195件中 91 - 100件表示
  • 遠藤政治

    遠藤政治から見た高畑勲高畑勲

    その後、作品が粗製乱造される貸本漫画業界に嫌気がさし、アニメの世界に転向。1972年、斎藤博とスタジオを設立し独立したのち、1973年、瑞鷹エンタープライズのアニメ制作部門として(のちに日本アニメーションに改組される)ズイヨー映像に斎藤、高畑勲、宮崎駿らと参加。1973年『山ねずみロッキーチャック』、1975年『みつばちマーヤの冒険』、1976年『ピコリーノの冒険』、1977年『あらいぐまラスカル』で監督を務めた。遠藤政治 フレッシュアイペディアより)

  • 蕗谷虹児

    蕗谷虹児から見た高畑勲高畑勲

    その後、虹児は監督業を務めることはなく、考証担当としてアニメ製作に関わるが、高畑勲ら若いスタッフ達から「蕗谷先生」と呼ばれ、親しまれることを喜びとし、仕事が無い日も東映動画に通い続け指導した。蕗谷虹児 フレッシュアイペディアより)

  • 長くつ下のピッピ

    長くつ下のピッピから見た高畑勲高畑勲

    パンダコパンダ?1971年に高畑勲・宮崎駿・小田部羊一を軸に、『アタックNo.1』の後番組としてフジテレビの日曜日19:00 - 19:30枠でのテレビアニメ化が企画されたが、原作者の許諾が得られず幻に終わり、代わりに1972年にオリジナルで劇場用映画として製作された。3名の共著『幻の「長くつ下のピッピ」』(岩波書店、2014年)に詳しい。長くつ下のピッピ フレッシュアイペディアより)

  • 借りぐらしのアリエッティ

    借りぐらしのアリエッティから見た高畑勲高畑勲

    元々は、約40年前にアニメーション監督の宮崎駿と高畑勲によって考えられた企画であり、2008年初夏になって宮崎駿によって改めて企画された。当初は『小さなアリエッティ』という題であった。監督に米林宏昌が起用されたのはプロデューサーの鈴木敏夫の提案である。借りぐらしのアリエッティ フレッシュアイペディアより)

  • ロケーション・ハンティング

    ロケーション・ハンティングから見た高畑勲高畑勲

    宮崎駿が『長くつ下のピッピ』アニメ化のために日本のアニメ業界初の海外ロケハンを行なった。しかし、原作者の許諾が得られずアニメ作品自体は製作されなかった。その後、1972年に『アルプスの少女ハイジ』制作にあたり、ロケハンが2度行われた。1回目のロケハン(スイス、フランス、ドイツ)は高畑勲(演出)、宮崎駿(場面構成、場面設定)、小田部羊一(作画監督、キャラクターデザイン)など、主要制作陣中心で、2回目のロケハン(スイスなど):渡辺岳夫、レコード会社など音楽制作陣中心である。ロケーション・ハンティング フレッシュアイペディアより)

  • 戦争映画

    戦争映画から見た高畑勲高畑勲

    火垂るの墓(アニメーション作品、高畑勲監督、1988年)戦争映画 フレッシュアイペディアより)

  • 関西高等学校

    関西高等学校から見た高畑勲高畑勲

    高畑浅次郎- 1954年から校長、高畑勲の父関西高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 出崎統

    出崎統から見た高畑勲高畑勲

    初期監督作品では他者が絵コンテを担当した割合が比較的多いが、それらの大部分は出?自身が徹底的な手直しを行った。対して、出?が絵コンテマンとして制作した絵コンテが他者に改変された事例もいくつか存在する。『ルパン三世』(テレビ第1作)第13話「タイムマシンに気をつけろ!」と17話「罠にかかったルパン」では、当時Aプロダクションに所属していた宮崎駿と高畑勲による改変を受けた。もっとも同作の作画監督を務めた大塚康生によると、宮崎と高畑は基本的に「出?の絵コンテのままで面白いので、手をつけずにおこう」とのスタンスだったらしく、絵コンテ自体はあまり変えずに作画段階でニュアンスを変更した部分が大きかったとのことである。出崎統 フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット

    マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィットから見た高畑勲高畑勲

    2015年、スタジオジブリの鈴木敏夫より打診され、自身初の長編映画『レッドタートル ある島の物語』の監督に就任。スタジオジブリとワイルドバンチの出資を受け、2007年頃より製作準備に入った。日本の東京都小金井市に転居し、シナリオと絵コンテを作成した。高畑勲らのチェックを受けたうえで、絵コンテが完成すると今度はフランスに戻り、本格的な製作に入った。2016年5月、『レッドタートル ある島の物語』にて、カンヌ国際映画祭のある視点部門特別賞を受賞した。そのほか、同年9月にアテネ国際映画祭の審査員特別賞と観客賞を受賞している。マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット フレッシュアイペディアより)

  • 赤毛のアン (アニメ)

    赤毛のアン (アニメ)から見た高畑勲高畑勲

    原作に忠実な作りにした理由として高畑勲監督は、会話劇のおもしろさやアンやマリラなどの登場人物それぞれの立場に立つことで二重に楽しめる構造など、原作の良さを活かすためとしている。赤毛のアン (アニメ) フレッシュアイペディアより)

195件中 91 - 100件表示

「高畑勲」のニューストピックワード