    英国の1998〜2011年の自殺関連行動の有害事象報告を解析した文献によると、100万処方あたりに調整したメフロキンの自殺報告数は全ての医薬品の中で2番目に多かった。オーストラリア国防軍 (ADF) はメフロキンの有害作用に関する問題で法的措置に直面している。カナダ保健省はメフロキン使用に関連する脳損傷が永続的であることを認めた。その症状はPTSDに酷似しており、PTSD治療がメフロキン中毒者に有害であると指摘されている。メフロキン フレッシュアイペディアより)

  • 関啓子 (言語聴覚士)

    関啓子 (言語聴覚士)から見た高次脳機能障害高次脳機能障害

    関 啓子(せき けいこ、1952年 -)は、日本の言語聴覚士である。半側空間無視などの高次脳機能障害の研究で知られるが、自身もまた高次脳機能障害の当事者となる。2013年からは、その経験を踏まえ、三鷹高次脳機能障害研究所を設立し、高次脳機能障害に対するリハビリテーションと相談にあたっている。医学博士。関啓子 (言語聴覚士) フレッシュアイペディアより)

  • 松江哲明

    松江哲明から見た高次脳機能障害高次脳機能障害

    高次脳機能障害を負ったディジュリドゥ奏者、GOMAを描いたドキュメンタリー映画『フラッシュバックメモリーズ 3D』が第25回東京国際映画祭コンペ観客賞を受賞。また、同作で第23回日本映画プロフェッショナル大賞特別賞を受賞した。松江哲明 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田日出子

    吉田日出子から見た高次脳機能障害高次脳機能障害

    2014年11月、著書「私の記憶が消えないうちに」の中で、2007年に主演舞台を降板したことに触れ、それ以前からセリフを覚えることが困難であったこと、普段通っている道でも迷ってしまうことがたびたびあったと告白。脳の検査・診断の結果、前頭葉に傷が見つかり高次脳機能障害であることが判明したと明かした。吉田日出子 フレッシュアイペディアより)

  • GOMA

    GOMAから見た高次脳機能障害高次脳機能障害

    1998年にオーストラリアで開催されたディジュリドゥコンペティションにて準優勝を果たし、国内外で活動。2009年11月に交通事故に遭い、高次脳機能障害の症状により活動を休止。まもなく点描画を描き始める。2010年に初の個展「記憶展」を開催。2011年に音楽活動を再開。2012年に本人を主人公とする映画「フラッシュバックメモリーズ3D」に出演し、東京国際映画祭にて観客賞を受賞。以降、音楽や絵画、講演会など活動を広げている。?GOMA フレッシュアイペディアより)

  • 石井雅史

    石井雅史から見た高次脳機能障害高次脳機能障害

    だが再び自転車に乗れるようにまで身体が回復したことから競走への復帰を目指していたが、高次脳機能障害との診断が下ったことにより事実上のドクターストップがかかり、競輪選手として現役続行が不可能となったため、2004年4月26日選手登録削除された。通算戦績609戦93勝。優勝8回。石井雅史 フレッシュアイペディアより)

  • 山本弘 (作家)

    山本弘 (作家)から見た高次脳機能障害高次脳機能障害

    僕の光輝く世界(講談社、2014年4月。この著者初の本格的なミステリ。日本では一般的に「アントン症候群」と呼ばれる希少な脳機能障害をモチーフとしている。ISBN 978-4-0621-8846-3)(講談社文庫、2017年3月 ISBN 978-4062934930)山本弘 (作家) フレッシュアイペディアより)

  • ケンタロウ

    ケンタロウから見た高次脳機能障害高次脳機能障害

    同年8月21日に発売された雑誌『女性自身』に、高次脳機能障害で寝たきりの状態で、両手足に麻痺、言語障害や記憶障害が出ていることが報じられた。ケンタロウ フレッシュアイペディアより)

  • 神経回路形成

    神経回路形成から見た高次脳機能障害高次脳機能障害

    小膠細胞(ミクログリア)が神経細胞に接触することでシナプスの新生を促し、大脳皮質の脳回路を形成していることが分かった。弱ったシナプスをミクログリアが貪食し、神経新生の調節をすることで、発達期の神経回路形成を促進させている。遺伝子除去によるミクログリアの抑制は、その後のスパイン密度(興奮性シナプス)を減少させた。また、発達期におけるミクログリアの活性化をミノサイクリンで抑制させたところ、シナプス形成が減少したことから、ミクログリアの数だけでなく状態もシナプス形成に重要であることが明らかとなった。さらに「ミクログリアによるシナプス形成」が発達期における一過性の現象なのか、成熟後も脳回路の機能に影響を与えるのか調べたところ、成熟期においても大脳皮質の情報伝達機能の構築に関係していることが明らかとなった。これらから脳機能障害や発達障害は、ミクログリアなどの免疫系調節が関与していることが示唆された。神経回路形成 フレッシュアイペディアより)

59件中 31 - 40件表示

「高次脳機能障害」のニューストピックワード