144件中 91 - 100件表示
  • 加賀美幸子

    加賀美幸子から見た高畑勲高畑勲

    1987年には、ドキュメンタリー映画『柳川堀割物語』(高畑勲監督・制作二馬力)のナレーションを同僚の国井雅比古と共に務めた(NHK在籍中でこのようなことは異例である)。加賀美幸子 フレッシュアイペディアより)

  • わんぱく王子の大蛇退治

    わんぱく王子の大蛇退治から見た高畑勲高畑勲

    演出助手:高畑勲、矢吹公郎わんぱく王子の大蛇退治 フレッシュアイペディアより)

  • 南山東部土地区画整理事業

    南山東部土地区画整理事業から見た高畑勲高畑勲

    反対運動はその後も続けられ、2009年2月28日には稲城市内の一農家が主宰する「稲城里山元気塾」が「東京都稲城市のタヌキの暮らす多摩丘陵(南山)開発事業見直しを求める署名 」と題された電子署名活動を開始。また同じ頃にスタジオジブリの高畑勲が現地を視察し、3月にテレビ朝日系の「スーパーモーニング」に出演して、南山東部地区区画整理事業への批判を展開した。この頃から南山は高畑が監督したアニメ映画「平成狸合戦ぽんぽこ」の舞台であるとの主張が、反対運動に取り組む人々によってなされるようになった。南山東部土地区画整理事業 フレッシュアイペディアより)

  • ジャン・ジオノ

    ジャン・ジオノから見た高畑勲高畑勲

    『木を植えた男を読む』フレデリック・バック画 高畑勲訳著 徳間書店 1990ジャン・ジオノ フレッシュアイペディアより)

  • 原徹

    原徹から見た高畑勲高畑勲

    大学在学中に、しとうきねお、園山俊二、東海林さだお、福地泡介らとともに早稲田大学漫画研究会の創設に参加。「漫画サンデー」に4コマ漫画を描く。漫画家の道は断念し、大学を卒業すると、1959年に東映動画に入社。企画制作の仕事をし、1965年のテレビアニメ『宇宙パトロールホッパ』を始めとして、『ひみつのアッコちゃん』『魔法のマコちゃん』『さるとびエッちゃん』など少女向けテレビアニメの製作を担当。1968年には、制作が中断していたアニメ映画『太陽の王子 ホルスの大冒険』に制作課長としてプロデューサーを務める。『太陽の王子 ホルスの大冒険』は原の同期入社の高畑勲の初監督作品であったが、原の役回りは予算とスケジュールの製作管理の強化のため、会社側の要求を伝えるというものだった。しかし倍近くかかった制作予算のオーバーと、興行が不入りだったことから、責任を問われ、上司の関政治郎制作部長とともに後に東映動画を去る遠因となった。後に原は、テレビアニメ全盛時代になって、東映動画がオリジナル企画で挑戦せず、漫画原作作品ばかりになったことに失望感を示している。原徹 フレッシュアイペディアより)

  • 1988年

    1988年から見た高畑勲高畑勲

    4月16日 - 「となりのトトロ」(宮崎駿監督)・「火垂るの墓」(高畑勲監督)が同時公開。1988年 フレッシュアイペディアより)

  • 戦争映画

    戦争映画から見た高畑勲高畑勲

    火垂るの墓(アニメーション作品、高畑勲監督、1988年)戦争映画 フレッシュアイペディアより)

  • 山田栄子

    山田栄子から見た高畑勲高畑勲

    レイアウトなどを担当していた宮崎駿は、特に強く島本を支持したが、演出の高畑勲は「破天荒で空想がちなアンを演じるには、少しイメージを崩したほうが良い」と考え、あえて山田を起用。結果として水が合い、以後シリーズの常連となるに至ったというエピソードがある。山田栄子 フレッシュアイペディアより)

  • 10月29日

    10月29日から見た高畑勲高畑勲

    1935年 - 高畑勲、アニメ映画監督10月29日 フレッシュアイペディアより)

  • 金田伊功

    金田伊功から見た高畑勲高畑勲

    宮崎監督作品である1984年のトップクラフト作品『風の谷のナウシカ』に、プロデューサーの高畑勲を尊敬していたということから参加した。元々共に仕事をする以前から、金田はアニメ映画『空飛ぶゆうれい船』で宮崎が作画を担当したゴーレムのようなものを描きたくてアニメーターになったと発言しており、宮崎の方も1982年に出版された金田の画集に才能を高く評価する寄稿をしていた。以後、スタジオジブリで『天空の城ラピュタ』、『となりのトトロ』、『魔女の宅急便』、『紅の豚』、『もののけ姫』の原画を手がけていく。ちなみに『ラピュタ』においては原画頭(げんががしら)という特例な称号を高畑が考案し、エンディングクレジットでも正式に表記されている。金田伊功 フレッシュアイペディアより)

144件中 91 - 100件表示

「高畑勲」のニューストピックワード