195件中 21 - 30件表示
  • 思い出のマーニー

    思い出のマーニーから見た高畑勲高畑勲

    宮崎駿・高畑勲の2人が一切制作に関わっておらず、プロデューサーの西村義明はスタジオジブリの次代を担うことになる最初の作品になる旨をコメントしている。鈴木敏夫は公開後の8月、スタジオジブリによる長編アニメーション制作を小休止すると語った。思い出のマーニー フレッシュアイペディアより)

  • 大塚康生

    大塚康生から見た高畑勲高畑勲

    東映動画アニメーター第一期生。日本におけるアニメの創成期から第一線で活躍し、宮崎駿や高畑勲と組んで『太陽の王子 ホルスの大冒険』『ルパン三世』『パンダコパンダ』『未来少年コナン』『じゃりン子チエ』などを手がける。演出を担当する時には、鈴木一というペンネームを用いることがある。大塚康生 フレッシュアイペディアより)

  • 平成狸合戦ぽんぽこ

    平成狸合戦ぽんぽこから見た高畑勲高畑勲

    『平成狸合戦ぽんぽこ』(へいせいたぬきがっせんぽんぽこ、英題: Pom Poko)は、スタジオジブリ制作のアニメーション映画作品。原作・監督・脚本は高畑勲。1994年7月16日に公開された。平成狸合戦ぽんぽこ フレッシュアイペディアより)

  • 天空の城ラピュタ

    天空の城ラピュタから見た高畑勲高畑勲

    監督である宮崎の小学校時代に考えていた架空の作品が骨子となっており、原作となる作品が存在しない初のアニメオリジナルの監督作品である。製作は徳間書店。高畑勲の映画『柳川堀割物語』の製作遅延により資金調達に追われた宮崎が、徳間書店の鈴木敏夫に相談したことから企画が立ち上げられ、この映画をきっかけに設立されたスタジオジブリ制作映画の1作品目となった。次第に高年齢向けになっていくアニメに対して、マンガ映画の復活を目標に小学生を対象に古典的な冒険活劇として企画され、それが結果的に大人の鑑賞に耐えうる作品になるというのが宮崎の方針であった。音楽は冒険活劇ということから宇崎竜童に決定していたが、プロデューサーの高畑勲の再考により『風の谷のナウシカ』の久石譲が続投することになった。興行こそ数字的には振るわなかったものの(後述)、配給した東映による観客満足度調査は97.7%と高く、物語は幅広い年齢層に支持され、ビデオ販売は好調であった。天空の城ラピュタ フレッシュアイペディアより)

  • スタジオジブリ

    スタジオジブリから見た高畑勲高畑勲

    『天空の城ラピュタ』(宮崎駿原作・脚本・監督)、『となりのトトロ』(宮崎駿原作・脚本・監督)、『火垂るの墓』(高畑勲脚本・監督)など。スタジオジブリ フレッシュアイペディアより)

  • 武元哲

    武元哲から見た高畑勲高畑勲

    武元哲 フレッシュアイペディアより)

  • 柳川堀割物語

    柳川堀割物語から見た高畑勲高畑勲

    『柳川堀割物語』(やながわほりわりものがたり)は、1987年公開のドキュメンタリー映画。宮崎駿の個人事務所二馬力製作による実写作品(一部アニメーションパートあり)で、監督は『火垂るの墓』『おもひでぽろぽろ』の高畑勲柳川堀割物語 フレッシュアイペディアより)

  • 東京ビデオフェスティバル

    東京ビデオフェスティバルから見た高畑勲高畑勲

    高畑勲(アニメーション映画監督)東京ビデオフェスティバル フレッシュアイペディアより)

  • 母をたずねて三千里 音楽集

    母をたずねて三千里 音楽集から見た高畑勲高畑勲

    作詞:高畑勲 / 編曲:小六禮次郎 / 歌:大杉久美子母をたずねて三千里 音楽集 フレッシュアイペディアより)

  • ポール・グリモー

    ポール・グリモーから見た高畑勲高畑勲

    ポール・グリモー (Paul Grimault、1905年3月23日 - 1994年3月29日) はフランスのアニメーター、映画監督。繊細なスタイルで風刺や自然の情感あふれる描写を得意とする。高畑勲ら日本の作家達に大きな影響を与え、日本のアニメーションに大きな影響を与えている。2001年にパリで開催されたアニメーション・フェスティバルにおけるインタビューで、宮崎駿は「特に強い影響を受けた映画製作者を一人」という条件でポール・グリモーの名を挙げた。ポール・グリモオとも。ポール・グリモー フレッシュアイペディアより)

195件中 21 - 30件表示

「高畑勲」のニューストピックワード