前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
195件中 1 - 10件表示
  • かぐや姫の物語

    かぐや姫の物語から見た高畑勲高畑勲

    『かぐや姫の物語』(かぐやひめのものがたり)は、『竹取物語』を原作としたスタジオジブリ制作の日本のアニメーション映画。監督は高畑勲が務める。2013年11月23日に公開された。キャッチコピーは「姫の犯した罪と罰」。かぐや姫の物語 フレッシュアイペディアより)

  • 宮崎駿

    宮崎駿から見た高畑勲高畑勲

    学習院大学に進学したが、当時は大学に漫画サークルが無かったため、児童文学サークル(児童文化研究会)に所属する。幾つかの人形劇を企画しつつ、漫画家を志し漫画を描き続けていたが、アニメーションの世界へ進む事を決断する。学習院大学を卒業し、アニメーターとして東映動画に定期採用で入社し、動画などを手がける。当初は東映動画で制作されていた作品に魅力を感じることが出来ず、漫画家への未練を断ち切れずにいたが、入社1年後に観たソ連製作長編アニメーション映画『雪の女王』に強い感銘を受け、アニメーションを一生の仕事にしようと決意した。『ガリバーの宇宙旅行』のラストシーンが宮崎のアイディアで変更されるなど、早くから才能を現した。結成間も無い東映動画労働組合の書記長に就任し、アニメーターの待遇の改善に尽力する。1965年秋には、24歳で同じ東映のアニメーターの女性と結婚し、その後2人の男児をもうける。高畑勲・森康二・大塚康生らと共に3年がかりの大作、『太陽の王子 ホルスの大冒険』(1965 - 1968年)を作り上げた。、宮崎駿 フレッシュアイペディアより)

  • アニメの歴史

    アニメの歴史から見た高畑勲高畑勲

    12世紀 - 13世紀(平安時代末期 - 鎌倉時代初期)の日本の絵巻物にアニメーション技術の前史をさかのぼる見方がある。高畑勲によれば、『鳥獣人物戯画』『信貴山縁起』『伴大納言絵巻』などの絵巻物は、永遠や本質や現実に迫る西洋の物語絵画とは対照的に、時間的経過を空間的に表現して「現在」の連続として味わせるもので、表情の変化、線で書かれた動きなどは漫画やアニメと同じであり、日本のアニメの歴史は絵巻物から語らねばならないと述べている。アニメの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 風の谷のナウシカ (映画)

    風の谷のナウシカ (映画)から見た高畑勲高畑勲

    アニメージュを発行する徳間書店と広告代理店の博報堂による製作委員会方式で映画化され、宮崎自身が監督・脚本を手がけた。高畑勲・鈴木敏夫・久石譲ら、のちのスタジオジブリ作品を支えるスタッフが顔を揃えている。風の谷のナウシカ (映画) フレッシュアイペディアより)

  • 火垂るの墓

    火垂るの墓から見た高畑勲高畑勲

    同名のアニメ映画『火垂るの墓』(英題:Grave of the Fireflies)が、新潮社の製作で1988年(昭和63年)4月16日から東宝系で公開された。制作はスタジオジブリ、監督・脚本は高畑勲。挿入歌としてアメリータ・ガリ=クルチの「埴生の宿(原題:Home, Sweet Home)」が使われた。火垂るの墓 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木敏夫

    鈴木敏夫から見た高畑勲高畑勲

    1978年、同編集部よりアニメ雑誌『アニメージュ』が創刊、発行される。1981年には宮崎駿を初特集する。宮崎とは共同で『戦国魔城』と題した映画を企画し、徳間書店社長徳間康快に提出した。結果は不採用であったが、1982年に宮崎執筆の漫画『風の谷のナウシカ』連載開始に尽力する。後に同作の映画化が決定すると、宮崎の意を受け、プロデューサーを引き受けるよう高畑勲を説得し、以降は高畑とともに『風の谷のナウシカ』の製作を支えた。鈴木敏夫 フレッシュアイペディアより)

  • 木を植えた男

    木を植えた男から見た高畑勲高畑勲

    『木を植えた男』のアニメーションを監督したフレデリック・バックも、ブフィエが実在しないことをアニメ制作途中まで知らなかった(後述)。また、日本のアニメーション監督で『木を植えた男を読む』の著者でもある高畑勲も実在しないことを知らなかった一人で、1988年にバックと対談したときは『木を植えた男』をまだ事実だと思い込んでいたため、そのことについて話題に出すこともなかった。後に虚構と知って、呆然となったという。木を植えた男 フレッシュアイペディアより)

  • 椋尾篁

    椋尾篁から見た高畑勲高畑勲

    1976年放映の『母をたずねて三千里』の現地ロケ(イタリア・アルゼンチン)に高畑勲・宮崎駿らと同行し、光と影を背景美術に織り込む。1981年公開の『セロ弾きのゴーシュ』では水墨画的な世界に陰影をつけて質感を表現。『銀河鉄道999』など一連のりんたろう監督作品でSF美術の大家としての地位を確立した。徳間書店アニメージュ主催のアニメグランプリにおいて美術部門の人気投票第1位を5年連続で獲得。1970 - 80年代の日本のアニメーション美術のクオリティを飛躍的に高めることに大きく貢献した。椋尾篁 フレッシュアイペディアより)

  • おおすみ正秋

    おおすみ正秋から見た高畑勲高畑勲

    高畑勲と同じく絵コンテを描かず口頭で伝える手法をとる。『走れメロス』で制作に加わった沖浦啓之は実質的に絵コンテを担当し、このことが自分のなかで大きな変化になったと語っている。おおすみ正秋 フレッシュアイペディアより)

  • ローズ (ベット・ミドラーの曲)

    ローズ (ベット・ミドラーの曲)から見た高畑勲高畑勲

    日本の演歌歌手、都はるみは、アニメ映画『おもひでぽろぽろ』(1991年7月公開)の主題歌として、同作の監督である高畑勲が訳詞を担当した日本語のカヴァー「愛は花、君はその種子」を歌った。カップリング曲「好きになった人」は、都はるみが1968年にヒットさせた曲で、『おもひでぽろぽろ』のサウンドトラックでも使用された。ローズ (ベット・ミドラーの曲) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
195件中 1 - 10件表示

「高畑勲」のニューストピックワード