144件中 61 - 70件表示
  • 紅い眼鏡/The Red Spectacles

    紅い眼鏡/The Red Spectaclesから見た高畑勲高畑勲

    斯波はこの作品の予告編を、自身が音響を担当した『天空の城ラピュタ』の収録最終日に宮崎駿と高畑勲に見せて感想を求めたが、宮崎はキョトンとして何も言わず、高畑は「判断のしようがない」と終始曖昧に言葉を濁していたという。宮崎はその後、本作のパンフレットに「押井さんについて」と題した文章を寄稿している。この中では、自分が脚本で押井が監督するはずだったアニメ映画(『アンカー』を指すとみられる)がつぶれてスケジュールが空いたときに二人で知床まで自動車旅行をした話のあとに、「ぼくは実写映画に関心も興味もない。時たま、ほんとに時たまの気まぐれな観客の立場から出る気はない。だから、押井さんが映画少年をいまだにひきずっているのを見ると、アニメーションの監督を実写の人がやるような違和感しか感じない」と述べた上で、本作には押井が「何を考えているか」が「いちばんはっきり表現されていると思った」、(本作を見ているうちに)「70年のバリケートの中にいる高校生の彼が、俺にとって現実と呼ぶに価するのはこの瞬間だけだといまも叫んでいる気がした」と記している。紅い眼鏡/The Red Spectacles フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木伸一

    鈴木伸一から見た高畑勲高畑勲

    アニメの世界(おかだえみこ、宮崎駿、高畑勲との共著、1988年3月、新潮社)ISBN 4106019566鈴木伸一 フレッシュアイペディアより)

  • セロ弾きのゴーシュ

    セロ弾きのゴーシュから見た高畑勲高畑勲

    高畑勲が監督しオープロダクションが5年の歳月をかけて完成させた自主制作作品。1982年度大藤信郎賞受賞。原画を才田俊次、美術を椋尾篁がほぼ一人で担当している。原作に登場する架空の楽曲「インドの虎狩り」「愉快な馬車屋」は間宮芳生が新たに作曲した。高畑勲は「自立に向かって苦闘している中高生や青年達にもぜひ観てもらいたい」とパンフレットに記している。セロ弾きのゴーシュ フレッシュアイペディアより)

  • アパッチ野球軍

    アパッチ野球軍から見た高畑勲高畑勲

    演出:宮崎一哉、高畑勲、茂野一清、佐々木勝利、葛西治ほかアパッチ野球軍 フレッシュアイペディアより)

  • 眞島浩一

    眞島浩一から見た高畑勲高畑勲

    その後、日本シナリオ作家協会のシナリオ講座に入学し、脚本家・猪又憲吾と出会い、師事を受ける。猪又憲吾とは、氏が亡くなるまでずっと師と仰ぎ続け、また今も変わらず仰ぎ続けている。オリジナル作品『黒の奔流』で、第11回・大伴昌司賞ノミネート賞を受賞し、2002年アニメ『パタパタ飛行船の冒険』でデビューする。同作品は、大塚康生、宮崎駿、高畑勲ら、著名なアニメ界の重鎮たちが活躍した、テレコム・アニメーションフィルムが初めて単独制作した作品で、その制作に社長の竹下孝次が自ら携わった。他に、著名なメカニック・デザイナーの友永和秀がデザインを担当している(竹内、友永、そして大塚らは、宮崎駿が手掛けた名作アニメ『未来少年コナン』(NHK)のスタッフである)。眞島浩一 フレッシュアイペディアより)

  • アニメーション映画

    アニメーション映画から見た高畑勲高畑勲

    1980年代に入ると、『風の谷のナウシカ』(1984年)が劇場公開され、この後スタジオジブリを立ち上げた高畑勲や、宮崎駿らが2年に1本程度の間隔で『天空の城ラピュタ』(1986年)、『となりのトトロ』(1988年)などのオリジナル劇場用アニメ映画を公開した。宮崎らの始めたジブリは新しいレーベルであり、彼らの才能はまだ一部のアニメファンにしか気づかれておらず、興行面ではドラえもんや東映まんがまつりなどの後塵を拝し続けた。ジブリが商業的に大成功を収め一般大衆の誰もが知るような知名度になるのは1990年代以降である。アニメーション映画 フレッシュアイペディアより)

  • パンダの大冒険

    パンダの大冒険から見た高畑勲高畑勲

    1972年10月28日、日中友好親善使節として中華人民共和国から2頭のジャイアントパンダ(以降「パンダ」と表記)「ランラン」「カンカン」が上野動物園にやって来て、2頭は日本中の人気者となり、上野動物園は連日長蛇の列、おもちゃ屋ではパンダのぬいぐるみや人形が飛ぶ様に売れ、時ならぬパンダブームが起きた。アニメ界でもこの人気に便乗し、東京ムービー(現:トムス・エンタテインメント)が元東映動画のスタッフだった宮崎駿・大塚康生・高畑勲をスタッフに起用して、『パンダコパンダ』という中篇作品を制作、1972年12月17日封切の『東宝チャンピオンまつり』内で公開した。パンダの大冒険 フレッシュアイペディアより)

  • ぱろぱろエブリデイ

    ぱろぱろエブリデイから見た高畑勲高畑勲

    1982年の春休み期間中、同時期の改編において半年前に毎日放送で開始されたアニメ『じゃりン子チエ』(高畑勲監督)がゴールデンおよび全国ネット進出するにあたり、この番組の枠内でCBC未ネットの半年分を集中放送したことがある。ぱろぱろエブリデイ フレッシュアイペディアより)

  • DE DE MOUSE

    DE DE MOUSEから見た高畑勲高畑勲

    ジブリのみならず東映/日本アニメーション時代からの高畑勲/宮崎駿/近藤喜文好きを公言しており特に『耳をすませば』には思い入れがある。好きが高じて『耳をすませば』の舞台であり日本アニメーションのスタジオがある聖蹟桜ヶ丘だけに留まらず多摩丘陵一帯にまで足を伸ばしている。DE DE MOUSE フレッシュアイペディアより)

  • アニメージュ

    アニメージュから見た高畑勲高畑勲

    1982年に創刊された文庫レーベル、略称はAM文庫。主にアニメのノベライズ版が多く、アニメ系の脚本家を採用していた。小説以外にもアニメスタッフの富野由悠季や森康二の自伝などのノンフィクション、高畑勲監督の映像技法解説本、アニメ映画『風の谷のナウシカ』の絵コンテ本、宮崎駿の描き下ろし絵物語の『シュナの旅』などの多彩なジャンルをカバーしていた。しかし、ライバルであるスニーカー文庫や電撃文庫に押される形で衰退し、1998年を最後に実質刊行を停止して2000年にはよりSF色の強い徳間デュアル文庫に事実上の衣替えをした。アニメージュ フレッシュアイペディアより)

144件中 61 - 70件表示

「高畑勲」のニューストピックワード