59件中 41 - 50件表示
  • サイレント・プア

    サイレント・プアから見た高次脳機能障害高次脳機能障害

    みきの夫。仕事中の車両事故に遭い命はとりとめたが、事故後の状態が悪く高次脳機能障害を発症する。サイレント・プア フレッシュアイペディアより)

  • 失行

    失行から見た高次機能障害高次脳機能障害

    失行(しっこう、apraxia)とはLiepmannが「運動可能であるにもかかわらず合目的な運動ができない状態」と定義した高次機能障害のひとつである。除外診断によって診断される場合が多く、指示された運動を間違って行うか、渡された物品を誤って用いる患者のうち、その他の障害が除外された場合に失行と診断される。その他の障害の具体例としては麻痺や失調など他の運動障害、了解障害や失認、課題の意図の理解度や意欲といったものがある。これらの障害を合併し、失行も合併するということも考えられる。あ失行 フレッシュアイペディアより)

  • 一酸化炭素中毒

    一酸化炭素中毒から見た高次脳機能障害高次脳機能障害

    脳波異常や脳萎縮などの高次脳機能障害、意識障害、不随意運動、知能障害、性格障害、多幸症、パーキンソニズム、神経障害等の症状がみられ、中毒初期同様高圧酸素療法やTRH療法を実施する。一酸化炭素中毒の後遺症が現れた場合、それが軽度のものであれば、数ヶ月の入院治療と合わせて1年程度で時間経過と共に徐々に軽快され完全に後遺症が消失することもあるものの、淡蒼球の壊死が重度に進んでしまった場合など重篤なものであった場合は通常は完全な治癒は望めない。一酸化炭素中毒 フレッシュアイペディアより)

  • 宮田正直

    宮田正直から見た高次脳機能障害高次脳機能障害

    現役引退後は、1996年から打撃投手に転じる。1999年打撃練習参加中に打球が右側頭部を直撃し、外傷性くも膜下出血及び後遺症の高次脳機能障害を発症するも復帰、2008年まで務める。現在は、先乗りスコアラーに転じている。宮田正直 フレッシュアイペディアより)

  • 発達障害

    発達障害から見た高次機能障害高次脳機能障害

    厚生労働省はICD-10,DSM-IVのいずれかに含まれるもの全てを発達障害と定義している。そして、これは先天的もしくは、幼児期に疾患や外傷の後遺症により、発達に影響を及ぼしているものを指す。対して機能不全家族で育った児童が発達障害児と同様の行動パターンを見せる事がよくあるが、保護者から不良な養育を受けたことが理由の心理的な環境要因や教育が原因となったものは含めない。また、ある程度成長し、正常に発達したあとに、疾患・外傷により生じた後天的な脳の障害は発達障害とは呼ばれず、高次機能障害などと区別される。発達障害 フレッシュアイペディアより)

  • 脳血管障害

    脳血管障害から見た高次機能障害高次脳機能障害

    障害血管の目安としてはそれ以外の高次機能障害、失認、失行、半側空間無視があげられる。また両側大脳皮質の機能として、複合感覚もあるため、これも皮質症状とする。広範な皮質症状としては意識障害もあげられる。脳血管障害 フレッシュアイペディアより)

  • 認知症

    認知症から見た高次脳機能障害高次脳機能障害

    従来、非可逆的な疾患にのみ使用されていたが、近年、。単に老化に伴って物覚えが悪くなるといった誰にでも起きる現象は含まず、病的に能力が低下するもののみをさす。また統合失調症などによる判断力の低下は、認知症には含まれない。また、頭部の外傷により知能が低下した場合などは高次脳機能障害と呼ばれる。認知症 フレッシュアイペディアより)

  • 柳浩太郎

    柳浩太郎から見た高次脳機能障害高次脳機能障害

    同年12月14日午後11時ごろ、舞台稽古からの帰宅途中に自宅付近で乗用車と接触して頭部を強打し、脳挫傷、およびクモ膜下出血により意識不明の重体となる。両親が担当医より「死を覚悟してください」と言われるほどの危険な状態だったが、3週間後の翌年1月6日、奇跡的に意識を回復する。しかしその後も約1ヶ月間ほどは、親の顔の識別もできない朦朧とした状態にあった(共同生活が長かった姉、えりかのことだけは識別できた)。右半身麻痺・記憶障害・高次脳機能障害・声帯損傷などの後遺症が残り、医者には「一生寝たきりかもしれない」と言われる。この事故により出演予定であった『ミュージカル テニスの王子様』続編を降板した。また、高校卒業を間近に控えていたが、卒業式には出席できなかった。復帰後も、病院やスポーツジムでのリハビリを行い、痙攣予防のため毎日2回の投薬を続けている(2012年時点)。柳浩太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 毎日放送

    毎日放送から見た高次脳機能障害高次脳機能障害

    2008年に収録された同局の特別番組内で行われた「番組対抗駅伝」企画で、吉本総合芸能学院大阪校に当時在籍していた男性が同年7月25日に行われた同企画の野外リハーサルで走らされた際、熱中症を発症して高次脳機能障害が残った。当時、気温は35度以上あり、運動を原則中止すべき気象条件だったにもかかわらずリハーサルを実施したことで熱中症になったことが原因で障害が残ったとして、男性は毎日放送と吉本総合芸能学院を運営する『よしもとクリエイティブ・エージェンシー』を相手取り、2011年4月に訴訟を起こした。男性側は「速やかな病院搬送など適切な対応を怠った」などと主張している。毎日放送は2009年7月に、この男性に対して約177万円を支払っているという。2015年4月17日に同地裁は「熱中症の後遺症ではない」などとして、原告の訴えを退けた。毎日放送 フレッシュアイペディアより)

  • 外傷性脳損傷

    外傷性脳損傷から見た高次脳機能障害高次脳機能障害

    脳の一部が局所的にダメージを受ける脳挫傷とは異なり、脳の軸索が広範囲に損傷を受けるもの。軽度から中程度の損傷においては、早期回復が期待されるが、高次脳機能障害に至った場合、記憶力、注意力の低下や人格形成やコミュニケーション能力に問題が生じるほか、四肢の麻痺が生じることもある。外見上、健常人と何ら変化は無いが、社会適応性が損なわれるため、通常の生活が送れずに苦しむ患者は多い。外傷性脳損傷 フレッシュアイペディアより)

59件中 41 - 50件表示

「高次脳機能障害」のニューストピックワード