195件中 31 - 40件表示
  • リトル・ニモ

    リトル・ニモから見た高畑勲高畑勲

    本作のアニメ化としてもっとも規模が大きく、かつ有名なものは日本のテレコム・アニメーションフィルムが製作に関与した劇場用アニメ『NEMO/ニモ』である。アメリカ合衆国との共同製作であり、監督は最終的に波多正美、ウィリアム・T・ハーツによって行われた。公開は1989年。15年にわたる製作期間と55億円もの巨費が投じられ、宮崎駿、高畑勲、大塚康生、レイ・ブラッドベリ、ジャン・ジロー(メビウス)など多くの著名人が製作に関わったが、日本では興行収入は9億円前後、アメリカでも137万ドル弱(約1億4000万円)にとどまり、興行的には失敗に終わった。リトル・ニモ フレッシュアイペディアより)

  • 大井数雄

    大井数雄から見た高畑勲高畑勲

    1965年演劇教育賞受賞。ソ連の社会主義リアリズムの人形劇理論を翻訳した。1959年人形座で上演した「春楡(チキサニ)の上に太陽」(脚本・深沢一夫)は、高畑勲監督のアニメ映画『太陽の王子 ホルスの大冒険』の原作となった。大井数雄 フレッシュアイペディアより)

  • 村田耕一

    村田耕一から見た高畑勲高畑勲

    村田はAプロ班のアニメーターとして同社の作品にかかわる中で、高畑勲、宮崎駿らと深い関係を築き、二人の作るアニメ映画やテレビアニメに参加し、作画監督として活躍した。また、OH!プロが『セロ弾きのゴーシュ』を制作するに当たっては、高畑に監督を依頼し、自らはプロデューサーとして製作に当たった。村田耕一 フレッシュアイペディアより)

  • 尾澤直志

    尾澤直志から見た高畑勲高畑勲

    トップクラフトが制作し宮崎駿が監督を務めた『風の谷のナウシカ』にて、スタッフとして参加し動画チェックを担当した。宮崎らがスタジオジブリを起ち上げると、それ以降は尾澤もスタジオジブリ作品に携わっていく。スタジオジブリが初めて制作した『天空の城ラピュタ』では、『風の谷のナウシカ』同様に動画チェックとして参加した。その後、スタジオジブリが宮崎の監督作品『となりのトトロ』と高畑勲の監督作品『火垂るの墓』とを同時並行に制作した際には、尾澤は『火垂るの墓』の方に参加し、同じく動画チェックを担当した。尾澤直志 フレッシュアイペディアより)

  • 深沢一夫

    深沢一夫から見た高畑勲高畑勲

    深沢 一夫(ふかざわ かずお、1933年 - )は、日本のシナリオ作家、作家。横浜市生まれ。中学を2年で中退。くつ屋店員、人形劇団員などをへて、『週刊朝日』ミュージカル脚本募集に「アイヌ恋歌」が入選し、作家生活に入る。高畑勲の『太陽の王子 ホルスの大冒険』(1968)、『母をたずねて三千里』(1976)などのシナリオで知られる。横浜で「深沢一夫演劇教室」を開く。深沢一夫 フレッシュアイペディアより)

  • ジャン・ジオノ

    ジャン・ジオノから見た高畑勲高畑勲

    『木を植えた男を読む』フレデリック・バック画 高畑勲訳著 徳間書店 1990ジャン・ジオノ フレッシュアイペディアより)

  • 夢と狂気の王国

    夢と狂気の王国から見た高畑勲高畑勲

    高畑勲 - スタジオジブリの映画監督。高畑については周囲の人物の発言が主で、本人はラストシーンしか登場しない。『かぐや姫の物語』の制作現場も出てこない。夢と狂気の王国 フレッシュアイペディアより)

  • トップクラフト

    トップクラフトから見た高畑勲高畑勲

    『風の谷のナウシカ』の制作は、監督の宮崎駿が当初制作拠点として考えていた古巣のテレコム・アニメーションフィルムに余裕がなく断られたため、トップクラフトに白羽の矢が立ったものである。前述の博報堂との関係の他、原徹は東映動画時代に『太陽の王子 ホルスの大冒険』の制作を通じて、監督の宮崎駿、プロデューサーの高畑勲とは旧知の仲であった。『風の谷のナウシカ』は成功を収め、これにより、徳間書店のアニメ事業への進出を決意させることになった。1985年にアニメ映画『天空の城ラピュタ』(1986年公開)制作のために、徳間書店の出資によりスタジオジブリが設立。原徹はこれに取締役として参加することとなり、トップクラフトはスタジオジブリへと改組する形で解散。『風の谷のナウシカ』の後、博報堂の製作で作った日本向けテレビアニメシリーズ『コアラボーイ コッキィ』を最後に13年の活動に終止符を打った。トップクラフト フレッシュアイペディアより)

  • 小西賢一

    小西賢一から見た高畑勲高畑勲

    2013年公開の高畑勲監督作品『かぐや姫の物語』では再び、作画監督を務めている。本作のプロデューサーである西村義明は原画の制作状況を振り返り、「中でも小西さんがいちばん大変だというのがあったから。小西さんがあれだけ頑張ってるんだから、こっちも弱音なんか吐いてられないね、という雰囲気があったんですよ。」と述べている。小西賢一 フレッシュアイペディアより)

  • シンカク高橋

    シンカク高橋から見た高畑勲高畑勲

    特に好きな映画には、サーファーズ・ルールと審判の誤審問題を扱った青春映画「ノースショア」(1987)、ロックンローラー、ジェリー・リー・ルイスの伝記映画「Great Balls of Fire! グレート・ボールズ・オブ・ファイヤー(火の玉ロック)」(1989)、クリスマスや鉄道を題材とした冒険アニメ映画「ポーラーエクスプレス」(2004)、モーツァルトを扱ったアカデミー賞総なめの「アマデウス 」(1984)、CGアニメを駆使した宇宙冒険映画「タイタンA.E.」(2000)、孤独な少年と虫たちが空を飛び、ニューヨークを目指す冒険映画「ジャイアント・ピーチ」(1996)、アカデミー賞を受賞した反戦映画「7月4日に生まれて」(1989)、ディズニーアニメ映画「ピーター・パン2 ネバーランドの秘密」(2002)、「ハリー・ポッター」シリーズなどを挙げている。また、その他のヘンリー・セリック監督、オリバー・ストーン監督、大林宣彦監督、宮崎駿監督、高畑勲監督、ローランド・ジョフィ監督、ジョン・ミリアス監督作品も好む。かつては、自宅に200インチの5.1chサラウンド映画館(DTS仕様ホームシアター)を作るほどの映画好きであった。シンカク高橋 フレッシュアイペディアより)

195件中 31 - 40件表示

「高畑勲」のニューストピックワード