高畑勲 ニュース&Wiki etc.

高畑 勲(たかはた いさお、1935年10月29日 - )は、日本の映画監督、アニメーション演出家、プロデューサー、翻訳家。畑事務所代表、公益財団法人徳間記念アニメーション文化財団理事。日本大学芸術学部講師、学習院大学大学院人文科学研究科主任研究員などを歴任、紫綬褒章受章。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「高畑勲」のつながり調べ

  • サタジット・レイ

    サタジット・レイから見た高畑勲

    サタジット・レイは世界中に広く知られたインドそしてベンガルの文化的象徴である。彼の死に、コルカタ市街は悲しみに暮れ、数百数千もの人々が彼の家に集まって別れを惜しんだ。彼はや、インドでは、、、バングラデシュではや、イギリスではなどのベンガル系映画監督に広く深い影響を与えた。広範囲な活動はインド映画の発展に貢献したと、やまたらは評している。インド以外にも、サタジットの映画スタイルは黒澤明らとともに、マーティン・スコセッシ、ジェームズ・アイヴォリー、カルロス・サウラ、高畑勲ダニー・ボイルら他の映画制作者に大きな影響を与えた。グレゴリー・ナヴァ1995年の映画『』では、ラストシーンで『大樹のうた』を再現した。アイラ・サックス2005年の映画『Forty Shades of Blue』は『チャルラータ』からインスピレーションを受けて制作された。他にも、『Sacred Evil』,やディーパ・メータの「」、ジャン=リュック・ゴダールの作品にもサタジットの要素が含まれる。マイケル・スラゴーは「The Atlantic」誌にて、「1950年代中頃から若者が成人となるドラマが劇場に溢れるようになったのは、オプー三部作の存在に負うところが非常に大きい」と述べた。またこの3部作はバウンス光の技術を導入した。1962年の『カンチェンジュンガ』は後にと呼ばれる技法の先駆的存在であり、1970年の『対抗者』はネガフィルムのフラッシュバックやX線技術を用いた初期の作品である。サタジットはマドビ・ムカージとともに、インド人の映画関係者としては初めて外国(ドミニカ)発行の切手図案に姿が使われた。(サタジット・レイ フレッシュアイペディアより)

  • 赤毛のアン (アニメ)

    赤毛のアン (アニメ)から見た高畑勲

    原作に忠実な作りにした理由として高畑勲監督は、会話劇のおもしろさやアンやマリラなどの登場人物それぞれの立場に立つことで二重に楽しめる構造など、原作の良さを活かすためとしている。(赤毛のアン (アニメ) フレッシュアイペディアより)

「高畑勲」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「高畑勲」のニューストピックワード