195件中 61 - 70件表示
  • 種田陽平

    種田陽平から見た高畑勲高畑勲

    かぐや姫の物語(2013年、高畑勲監督) - 協力種田陽平 フレッシュアイペディアより)

  • 近藤喜文

    近藤喜文から見た高畑勲高畑勲

    1970年代半ば以降の宮崎駿や高畑勲の作品を作画面で支えた。近藤喜文 フレッシュアイペディアより)

  • 男鹿和雄

    男鹿和雄から見た高畑勲高畑勲

    男鹿 和雄(おが かずお、1952年2月29日 - )は、アニメーション美術監督・挿絵画家。宮崎駿、高畑勲、川尻善昭らの作品を支えてきた日本を代表する美術監督である。男鹿和雄 フレッシュアイペディアより)

  • 原徹

    原徹から見た高畑勲高畑勲

    企画制作の仕事をし、1965年のテレビアニメ『宇宙パトロールホッパ』を始めとして、『ひみつのアッコちゃん』『魔法のマコちゃん』『さるとびエッちゃん』等少女向けテレビアニメの製作を担当。1968年には、制作が中断していたアニメ映画『太陽の王子 ホルスの大冒険』に制作課長としてプロデューサーを務める。『太陽の王子 ホルスの大冒険』は原の同期入社の高畑勲の初監督作品であったが、原の役回りは予算とスケジュールの製作管理の強化のため、会社側の要求を伝えるというものだった。しかし倍近くかかった制作予算のオーバーと、興行が不入りだったことから、責任を問われ、上司の関政治郎制作部長とともに後に東映動画を去る遠因となった。後に原は、テレビアニメ全盛時代になって、東映動画がオリジナル企画で挑戦せず、漫画原作作品ばかりになったことに失望感を示している。原徹 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤好春

    佐藤好春から見た高畑勲高畑勲

    1986年愛少女ポリアンナ物語で、初のキャラクターデザイナーに抜擢される。その後、スタジオジブリに移籍するが、そのきっかけになったのは、1988年公開の高畑勲監督の火垂るの墓の作画監督に決まった近藤喜文の推薦により、宮崎駿監督のとなりのトトロの作画監督に抜擢されたことによる。その後、スタジオジブリで数作、原画、作画監督として参加した後、日本アニメーションに戻る。再び世界名作劇場若草物語 ナンとジョー先生、ロミオの青い空のキャラクターデザインを手がけるが、1997年世界名作劇場シリーズの終了に伴い、フリーランスとなる。ウオルトディズニージャパンなどを経て、2001年、株式会社タイトーのゲームソフト「ガラクタ名作劇場 ラクガキ王国」のアートディレクターに招聘され、同作品のCM映像も手がけている。佐藤好春 フレッシュアイペディアより)

  • 賀川愛

    賀川愛から見た高畑勲高畑勲

    宮崎駿が『風の谷のナウシカ』を監督すると聞き、宮崎の下で働きたいとスタッフとして参加した。それ以降は、スタジオジブリの多くの作品に携わっている。宮崎が原作・脚本・監督を務めた『紅の豚』では、賀川が作画監督に抜擢された。宮崎の監督作品としては、ほかに『千と千尋の神隠し』でも作画監督を務めた。また、宮崎が企画し、高畑勲が原作・脚本・監督を務めた『平成狸合戦ぽんぽこ』や、宮崎が企画・脚本を担当した『借りぐらしのアリエッティ』でも、それぞれ作画監督を務めた。なお、短編映画である『星をかった日』では「演出アニメーター」としてクレジットされ、演出にも関わった。賀川愛 フレッシュアイペディアより)

  • 海がきこえる

    海がきこえるから見た高畑勲高畑勲

    原作の挿絵を担当した作画監督の近藤勝也をはじめとした、スタジオジブリ内の若手作家を育成する目的で制作され、宮崎駿や高畑勲が全く関わらない初めての作品となった。また東小金井に移されたスタジオジブリ新社屋で制作された初めての作品にもなった。海がきこえる フレッシュアイペディアより)

  • サタジット・レイ

    サタジット・レイから見た高畑勲高畑勲

    サタジット・レイは世界中に広く知られたインドそしてベンガルの文化的象徴である。彼の死に、コルカタ市街は悲しみに暮れ、数百数千もの人々が彼の家に集まって別れを惜しんだ。彼はや、インドでは、、、バングラデシュではや、イギリスではなどのベンガル系映画監督に広く深い影響を与えた。広範囲な活動はインド映画の発展に貢献したと、やまたらは評している。インド以外にも、サタジットの映画スタイルは黒澤明らとともに、マーティン・スコセッシ、ジェームズ・アイヴォリー、カルロス・サウラ、高畑勲ダニー・ボイルら他の映画制作者に大きな影響を与えた。グレゴリー・ナヴァ1995年の映画『』では、ラストシーンで『大樹のうた』を再現した。アイラ・サックス2005年の映画『Forty Shades of Blue』は『チャルラータ』からインスピレーションを受けて制作された。他にも、『Sacred Evil』,やディーパ・メータの「」、ジャン=リュック・ゴダールの作品にもサタジットの要素が含まれる。マイケル・スラゴーは「The Atlantic」誌にて、「1950年代中頃から若者が成人となるドラマが劇場に溢れるようになったのは、オプー三部作の存在に負うところが非常に大きい」と述べた。またこの3部作はバウンス光の技術を導入した。1962年の『カンチェンジュンガ』は後にと呼ばれる技法の先駆的存在であり、1970年の『対抗者』はネガフィルムのフラッシュバックやX線技術を用いた初期の作品である。サタジットはマドビ・ムカージとともに、インド人の映画関係者としては初めて外国(ドミニカ)発行の切手図案に姿が使われた。サタジット・レイ フレッシュアイペディアより)

  • 紅い眼鏡/The Red Spectacles

    紅い眼鏡/The Red Spectaclesから見た高畑勲高畑勲

    斯波はこの作品の予告編を、自身が音響を担当した『天空の城ラピュタ』の収録最終日に宮崎駿と高畑勲に見せて感想を求めたが、宮崎はキョトンとして何も言わず、高畑は「判断のしようがない」と終始曖昧に言葉を濁していたという。宮崎はその後、本作のパンフレットに「押井さんについて」と題した文章を寄稿している。この中では、自分が脚本で押井が監督するはずだったアニメ映画(『アンカー』を指すとみられる)がつぶれてスケジュールが空いたときに二人で知床まで自動車旅行をした話のあとに、「ぼくは実写映画に関心も興味もない。時たま、ほんとに時たまの気まぐれな観客の立場から出る気はない。だから、押井さんが映画少年をいまだにひきずっているのを見ると、アニメーションの監督を実写の人がやるような違和感しか感じない」と述べた上で、本作には押井が「何を考えているか」が「いちばんはっきり表現されていると思った」、(本作を見ているうちに)「70年のバリケートの中にいる高校生の彼が、俺にとって現実と呼ぶに価するのはこの瞬間だけだといまも叫んでいる気がした」と記している。紅い眼鏡/The Red Spectacles フレッシュアイペディアより)

  • パンダの大冒険

    パンダの大冒険から見た高畑勲高畑勲

    1972年10月28日、日中友好親善使節として中国から2頭のジャイアントパンダ(以降「パンダ」と表記)「ランラン」と「カンカン」が上野動物園にやって来て、2頭は日本中の人気者となり、上野動物園は連日長蛇の列、おもちゃ屋ではパンダのぬいぐるみや人形が飛ぶ様に売れ、時ならぬパンダブームが起きた。アニメ界でもこの人気に便乗し、東京ムービー(現:トムス・エンタテインメント)とAプロダクション(現:シンエイ動画)が元東映動画のメンバーだった宮崎駿・大塚康生・小田部羊一・高畑勲をスタッフに起用して、『パンダコパンダ』という中篇作品を制作、1972年12月17日封切の『東宝チャンピオンまつり』内で公開した。パンダの大冒険 フレッシュアイペディアより)

195件中 61 - 70件表示

「高畑勲」のニューストピックワード