144件中 11 - 20件表示
  • 富野由悠季

    富野由悠季から見た高畑勲高畑勲

    宮崎駿とは同年の生まれであり、近年は(新作・旧作を問わず)自身の作品のインタビューにおいて「宮崎らスタジオジブリ制作作品にライバル意識を持っている」というような発言をしばしばする。だが宮崎、高畑勲を非常に高く評価しており、「(オスカーを取った宮崎駿のように自分がなれなかったのは)能力の差であるということを認めざるを得ない」、「誤解を恐れず言えば、宮崎、高畑の演出論は黒澤明以上だ」とまで評している。富野由悠季 フレッシュアイペディアより)

  • おおすみ正秋

    おおすみ正秋から見た高畑勲高畑勲

    高畑勲と同じく絵コンテを描かず口頭で伝える手法をとる。『走れメロス』で制作に加わった沖浦啓之は実質的に絵コンテを担当し、このことが自分のなかで大きな変化になったと語っている。おおすみ正秋 フレッシュアイペディアより)

  • アニメの歴史

    アニメの歴史から見た高畑勲高畑勲

    映画会社東映(本社)が、日本動画を吸収合併し、東映動画(現東映アニメーション)を設立。翌年、東京練馬区大泉にスタジオ建設。宮崎駿、高畑勲、りんたろうら、後に巨匠となる多くのアニメーターが巣立っていった。アニメの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • スタジオジブリ

    スタジオジブリから見た高畑勲高畑勲

    『天空の城ラピュタ』(宮崎駿原作・脚本・監督)、『となりのトトロ』(宮崎駿原作・脚本・監督)、『火垂るの墓』(高畑勲脚本・監督)など。スタジオジブリ フレッシュアイペディアより)

  • ルパン三世 (TV第1シリーズ)

    ルパン三世 (TV第1シリーズ)から見た高畑勲高畑勲

    岐路に立たされた大塚は、東映で一緒に子供向けアニメを作っていた高畑勲と宮崎駿(当時東京ムービーの専属下請け会社であったAプロダクション(後のシンエイ動画)に在籍していた)2人に演出を依頼した。ルパン三世 (TV第1シリーズ) フレッシュアイペディアより)

  • 平成狸合戦ぽんぽこ

    平成狸合戦ぽんぽこから見た高畑勲高畑勲

    『平成狸合戦ぽんぽこ』(へいせいたぬきがっせんぽんぽこ、英題:Pom Poko)は、1994年7月16日公開のスタジオジブリ制作の劇場アニメ作品。原作・監督・脚本は高畑勲平成狸合戦ぽんぽこ フレッシュアイペディアより)

  • 大塚康生

    大塚康生から見た高畑勲高畑勲

    東映動画アニメーター第一期生。日本におけるアニメの創成期から第一線で活躍。宮崎駿、高畑勲と組み『太陽の王子 ホルスの大冒険』『ルパン三世』『パンダコパンダ』『未来少年コナン』『じゃりン子チエ』などを手がける。演出担当時に鈴木一というペンネームを用いたことがある。元麻薬取締官という異色の経歴を持つ。英語や中国語にも堪能であるらしい。東映動画では、直属の上司として新入社員・宮崎駿の指導育成に当った。他にも指導を受けた人材は多数にのぼる(著名な人物として、杉井ギサブロー、月岡貞夫、芝山努、椛島義夫、近藤喜文、田中敦子、うつのみや理、貞本義行、田中達之、板垣伸など)。大塚康生 フレッシュアイペディアより)

  • 矢野 顕子

    矢野顕子から見た高畑勲高畑勲

    ホーホケキョとなりの山田くん(1999年、高畑勲監督) 声優として出演。矢野顕子 フレッシュアイペディアより)

  • 火垂るの墓

    火垂るの墓から見た高畑勲高畑勲

    同名のアニメ映画『火垂るの墓』(英題:Grave of the Fireflies)が、新潮社の製作で1988年(昭和63年)4月16日から東宝系で公開された。制作はスタジオジブリ、監督・脚本は高畑勲。現在進行形のストーリーではなく、幽霊になった清太によるナレーションで過去の事を思い出しているものである。原作をほぼ忠実になぞっているが、後半部分の演出、特に節子の死のシーンの描写などはアニメオリジナルである。挿入歌としてアメリータ・ガリ=クルチの「埴生の宿(原題:Home, Sweet Home)」が使われた。火垂るの墓 フレッシュアイペディアより)

  • 米村みゆき

    米村みゆきから見た高畑勲高畑勲

    ジブリの森へ 高畑勲・宮崎駿を読む(編)森話社 2003米村みゆき フレッシュアイペディアより)

144件中 11 - 20件表示

「高畑勲」のニューストピックワード