1 2 3 4 5 次へ
43件中 41 - 43件表示
  • 脳内出血

    脳内出血から見た高次脳機能障害高次脳機能障害

    致死的となることは少ないが部位により巣症状(高次脳機能障害)を生じる。高齢者に多い。血腫が 50ml 以上と大きく意識レベルが傾眠 JCS10 から半昏睡 JCS100 で手術が考慮される。皮質下出血においても高血圧性が多いが、被殻出血、視床出血に比べると高血圧性の割合が低く、その他の出血原因についても積極的に精査する必要がある。若年者では動静脈奇形、高齢者では脳アミロイド血管障害が多い。脳内出血 フレッシュアイペディアより)

  • 柳 浩太郎

    柳浩太郎から見た高次脳機能障害高次脳機能障害

    同年12月14日午後11時ごろ、舞台稽古からの帰宅途中に自宅付近で乗用車と接触し頭部を強打。脳挫傷、およびクモ膜下出血により意識不明の重体となる。両親が担当医より「死を覚悟してください」と言われるほどの危険な状態だったが、3週間後の翌年1月6日、奇跡的に意識を回復する。しかしその後も約1ヶ月間ほどは、親の顔の識別もできない朦朧とした状態にあった(共同生活が長かった姉、えりかのことだけは識別できた)。右半身麻痺・記憶障害・高次脳機能障害・声帯損傷などの後遺症が残り、医者には「一生寝たきりかもしれない」と言われる。この事故により出演予定であった『ミュージカル テニスの王子様』続編を降板。また高校卒業を間近に控えていたが卒業式には出席できなかった。復帰後も、病院やスポーツジムでのリハビリを行い、痙攣予防のため毎日2回の投薬を続けている(2012年時点)。柳浩太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 横浜市奈良中学柔道部暴行事件

    横浜市奈良中学柔道部暴行事件から見た高次脳機能障害高次脳機能障害

    横浜市奈良中学柔道部暴行事件(よこはましならちゅうがくじゅうどうぶぼうこうじけん)とは、横浜市立奈良中学校で2004年に同校柔道部顧問教諭が3年生だった柔道部員の男子生徒を呼び出して、意識がもうろうとしているのにもかかわらず一方的に投げ技や絞め技などを繰り返し、脳挫傷とその後遺症として高次脳機能障害を負わせた事件。横浜市奈良中学柔道部暴行事件 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 次へ
43件中 41 - 43件表示

「高次脳機能障害」のニューストピックワード