195件中 11 - 20件表示
  • 叶精二

    叶精二から見た高畑勲高畑勲

    アニメーション作品全般、特に宮崎駿、高畑勲、大塚康生、近藤喜文の関わった作品研究を中心に活動している。叶精二 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田義昭

    吉田義昭から見た高畑勲高畑勲

    『アルプスの少女ハイジ』 : 製作高橋茂人、演出高畑勲、原作ヨハンナ・スピリ、声の主演杉山佳寿子、製作ズイヨー映像、1974年1月6日 - 同年12月29日放映(連続テレビアニメ映画・カルピス劇場) - 佐々木守・大川久男・黒田昌郎・斎藤博とともに脚本吉田義昭 フレッシュアイペディアより)

  • 王と鳥

    王と鳥から見た高畑勲高畑勲

    『やぶにらみの暴君』は日本での公開された1953年当時、評価が高く、文部省の選定と優秀映画鑑賞会の推薦を受け、映画雑誌『キネマ旬報』の外国映画ベストテンの6位に入賞した。アニメが映画として評価されることのない時代にこれは極めて異例なことだった。「やぶにらみの暴君」を見たことがきっかけで、高畑勲や芝山努といった後の日本のアニメを支える人材がアニメの道を志した。宮崎駿も「やぶにらみの暴君」に感銘を受けた1人であり、宮崎の監督作品『ルパン三世 カリオストロの城』などへの影響が見られることが指摘されている。高畑、宮崎といったスタジオジブリの作家への影響から、2006年に同スタジオなどによって日本でミニシアターで劇場公開され、高畑は本作に関する書籍を発表した。王と鳥 フレッシュアイペディアより)

  • ジャック・プレヴェール

    ジャック・プレヴェールから見た高畑勲高畑勲

    高畑勲訳・注解『言葉たち』ぴあ(2004)ジャック・プレヴェール フレッシュアイペディアより)

  • 坂口理子

    坂口理子から見た高畑勲高畑勲

    『おシャシャのシャン!』を見た高畑勲監督からのオファーにより、2013年、映画『かぐや姫の物語』の共同脚本を担当。ノベライズ版を角川文庫より刊行する。坂口理子 フレッシュアイペディアより)

  • 富野由悠季

    富野由悠季から見た高畑勲高畑勲

    フリーの若手だった頃、ジャンルを問わず多くの作品に参加し、コンテをかなりのスピードで上げていったことから「コンテ千本切りの富野」、「さすらいのコンテマン」という異名をとるようになる。業界では「富野に頼めば3日でコンテが上がる」と言われていた。制作スケジュールの厳しいアニメ業界では、富野のように絵コンテを上げるのが早い人材が重宝された。一時期富野の片腕と言われたアニメーターの湖川友謙によると、一部に例外があるようだがと断りながら「おトミさんのコンテの画は、どうとでもとれるような描き方なんですよ。アニメーターがもっと面白い事をやってくれればいいかという感じにもとれるのね。」と語っている。元々映画系志望だっただけにリミテッド・アニメとは指向が違っていたと言われ、安彦良和によれば「画を描く手間を考えない『真面目にやっているのか?』というコンテ」、湖川友謙は「動かす意欲を刺激する良いコンテ、これぐらいでないとつまらない」、高畑勲は「いわゆる職業化された、システム化されたコンテマンからは窺がえない意欲が感じられるコンテ」と評価。安彦の回想では、画面の奥の方で関係のないキャラクターの芝居が入っているなど、処理に困るシーンがあると現場で適当にカットしていたそうである。それでも特に文句を言ってこないため「軽い演出家」との印象を持っていたが、ガンダム制作時に膨大な設定を持ち込むのをみて考えを改めたという。『∀ガンダム』開始時点での絵コンテ総数は、名前が確認できるもののみで少なくみて586本で、アニメ史上最多記録と推測される。監督業に就いてからも自ら多くのコンテを切り、スタッフに任せたコンテに満足できない時は忙しい時間を割いて自身で手直しをすることもある。『ザブングル』の時に顕著だった事例だが、ほとんど自分のコンテになってしまった時でもスタッフロールの記載を変えることはしない。これは「手直しされた人間にもプライドというものがあるだろう」という配慮からである。富野が絵コンテとして参加しクレジットもされた『未来少年コナン』において監督の宮崎駿がほとんど自分でコンテを書き替えたことも少なくなかったという経験も影響していると考えられている。しかし「ただ彼らを甘やかしただけだったかもしれない」とも書いている。富野由悠季 フレッシュアイペディアより)

  • 矢野顕子

    矢野顕子から見た高畑勲高畑勲

    ホーホケキョとなりの山田くん(1999年、高畑勲監督) 声優として出演。矢野顕子 フレッシュアイペディアより)

  • 千と千尋の神隠し

    千と千尋の神隠しから見た高畑勲高畑勲

    宮崎はその場ですぐ、「千晶の映画をやろうか」と提案した。「千晶」とは、本作の製作担当である奥田誠治の娘、奥田千晶のことである。奥田誠治は日本テレビの社員で、宮崎の友人のひとりだった。奥田千晶は毎年夏に宮崎の山小屋に滞在する「幼いガールフレンド」のひとりであり、鈴木とも親しかった。さらに宮崎は、作品の舞台を江戸東京たてもの園にすることを提案した。江戸東京たてもの園はスタジオジブリにほど近い場所にあり、宮崎・鈴木・高畑勲らの日常的な散歩コースになっていた。身近な場所を舞台に、親しい子供のための映画を作るという宮崎の提案に、鈴木は首を縦に振らざるをえなかった。千と千尋の神隠し フレッシュアイペディアより)

  • 未来少年コナン

    未来少年コナンから見た高畑勲高畑勲

    本作には絵コンテで参加した富野由悠季は、『戦闘メカ ザブングル』を監督するにあたって、『未来少年コナン』を模倣するところから始めたと語っている。また、当時新人だった押井守は、本作の絵コンテ集によってレイアウトを学び、高畑勲の絵コンテでのラオ博士の扱いでキャラクターを立たせる「戦略的な演出」を理解したという。未来少年コナン フレッシュアイペディアより)

  • おもひでぽろぽろ

    おもひでぽろぽろから見た高畑勲高畑勲

    劇場アニメ作品の監督・脚本は高畑勲。主題歌はアマンダ・マクブルーム作詞・曲(ベット・ミドラー歌)の「The Rose」を高畑勲が日本語に訳し、都はるみが歌った「愛は花、君はその種子」。おもひでぽろぽろ フレッシュアイペディアより)

195件中 11 - 20件表示

「高畑勲」のニューストピックワード