144件中 51 - 60件表示
  • 岡山大学教育学部附属小学校・中学校

    岡山大学教育学部附属小学校・中学校から見た高畑勲高畑勲

    高畑勲 (アニメ演出家)岡山大学教育学部附属小学校・中学校 フレッシュアイペディアより)

  • フレデリック・バック

    フレデリック・バックから見た高畑勲高畑勲

    また、広島国際アニメーションフェスティバルでのグランプリ受賞などで数回来日しており、高畑勲などの日本のクリエイター達と交流がある。フレデリック・バック フレッシュアイペディアより)

  • 男鹿和雄

    男鹿和雄から見た高畑勲高畑勲

    男鹿 和雄(おが かずお、1952年2月29日 - )は、アニメーション美術監督・挿絵画家。宮崎駿、高畑勲、川尻善昭らの作品を支えてきた日本を代表する美術監督である。男鹿和雄 フレッシュアイペディアより)

  • のの法則

    のの法則から見た高畑勲高畑勲

    宮崎監督作品のタイトルに「の」が入っていることが、ヒットの秘訣であるという。なお、高畑勲監督作品の場合は「ほ」が入るとのことである。のの法則 フレッシュアイペディアより)

  • リトル・ニモ

    リトル・ニモから見た高畑勲高畑勲

    本作のアニメ化としてもっとも規模が大きく、かつ有名なものは日本のテレコム・アニメーションフィルムが製作に関与した劇場用アニメ『NEMO/ニモ』である。アメリカ合衆国との共同製作であり、監督は最終的に波多正美、ウィリアム・T・ハーツによって行われた。公開は1989年。15年にわたる製作期間と55億円もの巨費が投じられ、宮崎駿、高畑勲、大塚康生、レイ・ブラッドベリ、ジャン・ジロー(メビウス)など多くの著名人が製作に関わったが、日本では興行収入は9億円前後、アメリカでも137万ドル弱(約1億4000万円)にとどまり、興行的には失敗に終わった。リトル・ニモ フレッシュアイペディアより)

  • トップクラフト

    トップクラフトから見た高畑勲高畑勲

    『風の谷のナウシカ』の制作は、監督の宮崎駿が当初制作拠点として考えていた古巣のテレコム・アニメーションフィルムに余裕がなく断られたため、トップクラフトに白羽の矢が立ったものである。前述の博報堂との関係の他、原徹は東映動画時代に『太陽の王子 ホルスの大冒険』の制作を通じて、監督の宮崎駿、プロデューサーの高畑勲とは旧知の仲であった。『風の谷のナウシカ』は成功を納め、これにより、徳間書店のアニメ事業への進出を決意させることになった。1985年にアニメ映画『天空の城ラピュタ』(1986年公開)制作のために、徳間書店の出資によりスタジオジブリが設立。原徹はこれに取締役として参加することとなり、トップクラフトはスタジオジブリへと改組する形で解散。『風の谷のナウシカ』の後、博報堂の製作で作った日本向けテレビアニメシリーズ『コアラボーイ コッキィ』を最後に13年の活動に終止符を打った。トップクラフト フレッシュアイペディアより)

  • 佐脇徹

    佐脇徹から見た高畑勲高畑勲

    第10話『ニセ札つくりを狙え!』 : 監督Aプロ演出グループ(宮崎駿・高畑勲)、1971年12月26日放映佐脇徹 フレッシュアイペディアより)

  • NEMO/ニモ

    NEMO/ニモから見た高畑勲高畑勲

    製作は日本とアメリカの合作で進められ、日本側のプロデューサーには藤岡豊が就任。藤岡は当初は主に資金調達の役目を担い、消費者金融のレイクから出資を受けることに成功する。1978年、藤岡は、当初、ジョージ・ルーカスにアプローチするが、ルーカスは、原案のストーリーに難があるとして謝絶、チャック・ジョーンズも断ったため、ルーカスの紹介で『スター・ウォーズ』を製作したゲイリー・カーツが就任して、米国サイドでレイ・ブラッドベリとエドワード・サマーにストーリーを全面的に書き直させるとともに、アメリカ法人キネトTMSを設立。「ナイン・オールドメン」とよばれるディズニーの長老アニメーター、フランク・トーマスとオーリー・ジョンストンが顧問となり、フルアニメーションができる日本人スタッフを育成するための特別体制が組まれた。メインスタッフとして高畑勲、宮崎駿、大塚康生、近藤喜文、友永和秀、山本二三らが招聘されて日米を往復した。NEMO/ニモ フレッシュアイペディアより)

  • ジャック・プレヴェール

    ジャック・プレヴェールから見た高畑勲高畑勲

    高畑勲訳・注解『言葉たち』ぴあ(2004)ジャック・プレヴェール フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤好春

    佐藤好春から見た高畑勲高畑勲

    1986年愛少女ポリアンナ物語で、初のキャラクターデザイナーに抜擢される。その後、スタジオジブリに移籍するが、そのきっかけになったのは、1988年公開の高畑勲監督の火垂るの墓の作画監督に決まった近藤喜文の推薦により、宮崎駿監督のとなりのトトロの作画監督に抜擢されたことによる。その後、スタジオジブリで数作、原画、作画監督として参加した後、日本アニメーションに戻る。再び世界名作劇場若草物語 ナンとジョー先生、ロミオの青い空のキャラクターデザインを手がけるが、1997年世界名作劇場シリーズの終了に伴い、フリーランスとなる。ウオルトディズニージャパンなどを経て、2001年、株式会社タイトーのゲームソフト「ガラクタ名作劇場 ラクガキ王国」のアートディレクターに招聘され、同作品のCM映像も手がけている。佐藤好春 フレッシュアイペディアより)

144件中 51 - 60件表示

「高畑勲」のニューストピックワード