前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
144件中 1 - 10件表示
  • じゃりン子チエ

    じゃりン子チエから見た高畑勲高畑勲

    アニメ映画版には登場しない。存在があまりに印象的なため、監督・高畑勲があえて登場させなかった。じゃりン子チエ フレッシュアイペディアより)

  • 風の谷のナウシカ (映画)

    風の谷のナウシカ (映画)から見た高畑勲高畑勲

    アニメージュを発行する徳間書店と広告代理店の博報堂による製作委員会方式で映画化され、宮崎自身が監督・脚本を手がけた。高畑勲・鈴木敏夫・久石譲ら、のちのスタジオジブリ作品を支えるスタッフが顔を揃えている。キャッチコピーは「少女の愛が奇跡を呼んだ」。これは映画宣伝会社メイジャーの宣伝プロデューサー徳山雅也によるもの。風の谷のナウシカ (映画) フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木敏夫

    鈴木敏夫から見た高畑勲高畑勲

    児童少年編集部では1978年に『アニメージュ』を創刊。1981年に『アニメージュ』誌面で宮崎駿特集を企画。宮崎と『戦国魔城』と題した映画の企画を練り、徳間書店社長の徳間康快に提案した。その企画が頓挫したのち、1982年には『風の谷のナウシカ』連載開始に尽力。『風の谷のナウシカ』の映画化が決定すると、宮崎の意を受け、プロデューサーを引き受けるよう高畑勲を説得し、以降は高畑とともに『風の谷のナウシカ』の製作を支えた。鈴木敏夫 フレッシュアイペディアより)

  • 叶精二

    叶精二から見た高畑勲高畑勲

    アニメーション作品全般、特に宮崎駿、高畑勲、大塚康生、近藤喜文の関わった作品研究を中心に活動している。叶精二 フレッシュアイペディアより)

  • ローズ (ベット・ミドラーの曲)

    ローズ (ベット・ミドラーの曲)から見た高畑勲高畑勲

    日本の演歌歌手、都はるみは、アニメ映画『おもひでぽろぽろ』(1991年7月公開)の主題歌として、同作の監督である高畑勲が訳詞を担当した日本語のカヴァー「愛は花、君はその種子」を歌った。カップリング曲「好きになった人」は、都はるみが1968年にヒットさせた曲で、『おもひでぽろぽろ』のサウンドトラックでも使用された。ローズ (ベット・ミドラーの曲) フレッシュアイペディアより)

  • 椋尾篁

    椋尾篁から見た高畑勲高畑勲

    “光と影と質感の詩人”の異名をもつ。1976年放映の『母をたずねて三千里』の現地ロケ(イタリア・アルゼンチン)に高畑勲・宮崎駿らと同行し、光と影を背景美術に織り込む。1981年公開の(セロ弾きのゴーシュ)では水墨画的な世界に陰影をつけて質感を表現。(銀河鉄道999)など一連のりんたろう監督作品でSF美術の大家としての地位を確立。徳間書店アニメージュ主催のアニメグランプリにおいて美術部門の人気投票第1位を5年連続で獲得。1970-80年代の日本のアニメーション美術のクオリティを飛躍的に高めることに大きく貢献した。椋尾篁 フレッシュアイペディアより)

  • 木を植えた男

    木を植えた男から見た高畑勲高畑勲

    『木を植える男』のアニメーションを監督したフレデリック・バックも、ブフィエが実在しないことを、アニメ制作途中まで知らなかった(後述)。また日本のアニメーション監督で、『木を植える男を読む』の著者でもある高畑勲も実在しないことを知らなかったひとりで、1988年にバックと対談したときは『木を植える人』をまだ事実だと思い込んでいたため、そのことについて話題に出すこともなかった。後に虚構と知って、呆然となったという。木を植えた男 フレッシュアイペディアより)

  • 王と鳥

    王と鳥から見た高畑勲高畑勲

    『やぶにらみの暴君』は日本での公開された1953年当時、評価が高く、文部省の選定と優秀映画鑑賞会の推薦を受け、映画雑誌『キネマ旬報』の外国映画ベストテンの6位に入賞した。アニメが映画として評価されることのない時代にこれは極めて異例なことだった。「やぶにらみの暴君」を見たことがきっかけで、高畑勲や芝山努といった後の日本のアニメを支える人材がアニメの道を志した。宮崎駿も「やぶにらみの暴君」に感銘を受けた1人であり、宮崎の監督作品『ルパン三世 カリオストロの城』などへの影響が見られることが指摘されている。高畑、宮崎といったスタジオジブリの作家への影響から、2006年に同スタジオなどによって日本でミニシアターで劇場公開され、高畑は本作に関する書籍を発表した。王と鳥 フレッシュアイペディアより)

  • となりのトトロ

    となりのトトロから見た高畑勲高畑勲

    1988年4月16日に東宝系で日本公開された。観客動員数は約80万人。封切り時の併映は高畑勲監督作品『火垂るの墓』だった。配給収入は5.9億円と『風の谷のナウシカ』を大きく下回ったが、キネマ旬報の「日本映画ベストテン」第1位など、各種日本映画関係の作品賞を獲得。1989年4月28日以降、テレビ放映も繰り返し行われた。となりのトトロ フレッシュアイペディアより)

  • 未来少年コナン

    未来少年コナンから見た高畑勲高畑勲

    演出:宮崎駿(1?26話)、高畑勲(9、10話)、早川啓二(11?26話)未来少年コナン フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
144件中 1 - 10件表示

「高畑勲」のニューストピックワード