144件中 71 - 80件表示
  • 関西高等学校

    関西高等学校から見た高畑勲高畑勲

    高畑浅次郎- 1954年から校長、高畑勲の父関西高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 製作委員会方式

    製作委員会方式から見た高畑勲高畑勲

    スタジオジブリ - 二馬力(宮崎駿や高畑勲らによって設立されたアニメ企画制作プロダクション)や徳間書店が中心になって設立された大手のアニメ制作会社。製作委員会方式 フレッシュアイペディアより)

  • アニメ監督

    アニメ監督から見た高畑勲高畑勲

    初期においてはアニメーターとしてある程度の技量を持った人間がそのまま演出家になることが多く、その傾向は現在も続いている。一方、東映動画は実写映画の助監督のように演出助手(後述)を募集しており、高畑勲のように、絵は描けずともはじめから演出助手として採用されたうえで演出に昇格するというパターンもあった。(現在の東映アニメーションでもそのシステムは引き継がれている。また試験を受ければ社内のどのセクションからも演出に転身できるようになっている。)1961年に設立された虫プロでは、初期は東映から移籍してきた杉井ギサブローなどアニメーター出身の演出がほとんどであったものの、富野由悠季や高橋良輔などの制作進行出身のアニメ演出家が登場し、以降業界では制作進行から演出家になるという流れも一般化した。また、設立当初から分業化を進めていたタツノコプロにおいては、押井守のようにいきなり演出として採用されることもあった。アニメ監督 フレッシュアイペディアより)

  • 高山文彦 (アニメ監督)

    高山文彦 (アニメ監督)から見た高畑勲高畑勲

    アニメに関わる年数は長く作品自体も著しく評価されているのにもかかわらず参加した作品は少ない。そのためかカルトなファンも多い。謎が多い人物であり、顔写真はめったに出てこない。競馬場に住んでいるとの噂すらあった。アニメは宮崎駿、高畑勲しかちゃんと見ていない趣旨の発言後に押井守や庵野秀明の作品における映像手法を論評している。映画ばかり見ていたので自然と映画オタクになった。中村錦之助のファンである。あまりに仕事が少ないので生活費をどう稼いでいるか謎とされる。窪岡俊之からは「奇人」、林原めぐみからは「仙人様」、彼を知る業界人からは「知恵のついたオランウータン」と評されている。高山文彦 (アニメ監督) フレッシュアイペディアより)

  • テレコム・アニメーションフィルム

    テレコム・アニメーションフィルムから見た高畑勲高畑勲

    国内のテレビアニメに限界を感じた東京ムービーの藤岡豊社長(当時)が、アメリカ進出を夢見て、既に系列のスタジオにAプロダクションがあったにも関わらず、海外合作のためフル・アニメーションを描けるアニメーター育成を目的に1975年5月19日に設立したものがテレコム・アニメーションフィルム(以下テレコム)である。1980年代に東京ムービーの社運をかけた大作『NEMO/ニモ』の制作に携わる。その制作準備中に大塚康生、宮崎駿、高畑勲ら東映動画系のスタッフが集い、宮崎による『ルパン三世 カリオストロの城』、高畑による『じゃりン子チエ』などの長編作品を制作。結果的に両名の東映動画からスタジオジブリに至る長編アニメ制作の橋渡しをすることになった。『NEMO/ニモ』完成後は主にアメリカ作品の外注を手がけ、日本のアニメスタジオとしては異例のエミー賞の4度の受賞などアメリカ業界ではその作画力は評価が高い。1990年代後半からは国内作品の制作も多くなった。テレコム技術顧問を務める大塚によるアニメーター通信講座「アニメ塾」も主催。テレコム・アニメーションフィルム フレッシュアイペディアより)

  • ポール・グリモー

    ポール・グリモーから見た高畑勲高畑勲

    ポール・グリモー (Paul Grimault、1905年3月23日 - 1994年3月29日) はフランスのアニメーター、映画監督。繊細なスタイルで風刺や自然の情感あふれる描写を得意とする。高畑勲ら日本の作家達に大きな影響を与え、日本のアニメーションに大きな影響を与えている。2001年にパリで開催されたアニメーション・フェスティバルにおけるインタビューで、宮崎駿は「特に強い影響を受けた映画製作者を一人」という条件でポール・グリモーの名を挙げた。ポール・グリモオとも。ポール・グリモー フレッシュアイペディアより)

  • 森康二

    森康二から見た高畑勲高畑勲

    アニメーション制作に対する真摯な姿勢と誠実な人柄により、大塚康生、高畑勲、小田部羊一、宮崎駿ら、数多くの後進に影響を与えてきた。その中には「アニメーションの神様」という最大限の表現をもって讃える関係者も少なくない。森康二 フレッシュアイペディアより)

  • コクリコ坂から

    コクリコ坂からから見た高畑勲高畑勲

    スタジオジブリ経営5ヵ年計画における若手の登用を目的とした『借りぐらしのアリエッティ』に次ぐ第二作目であり、本作の監督は駿の長男・宮崎吾朗が起用された。宮崎駿、高畑勲以外の人物が、スタジオジブリの映画として二作目の監督作品を製作するのは、本作が初めてとなった。『ゲド戦記』で吾朗が監督に起用されたことに反対していた宮崎駿は「1本作ったら、もう映画監督。どうしていくかは自分次第だ」と発言している。コクリコ坂から フレッシュアイペディアより)

  • ののちゃん

    ののちゃんから見た高畑勲高畑勲

    高畑勲監督によるスタジオジブリの長編アニメ映画である。英題は「My Neighbors The Yamadas」。1999年7月17日日本公開。スタジオジブリではこの作品以降から、セル画を用いないデジタルで制作されることになる。ののちゃん フレッシュアイペディアより)

  • 坂口理子

    坂口理子から見た高畑勲高畑勲

    かぐや姫の物語(2013年)※高畑勲との共同脚本坂口理子 フレッシュアイペディアより)

144件中 71 - 80件表示

「高畑勲」のニューストピックワード