195件中 71 - 80件表示
  • 小松原一男

    小松原一男から見た高畑勲高畑勲

    OH!プロダクションは下請けにとどまらず、高畑勲を監督に迎え、宮沢賢治原作の『セロ弾きのゴーシュ』を7年かけて自主製作して1982年に公開する気概を見せた。小松原はこの作品で企画を担当している。小松原一男 フレッシュアイペディアより)

  • レイアウトシステム

    レイアウトシステムから見た高畑勲高畑勲

    初めてレイアウトシステムを本格的に導入した作品は1974年放映の『アルプスの少女ハイジ』とされ高畑勲演出の下、宮崎駿が全カットのレイアウト(画面構成)を担当した 。それ以前までは絵コンテから直接背景原図と共に原画を起こすのが一般的であった。レイアウトシステム フレッシュアイペディアより)

  • 羽衣伝説

    羽衣伝説から見た高畑勲高畑勲

    かぐや姫の物語 - 『竹取物語』を原作とした高畑勲監督・スタジオジブリ制作の日本のアニメーション映画。かぐや姫が罪を犯す遠因として、羽衣伝説の天女側の後日譚が創作されている。同作中では、羽衣をまとうと地上での記憶が消し去られると設定されており、天女にも地上の記憶はない。我知らず地上で覚えた童歌を口ずさんでいることがあることに困惑している一方、天女の口ずさむその童歌には、地上では存在しない、天女の心境を思わせる一節が加えられている。羽衣伝説 フレッシュアイペディアより)

  • 氏家齊一郎

    氏家齊一郎から見た高畑勲高畑勲

    日本テレビの副社長時代からスタジオジブリとの提携を推し進め、ジブリ初代社長の徳間康快と親しくし、後に徳間記念アニメーション文化財団の初代理事長にもなる。氏家は高畑勲の監督作品、特に『ホーホケキョ となりの山田くん』を愛好し、宮崎駿の『千と千尋の神隠し』については「俺には理解できない」と宮崎やプロデューサーの鈴木敏夫に直接話したという。氏家の「高畑さんの新作を見たい。大きな赤字を生んでも構わない。金はすべて俺が出す。俺の死に土産だ」という意向から『かぐや姫の物語』の企画がスタートした。予算やスケジュールを危ぶんだ鈴木は、「氏家に製作をやってもらう」という条件をつけた。氏家は作品の完成を見ることなく世を去ったが、その関わり故にポスターやクレジットに「製作」として名が記されることになった。氏家齊一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 山本二三

    山本二三から見た高畑勲高畑勲

    長崎県出身。東京デザイナー学院(現東京ネットウエイブ)卒業後、東映系の美術スタジオを経て、日本アニメーションに入社。宮崎駿が演出した『未来少年コナン』で初の美術監督をつとめ、その後も高畑勲や宮崎駿の作品の多くに美術監督や背景として参加している。山本二三 フレッシュアイペディアより)

  • 米村みゆき

    米村みゆきから見た高畑勲高畑勲

    ジブリの森へ 高畑勲・宮崎駿を読む(編)森話社 2003米村みゆき フレッシュアイペディアより)

  • 橋本信一

    橋本信一から見た高畑勲高畑勲

    2005年「水色のしずく」が東京ビデオフェスティバルにて世界2300作品の中から選ばれ、佳作入選。審査員は大林宣彦監督や高畑勲監督など。橋本信一 フレッシュアイペディアより)

  • グスコーブドリの伝記

    グスコーブドリの伝記から見た高畑勲高畑勲

    本作について、アニメ映画『セロ弾きのゴーシュ』を監督した高畑勲は1996年に執筆した文章で、原作における人工降雨での施肥や火山噴火を利用したCO2増加による温暖化は賢治の切実な願いに基づく科学の夢だが、現在ではそうした行為が生態系に深刻な影響をもたらすことがわかっているのに、その点を考えずに映画化したことを批判した。グスコーブドリの伝記 フレッシュアイペディアより)

  • 荒井幸博

    荒井幸博から見た高畑勲高畑勲

    1:村川透、高畑勲、瀬川昌治、宮崎駿、崔洋一、原田眞人、山田洋次、相米慎二、根岸吉太郎、冨樫森、山川元、金子修介、土本典昭、木村大作、松井久子、近藤喜文、鈴井貴之、前田哲、阿部勉、栗山富夫 他荒井幸博 フレッシュアイペディアより)

  • 怪獣大奮戦 ダイゴロウ対ゴリアス

    怪獣大奮戦 ダイゴロウ対ゴリアスから見た高畑勲高畑勲

    原案・脚本・場面設定:宮崎駿 / 演出:高畑勲 / 主演(声):杉山佳寿子 / 東京ムービー(現:トムス・エンタテインメント)作品怪獣大奮戦 ダイゴロウ対ゴリアス フレッシュアイペディアより)

195件中 71 - 80件表示

「高畑勲」のニューストピックワード