195件中 101 - 110件表示
  • 菅野嘉則

    菅野嘉則から見た高畑勲高畑勲

    映画『平成狸合戦ぽんぽこ』から宮崎駿・高畑勲が主宰するスタジオジブリに参加(日本テレビから出向)し、『もののけ姫』ではCGディレクターとして、手描きアニメーションの世界にデジタル表現を導入した。菅野嘉則 フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・ラセター

    ジョン・ラセターから見た高畑勲高畑勲

    1980年代から宮崎駿との交流があり、同時に宮崎駿の大ファン。最初に会ったのは映画『リトル・ニモ』の企画時で、当時は互いに印象はなかったが、高畑勲らが持っていった映画『カリオストロの城』のビデオを見て、その作画に驚いて繰り返し鑑賞。1987年の初来日時にはスタジオジブリを訪問し、『となりのトトロ』製作中に「ねこバス」の設定に大きな衝撃を受け、ジブリ作品の中でもとなりのトトロがお気に入りだと言う。その縁でジブリとピクサーは会社ぐるみの交流がある。また宮崎駿監督の作品『千と千尋の神隠し』のアメリカでの公開に際し、宣伝活動、翻訳総指揮を行っている。ジョン・ラセター フレッシュアイペディアより)

  • 徳間康快

    徳間康快から見た高畑勲高畑勲

    アニメーションにも造詣が深く、当時はまだ一般的には無名だった宮崎駿を「大物」と認めて、『風の谷のナウシカ』を製作するチャンスを与えた。スタジオジブリ設立時にも出資して初代社長となり、その後も宮崎や高畑勲の作品制作を支援した。宮崎によれば、「天空の城ラピュタ」制作時に資金繰りで行き詰まりかけ徳間に相談したところ、「『カネ』ならいくらでもあるぞ!『銀行に』(笑い)」と助言されたという。鈴木敏夫は、徳間が銀行から金を借りるのは「ほんとうにうまかった」と述べている。また、『となりのトトロ』では当初東宝が赤字を危惧して配給に消極的だったところ、徳間が「ならば東宝には『敦煌』を配給しない」と切り返し、紆余曲折の末と『火垂るの墓』との同時上映という形で無事配給にこぎ着けた。鈴木は、徳間が文芸作品を娯楽映画にする夢を持っていたとし、徳間としての思いはむしろ『敦煌』にあったのではないかと述べている。その後、徳間はともに自らが出資する『おろしや国酔夢譚』を『紅の豚』の直前に公開し、『紅の豚』のプロデューサーだった鈴木に「勝負だ」と持ちかける子どもっぽい面もあった。徳間康快 フレッシュアイペディアより)

  • 星野康二

    星野康二から見た高畑勲高畑勲

    『ホーホケキョとなりの山田くん』(いしいひさいち原作、高畑勲脚色・監督、スタジオジブリ、1999年) - 製作担当星野康二 フレッシュアイペディアより)

  • 1983年の映画

    1983年の映画から見た高畑勲高畑勲

    5月20日 - ホテルオークラで東映配給、トップクラフト制作の長編アニメーション映画・「風の谷のナウシカ」の製作発表会が開かれ、宮崎駿(原作、脚本、監督)、高畑勲(プロデューサー)、徳間康快(徳間書店代表取締役社長)、近藤道生(博報堂代表取締役社長)が出席。1983年の映画 フレッシュアイペディアより)

  • アヌシー国際アニメーション映画祭

    アヌシー国際アニメーション映画祭から見た高畑勲高畑勲

    最高賞であるクリスタル賞受賞者は、長編部門で宮崎駿・高畑勲・湯浅政明、短編部門で山村浩二・加藤久仁生、広告部門で新井風愉の計6名である。アヌシー国際アニメーション映画祭 フレッシュアイペディアより)

  • 日本映画批評家大賞

    日本映画批評家大賞から見た高畑勲高畑勲

    アニメーション作品賞 - 『かぐや姫の物語』(監督:高畑勲日本映画批評家大賞 フレッシュアイペディアより)

  • ユーリ・ノルシュテイン

    ユーリ・ノルシュテインから見た高畑勲高畑勲

    好きなアニメーション作家は、フレデリック・バック、ノーマン・マクラレン、川本喜八郎、個人的にも交流の深い高畑勲など。ディズニー作品も、小さな頃から好きである。ユーリ・ノルシュテイン フレッシュアイペディアより)

  • 1985年の映画

    1985年の映画から見た高畑勲高畑勲

    10月17日 - 赤坂プリンスホテルで東映配給、スタジオジブリ制作の長編アニメーション映画・「天空の城ラピュタ」の製作発表会が開かれ、宮崎駿(原作、脚本、監督)、高畑勲(プロデューサー)、徳間康快(徳間書店代表取締役社長)が出席。1985年の映画 フレッシュアイペディアより)

  • 金田伊功

    金田伊功から見た高畑勲高畑勲

    宮崎監督作品である1984年のトップクラフト作品『風の谷のナウシカ』に、プロデューサーの高畑勲を尊敬していたということから参加した。元々共に仕事をする以前から、金田はアニメ映画『空飛ぶゆうれい船』で宮崎が作画を担当したゴーレムのようなものを描きたくてアニメーターになったと発言しており、宮崎の方も1982年に出版された金田の画集に才能を高く評価する寄稿をしていた。以後、スタジオジブリで『天空の城ラピュタ』、『となりのトトロ』、『魔女の宅急便』、『紅の豚』、『もののけ姫』の原画を手がけていく。ちなみに『ラピュタ』においては原画頭(げんががしら)という特例な称号を高畑が考案し、エンディングクレジットでも正式に表記されている。金田伊功 フレッシュアイペディアより)

195件中 101 - 110件表示

「高畑勲」のニューストピックワード