195件中 41 - 50件表示
  • 田辺修 (アニメーター)

    田辺修 (アニメーター)から見た高畑勲高畑勲

    2005年に高畑勲の次回監督作品企画が決まった際にメインアニメーターに指名されたが、当初の『平家物語』の企画に対して「人が人を殺すシーンは描きたくない」と難色を示し、「生まれてきた子供が生き生きと動くところを描きたい」と言ったことがきっかけで、『竹取物語』をベースにした『かぐや姫の物語』に変更されることになった。田辺修 (アニメーター) フレッシュアイペディアより)

  • アニメ監督

    アニメ監督から見た高畑勲高畑勲

    初期においてはアニメーターとしてある程度の技量を持った人間がそのまま演出家になることが多く、その傾向は現在も続いている。一方、東映動画は実写映画の助監督のように演出助手(後述)を募集しており、高畑勲のように、絵は描けずともはじめから演出助手として採用された上で演出に昇格するというパターンもあった(現在の東映アニメーションでもそのシステムは引き継がれている。また試験を受ければ社内のどのセクションからも演出に転身出来るようになっている)。1961年に設立された虫プロでは、初期は東映から移籍してきた杉井ギサブローなどアニメーター出身の演出がほとんどであったものの、富野由悠季や高橋良輔などの制作進行出身のアニメ演出家が登場し、以降業界では制作進行から演出家になるという流れも一般化した。また、設立当初から分業化を進めていたタツノコプロにおいては、押井守のようにいきなり演出として採用されることもあった。アニメ監督 フレッシュアイペディアより)

  • 井岡雅宏

    井岡雅宏から見た高畑勲高畑勲

    『アルプスの少女ハイジ』『赤毛のアン』の他、『あらいぐまラスカル』といった自然描写が多くのシーンを占める作品で美術監督を務め、高い評価を得た。その巧みな自然描写は、宮崎駿や高畑勲からも賞賛されている。『アルプスの少女ハイジ』は、制作前に海外現地調査を行っているが、井岡はこの調査には参加していない。そのため、制作には相当な苦労を重ねたという。井岡雅宏 フレッシュアイペディアより)

  • 野崎透

    野崎透から見た高畑勲高畑勲

    高校は田舎の一流公立進学校で成績も優秀だった。一方でかなり気合の入ったキャッチボール好きで、柔道部の活動にも参加し、絵が好きで、学園祭を盛り上げるなど多才だった。当時セル画の通信講座を受講していた。ガリ勉を嫌い、体も鍛えていた。高校時代には当時貴重だったソニーのベータマックスで『アルプスの少女ハイジ』や『未来少年コナン』を録画していた。当時宮崎・高畑コンビを尊敬。読書好きで難解なSFを好んで読んでいた。飛行機や戦車が大好きだった。大学院時代は潜水艦の研究をしていた。(『監督承認WEBラジヲ 勇気ある誓いはココに』)。野崎透 フレッシュアイペディアより)

  • スタジオジブリ・レイアウト展

    スタジオジブリ・レイアウト展から見た高畑勲高畑勲

    この展覧会は『風の谷のナウシカ』、『となりのトトロ』などから『ハウルの動く城』や『崖の上のポニョ』までスタジオジブリが高畑・宮崎両監督を中心に手がけた作品や、スタジオジブリ設立以前の作品『アルプスの少女ハイジ』などの作品の「レイアウト」と呼ばれる、1枚にアニメーションの1カットの構図を緻密に描いたもの(詳しくは「レイアウト」を参照)がそれぞれの作品の名場面を中心に約1300点公開される。スタジオジブリ・レイアウト展 フレッシュアイペディアより)

  • 銚子セントラル

    銚子セントラルから見た高畑勲高畑勲

    高畑勲『ホーホケキョ となりの山田くん』(松竹・スタジオジブリ、1999年7月17日公開)銚子セントラル フレッシュアイペディアより)

  • おかだえみこ

    おかだえみこから見た高畑勲高畑勲

    アニメの世界 おかだえみこ 鈴木伸一, 高畑勲,宮崎駿 著 新潮社 1988 (とんぼの本)おかだえみこ フレッシュアイペディアより)

  • エースをねらえ! (劇場版)

    エースをねらえ! (劇場版)から見た高畑勲高畑勲

    細田はアニメージュのインタビューでこの映画が公開された1979年(富野由悠季の『機動戦士ガンダム』の放送開始や宮崎駿の『ルパン三世 カリオストロの城』の公開などがあった)について「アニメはこの年に作られたものだけを見てればいいんじゃないか」という発言をしている。白倉は同作品について特撮ニュータイプの2003年月号のインタビューで「一時期「劇場版エースをねらえ!」を見まくってたんですよ。何回も見てるのに見終えたらもの凄く励まされるというか、ホント何度も見てんのに(笑)」と言い、またスタジオジブリの代表取締役である鈴木敏夫もこの作品を高く評価しておりアニメージュの編集長だったころに宮崎駿と高畑勲の作品ばかり特集してしまいその他の作品が二の次になってしまったことを反省し周囲の反対を押しきって1987年1月号にこの作品を大特集した。エースをねらえ! (劇場版) フレッシュアイペディアより)

  • 河童のクゥと夏休み

    河童のクゥと夏休みから見た高畑勲高畑勲

    養老孟司や高畑勲、 神山健治、細田守などのアニメ監督、映画監督の樋口真嗣、作家の中島かずきらが公式サイトに応援メッセージを寄せている。河童のクゥと夏休み フレッシュアイペディアより)

  • 辰巳努

    辰巳努から見た高畑勲高畑勲

    『火垂るの墓』で清太の声をした時には16歳だった(これは清太の設定年齢は14歳であり出演当時の辰巳の年齢に近いことや、物語の舞台が自分の出身地である関西である事が関係しており、監督の高畑勲が関西の俳優などを熱望したのも関わっている)また、後に「年齢が近ければ感情移入しやすい」と自身は語っており、これは節子を演じた白石綾乃も同様だった。辰巳努 フレッシュアイペディアより)

195件中 41 - 50件表示

「高畑勲」のニューストピックワード